東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ミモザ ( 10 ) タグの人気記事


2017年 12月 05日

あたたかな午後

小春日和である。
窓から差し込むあたたかな日差しを浴びて、オクさんが気持ちよさそうにこっくりこっくり居眠りしてる。
出張やらハハの介護やらで少々お疲れモードなのだ。

ベランダではミモザのつぼみが膨らんできた。
真っ青な空と鮮やかな黄色い花のコントラストが冴えるのは2月。
でも、ことしは1月には咲きそうな勢いだ。



f0160063_15150317.jpg

西のベランダではフランネルフラワーが風に揺れている。
花の少ないこの時期に、なが〜く咲いてくれる優等生だ。
でも、土を酸性に保ち、乾燥気味に育てないとすぐ枯れてしまう。


f0160063_15151244.jpg

イチゴは赤いおいしそうなところだけ、またヒヨドリに食べられました(笑)。


f0160063_15151712.jpg

そんな小春日和の平和な午後です。


f0160063_15152592.jpg






[PR]

by novou | 2017-12-05 15:20 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 09日

春めくベランダ

f0160063_1547419.jpg
f0160063_15473728.jpg
ミモザが咲いて、ハーデンベルギアが咲いて、ベランダがにわかに春めいてきました。
軒下に目をやれば、白モッコウにもツボミが付きはじめたし、ブルーベリーのツボミも膨らんできています。
f0160063_15482648.jpg
f0160063_15483848.jpg
啓蟄も過ぎたせいか、ボクのココロの‘庭の虫’も蠢きはじめています。
最近は暇さえあれば、のそのそとベランダに出て庭仕事。
忙しいけれど、ベランダーにとってもっとも楽しいのが、植物たちが芽吹きはじめるこの季節なのです。
f0160063_15495100.jpg
f0160063_15491644.jpg
f0160063_15492410.jpg

ベランダの植物たちは、ことし、どんな花を咲かせ、どんな実をつけてくれるのでしょうか。また、わくわくする1年がはじまります。
f0160063_15493931.jpg
ことしも『東京ベランダ通信』をどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]

by novou | 2014-03-09 15:52 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2010年 08月 22日

格闘7時間…。

2010/08/22(日)
晴れ/34℃

朝5時に起きて、庭に出た。
きょうは庭の整理をするのだ。(今月はなんだか整理ばかりしている…笑)

暑かったり、留守にしてたり、心が庭に向きあうほど穏やかでなかったりで、
我が家のベランダは荒れ放題なのだ。

まず、ミモザに大量発生しているカイガラムシを退治する。

2mほどもある鉢を横にして、枝に密集したカイガラムシを歯ブラシで擦り取る。
この時、オレンジ色したネバネバの体液みたいのが出るので、水をかけて丁寧に洗い流す。
消毒しても、薬を撒いても、カイガラムシは夏になると必ず発生する。ホント困る (>_<)。

次にオーガスタを処分する。
似合わないし、場所を取ってしょうがないのだ。
それに株分けしたものが、マンションの廊下に3鉢も置いてあるしね…。

それにしても背丈以上もある植物を処分するのは格闘だ。
剪定鋏で切れる太さではないので、包丁とノコギリを使って、切断する。
根は45ℓのゴミ袋3つ分もあった。

枯れかけた山椒や山葵やラベンダーも処分した。
枯れたと思ったものが、しばらくすると、生き返るということが植物にはよくあるが、
きょうは捨てた。
ベランダはすでに超過密状態で、元気がないものを間引いてやらなければ、
病害虫も発生しやすくなる。
それに、実家でチチハハのため込んだものを、うんざりするほど処分したので、
これからは増やさない、ため込まない簡素な生活を心がけるのだ。
ベランダも同じだ。

朝5時から昼の12時まで、ジリジリする陽射しの中で格闘7時間。
庭がスッキリした顔になった。

ボクは汗と泥で汚れたTシャツと短パンを庭で脱いで、水風呂に飛び込んだ。
ボクもスッキリした顔になった。

f0160063_1749420.jpg
スイレン鉢の睡蓮がまだポツリポツリと咲いている。今年はこの鉢だけで5〜6個花を付けた。
睡蓮は清楚である。猛暑の中でも凛としているところが素晴らしい。
[PR]

by novou | 2010-08-22 17:24 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 09日

ミモザはマメ科

2010/07/09(金)
曇りのち雨/29℃
f0160063_7182218.jpg
ミモザに黄色い金平糖のような花が咲いていたのは、1月の終わり頃だった。
f0160063_7191530.jpg
半年たったいま、ミモザには茶色のサヤがたくさんぶら下がっている。

そういえばミモザはマメ科の植物だ。

サヤを割ってみる。
f0160063_7195717.jpg
中には真っ黒なマメが並んでいる。マメはタネだ。

これを見ると、どうしても撒いてみたくなる。
だからベランダがジャングルになってしまうのだ。
困る…!
[PR]

by novou | 2010-07-09 07:22 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(2)
2010年 03月 09日

ミモザ満開

2010/03/09(火)
曇りのち雨/6℃

クルマで駒場を通ったら、道沿いにミモザがいっぱい咲いていた。
地植えのミモザは生長が早く、枝ぶりも立派。
たわわに咲いた黄色い花で、通りが明るく感じられるほどだ。
f0160063_1054295.jpg
我が家のミモザは鉢植えなので、なかなか大きくならない。
枝ぶりもアンバランスだ。
f0160063_1055552.jpg
それでも満開になると、きょうのような曇天でも庭が明るい。
たいしたものだ。

