東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

タグ:介護生活 ( 11 ) タグの人気記事


2017年 12月 02日

ハハの呪いとチチの祟り

昨日の夜、ハハからのエマージェンシーコール。
オクさんと急いで部屋に行ってみる。

「どーしたの?」
「病院に行きたいんだけど、連れていってくれるかい?」とハハ。
「いいけど救急車で病院に行ってからまだ1週間しかたってないんだよ」とボク。
「だって、全然よくならないからさ」
「全然よくならないって、3日で歩けるようになったじゃないか。
いま病院に行っても痛み止めと湿布を処方されるだけなんだよ」
「だけど、このままじゃ、痛くて散歩にも体操にもいけないしょ」とすねるハハ。
「あのね、おかあさん。転んで腰を打ったんだからそんなに急には直らないんだよ。
あと1週間くらい様子を見て、よくならなかったら連れていくから、今日はもう寝なさい」

ボクは少し声を荒げた。言い方もちょっと冷たかったようだ。

オクさんはハハをパジャマに着替えさせ、湿布を取り換えている。

「あの子は冷たいね。ひとりっこなのにね」とハハはオクさんにグチって、ふて寝するように横になった。

「おかあさんはいま甘えたモードなんだからもっと優しくしてあげなさい」とボクはオクさんにたしなめられる。

「まったく、腰より老人性うつが悪化してるんじゃないか」と捨てぜりふを残し、
明かりを消して部屋に戻ろうとした時、事は起こった。

リビングのキック式のスイッチを蹴ろうとしたボクはツルリと足を滑らせ、頭と腰を床にしたたか打ちつけたのだ。

「痛っってえ!!」とボクは叫んだ。

「大丈夫? のぶちゃん??」
オクさんも叫ぶ。

ベッドのハハは知らんぷりだ。

仏壇のチチの写真がニヤリと笑っていた。

かばおうとして床についた手が腫れて痛い。

部屋の隅に重ねてあった骨董の銘々膳が飛び散り、足が1本折れた。

実はこの日の昼には鍵を拾おうとして、郵便受けの角に思いっきり頭をぶつけ、ボクはタンコブをこしらえている。

ハハの呪いとチチの祟りを1日で受けた気がした。

チチよハハよ、ごめんなさい。
これからはうんと優しくするので、どーか許してくださいませませ〜。


f0160063_06315046.jpg



[PR]

by novou | 2017-12-02 06:32 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 26日

ハハのピンチ?

勤労感謝の日の深夜、ハハがトイレで転倒して救急車で日赤に運ばれた。
レントゲン検査の結果、骨折はなく、痛み止めの内服薬とモーラステープを処方され帰ってきた。

ただ、背中と腰の痛みがひどいらしく、寝返りも打てないほどで、介助がないとトイレにも行けないのだ。

ところがだ。
今日の朝、ハハの部屋に行ってみると、杖をついてひとりで歩けるようになっている。
キセキだ。

「すごいね、おかあさん、どうしちゃったの?」と聞くと、
「夜中にね、お父さんが夢に出てきて、オマエ、寝込んでる場合じゃないぞ。
元気になって長生きして年金の元をとれっていうんだわ。そしたらおかあさん、急に元気になって起きられるようになったんだわ」と、
ニヤリと笑うではないか。

そしてハハは腰に手を当て、オクさんが作った特製玄米酢入りスムージーをゴクリと飲み干したのだ。

年金の元を取らないと、死ぬに死ねないハハ、キョーコ87歳と9ヵ月であった。


f0160063_10505614.jpg




[PR]

by novou | 2017-11-26 10:53 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)
2011年 01月 31日

トホホな一週間

2011/01/31(月)
晴れ/6℃

「オサル食堂」の打ち上げで寿司屋に行った。
オヤジお勧めの牡蛎を食べたら、みごとに当たった。

39℃も熱が出て、3日間トイレで暮らした(よーなものだ)。
なので、ブログどころではなかったのです。

しかもその間に、わがチチがいろんな事をしでかしてくれる。
弱り目に祟り目、泣きっ面に蜂だ。

以下は、その報告!

