タグ:ムクゲ ( 6 ) タグの人気記事


2016年 07月 23日

梅雨はまだ明けないの?

f0160063_8585285.jpg
f0160063_8585412.jpg
f0160063_8585671.jpg

東京はこのところ肌寒い日々が続いています。
きのうは二十四節気の大暑だったのに、最高気温は22,9℃。
平年よりも7℃も低かったのです。
関東はいつもの年なら大暑の頃に梅雨が明けるのですが、
今年は少々遅れそうな気配です。

ベランダではいまプルメリアやハイビスカス、ムクゲといった真夏の花が開花中ですが、
この気温と日照時間では夏気分もイマイチ盛り上がりません。
真っ青な空に向かって咲く姿をはやく見たいものです。
[PR]

by novou | 2016-07-23 09:00 | ベランダ歳時記
2012年 08月 20日

8月のベランダ

2012/8/20(月)
晴れのちくもり/33℃

ひと月以上も更新をサボってしまいました。

花を愛でるという風流を寄せつけない暑さに辟易して、
小さな入り江に避難していたのです(笑)。

f0160063_2181811.jpg


相も変わらずのベランダではありますが、
いまはムクゲが咲き、ハイビスカスも咲いています。

f0160063_218223.jpg


ハイビスカスは夏の象徴のような花です。

f0160063_2161185.jpg


暑さに強く、花を摘んでもすぐには萎れないため、
ハワイではレイを作るのによく用いられます。

学名はHibiscus rosa-sinensisというそうです。

一方、ムクゲも暑さに強い夏の花です。

f0160063_2175438.jpg


学名はHibiscus syriacusです。

学名はどんな植物にもついている万国共通のラテン語の名前で、
それはボクたちにいろんなことを教えてくれます。

どの植物と親戚で、どんな性質を持っているのか…、
学名を知れば、およそのことがわかるのです。

さて、ムクゲはどうでしょう。
学名をみるとわかるように、ハイビスカスの仲間です。

さらに種小名 syriacus は「シリアの」という意味で、中東のシリアあたりが原産なのだなぁと想像できます。
どーりで暑さに強いわけです。

話はちょっと脱線しますが、シリアの首都はダマスカスです。

ダマスカスと聞いて、なにか思いつきませんか?

そう。バラ好きだったらすぐに「ダマスクローズ」を思い浮かべると思います。

ダマスクローズはダマスカスから十字軍を通じて、
ヨーロッパ中に広められたバラです。

芳香は「ダマスク香」とよばれ、バラの香りの代表的なもので、
今ではローズ・オイルやローズ・ウォーターの原料として栽培されています。

そして、ダマスクローズはシリアの国花でもあるのです。

ムクゲの原産地で、ダマスクローズを国花に持つシリア…、
そしてダマスカス(旧市街)は世界遺産にも登録されてる美しい町です。

いつかは旅してみたいと憧れていた国、シリア…。

そんなシリアが内戦で無惨に破壊されていくのを見ると、残念でなりません。

美しいダマスカスの市街が、また花で飾られる日が1日も早く来ることを願ってやみません。
[PR]

by novou | 2012-08-20 21:19 | ベランダ歳時記
2011年 08月 24日

一日花

2011/08/24(水)
くもり時々晴れ/30℃

f0160063_9542992.jpg
f0160063_9543829.jpg
f0160063_9544618.jpg
f0160063_954516.jpg
写真は上からハイビスカス、ムクゲ、フヨウ、ハマボウです。

いずれも夏の花ですが、他になにか気がつきませんか?