花言葉は「豊かな感受性」。

きのう鳩山総理が女性記者にミモザのブーケをプレゼントしていた。
なかなかやるもんだ。
[PR]

by novou | 2010-03-09 10:56 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2010年 01月 27日

ミモザの香り

2010/01/27(水)
晴れのち曇り/13℃

ミモザが咲き始めた。
この樹には去年の夏、カイガラムシが異常発生した。
オクさんと二人、毎日のように歯ブラシで擦って退治した。
その甲斐あって秋には元気を取り戻し、いまこうして花を付けているのだ。
その苦労を思い出すとちょっと感動する…。

f0160063_11211992.jpg
我が家のミモザは“銀葉アカシア”という品種だ。この品種には香りはないとされているのだけど、なぜかこの樹に近づくと独特の香りがする。
あるとき「ウチのミモザは変わった香りがするよね?」ってオクさんいったら、
「私も気になってたんだけど、それは換気口から昇ってくる下の階のオジサンの整髪料の匂いだと思う」という。
実はミモザの真横にはマンションの大きな換気口があるのだ。

「でも、それはないだろう…」って笑っていったら、
「だって、エレベーターで一緒になったとき、おんなじ匂いがしたもん」とオクさん。
「ひぇ〜っ!!」とボク。

整髪料の匂いって、下のオッサンはどんだけ使ってるわけ…!? 
ナゾだ。
[PR]

by novou | 2010-01-27 11:26 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(2)
2010年 01月 09日

ミモザとメジロ

2010/01/09(土)
晴れ/10℃

冬枯れのベランダでも、目を凝らして観察すると、かすかな命の活動に気がつくことができる。
f0160063_8564031.jpg
ミモザやジャスミンにはツボミがつきはじめたし、スノードロップやクリスマスローズもひっそりと花茎を伸ばしている。
冷蔵庫のような冷たい朝のベランダにも、かすかな春の息吹が感じられるのだ。

仕事に疲れた時にベランダをふらっとひと回りするだけで、カラダもココロもちょっと癒される。庭はホントにありがたい。
f0160063_8572333.jpg
ベランダにやってくるメジロの数が、このところずいぶん増えた。かわゆす…。
[PR]

by novou | 2010-01-09 09:01 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2009年 02月 25日

雨の日のベランダ

2009/02/25(水)
雨のち曇り/9℃

f0160063_1230074.jpg
今日も雨だ。
代官山アドレスが霞んでいる。
その先の恵比寿ガーデンタワーは、雨のカーテンに遮られて、ほとんど見えない。

鮮やかなのはベランダの植物たちだ。

f0160063_12312882.jpgf0160063_12324591.jpgf0160063_12334669.jpgf0160063_12341867.jpg雨の滴をまとった花たちの美しさはどうだ。
雨に洗われた緑の輝きはどうだ。

f0160063_1236115.jpgf0160063_1235292.jpgひと雨ごとに植物たちは生長し、新たな発見と感動を与えてくれる。





f0160063_12365189.jpg●今日の昼ごはん

スタミナステーキ丼

バターと醤油とお酒とみりんのタレで焼いた牛肉を、ごはんにのっけた我が家のスタミナランチ。カリカリのニンニクものっけていただきます。
ちょ〜うまいです。
男はこんなんにめちゃめちゃ弱いのです。
[PR]

by novou | 2009-02-25 12:41 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2009年 02月 21日

2月のベランダ定点撮影

2009/02/21(土)
晴れ/9℃
f0160063_13484225.jpg
風は冷たいがいい天気だ。朝、久しぶりに屋上にあがってベランダの写真を撮ってみた。
f0160063_13503052.jpg
コンテナに近づいて観察すると、たくさんの植物たちがすでに芽を出しているのだが、屋上に登って俯瞰するとベランダはまだまだ寒々しいかぎりだ。
f0160063_13493379.jpg
色のないベランダで唯一、ミモザの蕾が黄色く色づきはじめた。
f0160063_13512845.jpg
こちらはもわもわの綿毛に覆われたラムズイヤーの葉っぱ。シソ科の植物で名前の通り葉の形が仔羊の耳によく似ている。
触るとぬいぐるみみたいでとても気持ちがいいのだ。花は初夏から秋にかけて。紫色の小さな花を咲かせます。和名「ワタチョロギ」。


f0160063_1352740.jpgf0160063_13523612.jpg●今日の昼ごはん

京都土産にいただいた「かね庄」のお茶漬け鰻をサラサラと…。

葉わさびの醤油漬けをのせていただくと、
しみじみうまいです。
[PR]

by novou | 2009-02-21 13:57 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 21日

雨上がりのベランダ

2008/06/21(土)
雨のち晴れ/25℃

f0160063_10415426.jpg深夜の雨で
ベランダの緑がきれいに洗われ、
さっぱりした表情をみせている。















f0160063_1042447.jpg
雨上がりには紫陽花が
よく似合う。
それもどこにでもある
見慣れた玉紫陽花がいい。

いつもの朝だもの、
いつもの紫陽花がちょうどいい。










f0160063_10432050.jpg6月の我がベランダは花が少ない時期だ。
咲いているのはキョウチクトウと
玉紫陽花とモミジバゼラニウム、
それに一度切り詰めて2度咲きした
プレクトランサスくらいか。

花は少ないが、
木々の緑はさまざまな色合いや形でボクを楽しませてくれる。

ミモザの銀色の葉にはいまたくさんのタネがぶら下がっているし、オーガスタは薄緑の若い葉を天に向かって大きく広げている。風にそよぐトネリコの新芽もキラキラと輝いて見える。

ボクは毎朝、
この緑に生きる力を貰っているのだ。
[PR]

by novou | 2008-06-21 10:51 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(2)