久しぶりのブログだというのに、トホホな内容でスマンです。


【チチの家出】

深夜にハハからの“あんねコール”
「あんね、おとうさんがね、家出するって聞かないんだわ」。

急いで部屋に行くと、チチが玄関に座っている。
足元を見ると靴を左右逆に履いている。
しかも片方は運動靴で、もう片方は革靴だ。

「こんな夜中にどこ行くのさ?」
「おかあさんがうるさいからオレは家を出る!」
「家を出てどこ行くんだよ?」
「おまえの所だべさ!」

てなわけで、チチが我が家にやって来た。
夜中の3時だった。


【ラーーメーーーン!!!】

チチは寝言をいう。
しかも、かなりデカイ声でだ。

今夜は夢の中でラーメンを食べているらしい。
「ラーメン一杯くださーい!」とか、
「ニラを入れると、いいダシ出るんだぁ」などといっている。

5分ほどして、静かになったなぁと思っていたら、
突然、ムクリと起きあがって、「ラーーメーーーン!!!!」と叫んだ。

あまりの声の大きさにびっくりして「どうした?」って聞いたら、
「オレは東京が嫌いだ」という。
「どうして?」とボク。
「だってラーメンがうまくねぇもの」

夢の中で食べたラーメンが、相当まずかったようだ。


【気持ちいいんだ】

チチが「おしっこ!」というのでトイレに連れて行った。
オシメを降ろすと、おしっこどころか、すでにこんもりとウンコをしている。

「おとうさん、ウンコのときはちゃんといわなきゃダメでしょ!」と叱ると、
「たれ流しは気持ちいいべさ」とニヤリと笑った。

ジジイのオシメプレーは許せねぇ!!!
[PR]

by novou | 2011-01-31 23:03 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)
2011年 01月 10日

気分転換

2011/01/09(日)
晴れ/11℃

チチのボケがひどくなっている。
特に朝方がひどい。
きのうは飲み屋に女を待たせているといって、
パジャマの上に背広を着て、出かけようとしたし、
おとといは町内の会合に出かけるといってハハを困らせた。
朝の5時にだ。
飲み屋に行くといった時は、「待たせている女に手切れ金を渡すんだ」といって聞かなかった。
それを真に受けてしまうハハは、ショックのあまり、よよと泣き崩れる。
まるでドラマを見てるようだ。

f0160063_7505985.jpg
午後、気分転換にチチハハを外に連れだした。
西郷山公園を一周して、代官山のピッツェリアで昼食。
外の風に当たり、街の刺激を受けると2人とも急に元気になるようだ。
f0160063_7512625.jpg
金王八幡さんに初詣にも連れて行った。
御神籤はチチが「吉」、ハハが「末吉」だった。

f0160063_7515620.jpg
東京に来てから、2人は病院と買い物にしか出かけたことがなかったので、楽しかったようだ。
外にはまったく出たがらない2人だけど、ときどきは無理やりにでも連れ出した方がいいみたい。

そういえば、きょうはまだ、ハハからのエマージェンシーコールがない。
我が家は久々に平和な朝を迎えている…。
[PR]

by novou | 2011-01-10 07:56 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
2011年 01月 07日

初氷

2011/01/07(金)
晴れ/7℃

きのうは小寒。
f0160063_1114122.jpg
今朝、ベランダに出て見ると睡蓮鉢に氷が張っていました。
初氷です。東京もやっと冬らしい寒さになってきました。
f0160063_11143054.jpg
冬は太陽の高度が低いので、部屋の奥まで光が差し込んできます。
朝食のスープの湯気が光に照らされて、ささくれだった心まで暖めてくれます。

さて、バタバタと年が明け、バタバタと早7日。
めでたさも 中ぐらいなり おらが春(一茶) といった正月でありました。

3が日はすこぶる体調がよく、おせちもビックリするぐらい食べていたチチが、4日の夜には39.2℃の発熱。翌5日に病院に連れて行き、きょうになってやっと37.5℃まで熱が下がったところであります。

