東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ローズヒップ ( 4 ) タグの人気記事


2017年 10月 01日

赤い実 黒い実

朝、ベランダに出ると、ローズヒップが熟して、ポロポロと床に落ちている。
ここ2〜3日は水まきの前に、栗拾いならぬ、ローズヒップ拾いが日課となった。

まだまだたくさんなっているので、いっぱい集めてローズヒップティーでも作ろうかと思ったが、お茶やジャムにできるのは、ドッグローズやハマナスといった実の大きな2種類の野生種のバラだけなんだそうな。残念。

f0160063_12114174.jpg
ちなみにまん中の大きめの実は「ジャクリーヌ・デュ・プレ」、真っ赤でいちばん小さいのは「のぞみ」、見分けがつかないだろうけど他に「キューランブラー」(いちばんたくさん収穫できそう)、「淡雪」、「ガラシャ」の5種類のバラの実が混じってます。

黒い実の皿は赤い皮に包まれたのが「ピンポンの木」、時計回りに「ヘンリーヅタ」、「イワナンテン」、「カベルネソーヴィニヨン」、「アロニア」。まん中の緑の実は熱帯時計草の「オリエンタル・サンセット」です。「カベルネソーヴィニヨン」と「アロニア」は食べられますが、おいしくはないので、スムージーに加えています。

f0160063_12114696.jpg


[PR]

by novou | 2017-10-01 12:14 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 25日

9月のベランダ

f0160063_07271970.jpg
f0160063_07273357.jpg
f0160063_07274424.jpg



萩が咲き、ヘンリーヅタやローズヒップが色づいている。
ベランダが秋めいてきた。

早朝にベランダに出ると、空気が秋の空気にがらりと変わっている。

振り返ると今年の夏ほどちっぽけな夏はなかった。
東京の8月の猛暑日はたった3日間だけ。
おまけに1日から21日まで連続で雨が降った。
これは観測史上2番目の記録で、1977年の連続22日間に続く記録らしい。

ちっぽけな夏には残暑すらなく、9月に入るといきなり秋がやってきたって感じ。

いつもならそろそろ秋バラが咲きはじめる頃なのだが、
今年は長雨のせいで、カイガラムシが発生し、花つきがあまりよろしくない。

東京の日の出は5時31分。日の入りは17時34分。
秋彼岸も過ぎ、昼時間はどんどん短くなっていく。



f0160063_07275775.jpg
f0160063_07280497.jpg
f0160063_07281843.jpg
f0160063_07282347.jpg
f0160063_07282648.jpg
f0160063_07284977.jpg
f0160063_07290564.jpg
f0160063_07293264.jpg
f0160063_07294218.jpg



[PR]

by novou | 2017-09-25 07:33 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 14日

ローズヒップ

今年の春は花がら摘みをサボったので、ローズヒップがたくさんついた。
ホントは株の体力を奪うので、実のつけすぎは好ましくないのだけど、できてしまったものは仕方がない (^_^)v 。
f0160063_134478.jpg
f0160063_134129.jpg
f0160063_1335843.jpg




もう少し赤くなって実が成熟したら、摘み取ってローズヒップティーやジャムにしようと思う。
f0160063_134638.jpg
f0160063_1341088.jpg
f0160063_1342014.jpg


ちなみに写真は時計回りに、ローラアシュレイ(緑色の熟していない実)、のぞみ、ナニワイバラ、キュー・ランブラー、ジャクリーヌ・デュ・プレ、ガラシャ、淡雪のローズヒップです。
f0160063_1342973.jpg

同じバラでも品種によって、実の大きさや形が違うところが面白いですね。


ついでに、こちらはヘンリーヅタの実。
f0160063_1343113.jpg


こちらはおなじみのナンテン。
f0160063_1343623.jpg


で、これはぶどう酒にし損ねたカヴェルネ・ソーヴィニヨン。
f0160063_1343374.jpg


ベランダではここのところの寒暖差で、アロニアやブルーベリーが色づきはじめています。

10月中旬のベランダでした。
[PR]

by novou | 2012-10-14 13:09 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2011年 11月 26日

自然教育園の秋

2011/11/26(土)
はれ/14℃

真っ赤に色づいたイイギリの実。大きな葉っぱで、ご飯を包んだから‘飯桐’。
桐の仲間ではないようですが、昔はこの木が下駄を作るのにも利用されたので、
桐の名前がついたようです。
f0160063_10583863.jpg


大きなモミジですが、まだ紅葉には早いようです。
f0160063_1143198.jpg


マユミの実です。漢字では真弓と書き、材は弓を作るのに用いられました。
f0160063_10585312.jpg


水生植物園。ススキの穂が太陽の光を浴びて,キラキラ輝いていました。
f0160063_10591138.jpg
f0160063_10591929.jpg


野いばらのローズヒップ。
f0160063_10592738.jpg


これはトネアザミでしょうか? 綿毛がなんともきれいでした。
f0160063_10593535.jpg

[PR]

by novou | 2011-11-26 11:01 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)