そうです。花がよく似ていますね。
これらはアオイ科フヨウ属の植物です。
この仲間は一日花のものが多く、上に紹介した花もすべて一日花です。

真夏に咲く花は、エネルギーの消費も多いので、一日限りの花が多いですね。

また、短い時間に受粉しなければならないので、虫に蜜のありかを知らせるマークがついているものが多いです。花の中心が赤くなったり、他の部分より濃くなっているのが蜜があるぞ、というシルシなのです。

花は夕方には萎んでしまいますが、こうして効率よく虫に花粉を運んでもらって、結実するんですね。

植物ってホント面白いですね。

それではサヨナラ、サヨナラ、サヨナラ…。
[PR]

by novou | 2011-08-24 09:58 | ベランダ植物図鑑
2011年 07月 10日

7月のベランダ

2011/07/10(日)
晴れ/33℃

f0160063_11372759.jpg
朝6時。ギラギラした太陽に起こされた。
f0160063_1140035.jpg
梅雨明けの朝、ベランダはすでに光に満ちている。

f0160063_11403545.jpg
f0160063_11402419.jpg
f0160063_11404992.jpg
ムクゲが咲いた。ハイビスカスも咲いた。朝顔も咲いた。
夏だ。


「オハナくんドットコム」の「東京図鑑のベランダで」その2、その3(クリック)がアップされました。動画にはオクさんが登場しています。
[PR]

by novou | 2011-07-10 11:42 | ベランダ歳時記
2010年 07月 23日

久しぶりの散歩から

2010/07/23(金)
晴れ/35℃

そういえば最近、散歩をしていない。
ブログの履歴を見ても5月1日以来、3ヵ月近くも「散歩写真」のエントリがない。

5月は、突然、北海道からやって来たチチハハの面倒を見ることでイッパイイッパイだったし、最近は最近で、暑くて散歩する気分にはならなかったのだ。

散歩はボクにとっての唯一の運動だった。なので3ヵ月も歩かないと足腰が弱ってくるし、仕事のアイデアも湧いてこないのだ。

古代ギリシヤの哲学者アリストテレスの学派は「逍遥学派」と呼ばれたくらいで、自ら創設したリュケイオン(アテネ郊外の学園)をブラブラ散歩しながら哲学を説いたらしい。

哲学するつもりはないけど、足腰が弱るのと、アイデアが湧いてこないのは困る。

で、チチハハが寝てから、ふらふらと代官山に散歩に出かけた。
このあたりはお店が閉まるのが早いので、夜の9時を過ぎると途端に人通りが少なくなる。
f0160063_7104793.jpg
f0160063_7101651.jpg
ふらふらと歩いていると、たしかにショーウィンドや看板など、アイデアの創造に欠かせない情報がいろいろ飛び込んできて刺激になる。
f0160063_7122273.jpg
f0160063_7194752.jpg
夜の散歩もいいもんだ。
ただ、昼間に比べ、刺激的な格好をしたおねえさんたちがいないのはつまらんけどね…。

                [きょうの花]
f0160063_7124756.jpg
f0160063_72161.jpg
              ムクゲとホテイアオイが咲いた。
[PR]

by novou | 2010-07-23 07:22 | 町内散歩
2008年 08月 06日

槿花一朝の夢

2008/08/06(水)
晴れ時々曇り/32℃

f0160063_11143099.jpg昨日の雷雨でベランダは大洪水。
雨は4つある排水溝の処理能力を
軽く上回って、くるぶしあたりまで
水が溜まった。


この雷雨でビオトープの金魚が一匹流されたが、幸い発見が早かったので無事だった。
見落としていれば、
今ごろ干物になっていたはずだ。

f0160063_11154185.jpg
それにしても
最近のカミナリは凄い。
カミナリは昔、
夕立の前触れだったが、
いまでは朝、昼、夜とお構いなしに雷鳴をとどろかせ、
バケツをひっくり返したような雨を降らせている。

カミナリさまの虫の居所は
相当悪いらしい。

f0160063_11163286.jpg
さて、一夜明けての快晴で、
ベランダは水地獄から一転、
灼熱地獄となっている。

こんな過酷な環境の中で、
ムクゲが真っ赤な花を
咲かせている。

この花、お隣の韓国の国花で、
彼の国ではホテルの格付けを
あらわす星印も、
この花をデザイン化して
使っている。

ムクゲは早朝に咲き、
夕方には萎む一日花だ。

人の世のはかなさをいう
「槿花一朝の夢」の
“槿花(きんか)”とは、
このムクゲのことである。
[PR]

by novou | 2008-08-06 11:29 | ベランダ歳時記