不思議なもので、チチの具合が悪くなると、ハハも負けずにあそこが痛い、ここが痛いと愚図り出し、不調を訴えます。で、ハハも病院に連れて行って心療内科のカウンセリングを受けるという状況です。正月早々、ぐったりって感じです。

ただ、去年の春にチチが発病した時は症状も重く、新しい年を迎えられるとは思ってもいなかっただけに、家族揃って新春を迎えられたことに、感謝しなければなりません。

初詣に金王八幡さまで引いた御神籤は“末吉”。
「言葉には魂があり、力がある。常に神様と御一体になって、暖かい心を養い、よい言葉、優しい言葉で人を慰め、人をいたわりなさい」とありました。
心にしみるお言葉でした。
[PR]

by novou | 2011-01-07 11:21 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)
2010年 12月 20日

柚子湯

2010/12/20(月)
晴れ/15℃

きょうは入浴サービスの日。
チチがいちばん楽しみにしている日だ。

いつものように組み立て式のバスタブにお湯を張りながら、
「冬至が近いので、きょうは柚子湯にしましょうね」と、
介護士さんたちが布袋に入った柚子を、お風呂に入れてくれた。

柑橘系の香りは、暗くて陰気な介護部屋に精気をもたらしてくれる。
肩まで湯に浸かったチチは、その精気に包まれ、いつにも増してご満悦だ。

よっぽど気持ちがよかったんだろう。
身体を洗われながら、嬉しそうに都々逸をひと節唄ったのだ。

介護士さんたちが顔を見合わせて、ニコリと笑った。
命の熾火がちょっとだけ熱を帯びたような気がして、嬉しかった。
[PR]

by novou | 2010-12-20 23:48 | 番外編 | Trackback | Comments(1)
2010年 12月 15日

魔の通院日

2010/12/15(水)
晴れ/16℃

水曜日はチチハハの通院日だ。
ボケ老人とウツ老人を一度に病院へ連れて行くのは大変だ。

作戦はこうだ。
まず、ハハを予約してあるペインクリニックに連れて行く。
チチは長い時間、1人で待っていることができないので、ハハが診察してもらっている間は、チチにもご同行を願う。

で、診察が終わり、ハハが治療室のベッドで神経ブロック注射(ハハは原因不明の下腹部痛を10年前から訴えていて、いろいろな病院に行き、ありとあらゆる検査をしても原因が分らず、いまはこの病院で痛みをとる神経ブロック注射をしてもらっている←でも、いまのところまったく効果なし)をしてもらい、1時間ほど安静にしている間(隙?)に、今度は消化器内科でチチの診察を受ける。

チチの場合、毎回、採血をし(待ち時間20分)、その結果が出てからの診察となるのだが、その待ち時間が最低でも1時間だ。で、チチの診察の待ち時間にころ合いを見はからって、ハハを迎えに行くのだが、この時、チチには徘徊しないように「動かずにじっとここで待っててね」と何度も念を押しておく。そして、下のフロアーまで大急ぎでハハを迎えに行くのである。結構、タイトロープな作戦でしょ!?

2人の診察が終わり、会計を済ませ、薬局でクスリを貰って(ここでも30分かかる←ウンザリ)家に帰ると、いつも日が暮れている。

もう、ぐったりなのである。

ただね、嬉しいこともあるんだよね。

きょうはボクが疲れて居眠りしていたら、チチが「風邪ひくぞ」と、そっとタオルをかけてくれたのだ。老いさらばえて、ボケも進み、意味不明なことばかり言うくせに、息子のことはまだ心配してくれるのだ。オヤジはまだオヤジでいてくれたんだと思ったら、嬉しくて嬉しくて涙が出た次第である。
[PR]

by novou | 2010-12-15 17:46 | 番外編 | Trackback | Comments(2)
2010年 12月 13日

入浴サービス

2010/12/13(月)
雨/9℃

チチが入浴サービスを受けるようになって、10日ほど経つ。
毎週、月曜日と金曜日の朝いちばん(9時頃)に、看護師1人と介護士2人の3人チームが来てくれて、チチをお風呂に入れてくれるのだ。

ダンドリはこうだ。
まず、組み立て式の浴槽をリビングに運び込み、ビニールシートを敷いてセットする。
セットしたら我が家のお風呂場からポンプとホースを使ってお湯を引き込む。

その間、看護師さんはチチの体温と血圧を測り、異常の有無をチェックする。

浴槽にお湯が溜まり、チチの体調に問題がなければ、入浴開始。
パジャマと下着を脱がし、寒くないように、また、チチが恥ずかしくないようにバスタオルで身体をくるんで、ヨイショと抱き上げ、浴槽まで運ぶ。

浴槽には仰向けに寝たままで入れるようになっていて、まるで温泉の寝湯に浸かっているみたいだ。

で、入浴はまず、シャンプーから始まり、次に背中、腰、下半身、足の指や踵と、とにかく身体の隅から隅まで念入りに洗ってくれる。

頭をシャワーで流す時は1人がチチの耳を塞ぎ、お湯が入らないように気を遣ってくれるほどだ。そして「痒いところはないですか」「気持ち悪いところはないですか」とチチに声をかけながら、見事なチームワークで丁寧に丁寧に洗ってくれるのだ。

その時のチチの気持ち良さそうな顔ったらない。
目をつむり、うっすらと笑顔を浮かべて、まるで恍惚の人だ。
そしてときどき、「おお〜っ」とか「はは〜っ」とか「たまらんですぅ」みたいな頓狂な声を発する。よほど嬉しいに違いない。

ボクはそれを傍らで見ているのだが、ありがたくって涙が出そうになる。

洗浄が終わるとシャワーできれいに流し、身体を拭いて、また抱えられてベッドに運ばれる。
ベッドでは保湿剤を全身に塗ってもらって、新しい下着とパジャマに着替えさせてもらう。

退院してきた時のチチは体中が乾燥して、粉を吹いたみたいに白くなっていたのだけど、
いまは肌の状態がとてもいい。
粉ふきジジイが、すべすべジジイに変身だ。

入浴後、チチは気持ちがよいせいか、すぐにスヤスヤと寝てしまう。

徐々にいろいろな介護サービスが始まっているけど、チチがいまいちばん待ちわびているのが、
この入浴サービスなのである。
[PR]

by novou | 2010-12-13 18:33 | 番外編 | Trackback | Comments(0)
2010年 12月 12日

穏やかな週末

2010/12/12(日)
晴れ/14℃

きのうはオクさんと渋谷で「ロビン・フッド」を見て、中目のスペイン・バルでお酒を飲んで、
夜は家のソファに寝転がって、録画してあった「善き人のためのソナタ」を見た。
こんなにまったりと過ごしたのは久しぶりだ。

いつもは1日に4〜5回はかかってくるハハからの‘あんねコール’もなく、穏やかで平和な1日だった。

ちなみに‘あんねコール’とは、ハハからの電話のことで、必ずはじめに‘あんね’っていうから、ボクらは‘あんねコール’と呼んでいる。

たとえば、こんな感じ。
「あんね、エアコンのちっちゃなライトがチカチカしてるけど、どうしたらいい?」「あんね、お茶がなくなったから注文してくれる?」「あんね、お父さん熱があるみたいだけど、どうしたらいい?」ってな調子なのだ。

大抵はたわいのない用事で「そんな事で電話してくんなよ」と思うのだけど、ときどき、「お父さん、転んだわ」とか、「お父さん、ウンコ漏らしたわ」とか、急を要することもあるので、最近はケータイが鳴るだけでドキッとするのである。でも、きのうは珍しく‘あんねコール’のない静かな1日だったのである。\(^O^)/


きょうも朝は穏やかなスタートだった。
2時間ほど、庭でのんびりと過ごした。
それにしても暖かい。
椅子に座って日向ぼっこをしていると、気持ちがよくてウトウトしてしまいそうなほどだ。
12月も中旬というのに、どうしちゃったんだろう。

f0160063_17375619.jpg
暖かいのでバラの勢いも止まらない。
ジャスト・ジョーイもまだまだ元気。このバラ、完全に開ききると15cmほどの大輪となる。香りも強く、情熱的なバラだ。
f0160063_17381575.jpg
ラベンダーも今年は花つきがよろしい。
f0160063_17383014.jpg
こちらは仕事部屋のピンポンの木。早くも新芽を出してきた。

な〜んか、季節感の乏しいきょうこの頃なのでした。
[PR]

by novou | 2010-12-12 17:45 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)
2010年 12月 11日

カイメン!?

2010/12/11(土)
晴れ/18℃

この1週間というものチチハハの介護に掛かり切りだった。
ヘルパーさんをお願いし、介護ベッドや車椅子をレンタルし、介護食の宅配サービスをお願いし、週2回の入浴サービスをお願いした。(ふぅ〜 ←ため息)

これらのサービスを受けるには申請と契約が必要になる。
ただでさえ介護に時間をとられ、原稿の締め切りに追われているのに、同じことを何度も説明し、契約書に署名捺印する煩わしさったらない。

ケアマネージャーと面談し、ヘルパー派遣の担当者と面談し、入浴サービスの担当と面談、弁当宅配の担当者とも面談、面談→契約、面談→契約で、どれだけの時間が奪われたことか…。

介護が分業化されているので、しょうがないといえばしょうがないが、介護する家族の負担を軽くするはずのものが、逆に大きな負担になってしまっては意味がない。ていうか、こんなに手続きが煩雑では、一人暮らしのボケ老人はどうするんだろう? 

ケアマネージャーと契約して、すべてのサービスが一括して受けられるようになれば、かなり楽になるんだけどなぁ。

さて、チチはお陰さまでかなり回復してきた。歩けるし、食欲も少し出てきた。
ただ、譫妄は相変わらずひどく、ボケも進んでいるようだ。

ショックだったのは部屋にひとりにしたわずかな隙に、マンション内を徘徊し、管理人に不審者扱いされ、こっぴどく説教されたことだ。管理人いわく、「お父さんのあまりの変わりように、まったく気づかず、外部からの侵入者と思った」ということらしい。

犯人扱いされたチチはしょぼんとしていたが、家族はもっとへこむ。あちこちに迷惑をかけていても、こればっかりはまったく判らないからなぁ。これからは幼稚園児みたいに、胸に名前と住所を書いたハンカチを吊るさないといけないかも…。

ハハは相変わらず泣き虫だけど、チチが元気がいいと、ハハも調子が良いみたい。60年も一緒に暮らした夫婦は一心同体なのである。

今朝、ハハの作った味噌汁を飲んだチチがひと言いった。「こんな旨い味噌汁、はじめて飲んだわ」。味噌汁の味を誉められたハハは有頂天になって、今晩は張り切って豚汁を作るらしい。
きのうまではご飯を炊くのも面倒臭がって拒否っていたのに…。現金なものである。

今の我が家は毎日、いろんなことが起こる。まるでマンガみたいだ。
介護は大変だし、ときどき「キィ〜ッ!!!」となるけど、楽しんでやるくらいでないと続かない。

そして、たまには少し放ったらかしておくことも、こちらの精神衛生上必要だ。

きょうはオクさんの仕事が早く終わりそうだし、チチハハの状態もいいので、ストレスを発散しに、2人でどこかに出かけるつもりだ。(←たぶん映画か、スーパー銭湯(^_^))

世の中、イクメン(育児をするメンズ)が流行ってるらしいが、これからの高齢化時代はカイメン(介護をするメンズ)を流行らせないといかんなぁと思う、きょうこの頃なのでした。
[PR]

by novou | 2010-12-11 13:39 | 番外編 | Trackback | Comments(3)