東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

タグ:母の病気 ( 4 ) タグの人気記事


2017年 12月 02日

ハハの呪いとチチの祟り

昨日の夜、ハハからのエマージェンシーコール。
オクさんと急いで部屋に行ってみる。

「どーしたの?」
「病院に行きたいんだけど、連れていってくれるかい?」とハハ。
「いいけど救急車で病院に行ってからまだ1週間しかたってないんだよ」とボク。
「だって、全然よくならないからさ」
「全然よくならないって、3日で歩けるようになったじゃないか。
いま病院に行っても痛み止めと湿布を処方されるだけなんだよ」
「だけど、このままじゃ、痛くて散歩にも体操にもいけないしょ」とすねるハハ。
「あのね、おかあさん。転んで腰を打ったんだからそんなに急には直らないんだよ。
あと1週間くらい様子を見て、よくならなかったら連れていくから、今日はもう寝なさい」

ボクは少し声を荒げた。言い方もちょっと冷たかったようだ。

オクさんはハハをパジャマに着替えさせ、湿布を取り換えている。

「あの子は冷たいね。ひとりっこなのにね」とハハはオクさんにグチって、ふて寝するように横になった。

「おかあさんはいま甘えたモードなんだからもっと優しくしてあげなさい」とボクはオクさんにたしなめられる。

「まったく、腰より老人性うつが悪化してるんじゃないか」と捨てぜりふを残し、
明かりを消して部屋に戻ろうとした時、事は起こった。

リビングのキック式のスイッチを蹴ろうとしたボクはツルリと足を滑らせ、頭と腰を床にしたたか打ちつけたのだ。

「痛っってえ!!」とボクは叫んだ。

「大丈夫? のぶちゃん??」
オクさんも叫ぶ。

ベッドのハハは知らんぷりだ。

仏壇のチチの写真がニヤリと笑っていた。

かばおうとして床についた手が腫れて痛い。

部屋の隅に重ねてあった骨董の銘々膳が飛び散り、足が1本折れた。

実はこの日の昼には鍵を拾おうとして、郵便受けの角に思いっきり頭をぶつけ、ボクはタンコブをこしらえている。

ハハの呪いとチチの祟りを1日で受けた気がした。

チチよハハよ、ごめんなさい。
これからはうんと優しくするので、どーか許してくださいませませ〜。


f0160063_06315046.jpg



[PR]

by novou | 2017-12-02 06:32 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 26日

ハハのピンチ?

勤労感謝の日の深夜、ハハがトイレで転倒して救急車で日赤に運ばれた。
レントゲン検査の結果、骨折はなく、痛み止めの内服薬とモーラステープを処方され帰ってきた。

ただ、背中と腰の痛みがひどいらしく、寝返りも打てないほどで、介助がないとトイレにも行けないのだ。

ところがだ。
今日の朝、ハハの部屋に行ってみると、杖をついてひとりで歩けるようになっている。
キセキだ。

「すごいね、おかあさん、どうしちゃったの?」と聞くと、
「夜中にね、お父さんが夢に出てきて、オマエ、寝込んでる場合じゃないぞ。
元気になって長生きして年金の元をとれっていうんだわ。そしたらおかあさん、急に元気になって起きられるようになったんだわ」と、
ニヤリと笑うではないか。

そしてハハは腰に手を当て、オクさんが作った特製玄米酢入りスムージーをゴクリと飲み干したのだ。

年金の元を取らないと、死ぬに死ねないハハ、キョーコ87歳と9ヵ月であった。


f0160063_10505614.jpg




[PR]

by novou | 2017-11-26 10:53 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)
2017年 11月 24日

冬薔薇(ふゆそうび)

母は病み日だまりに一輪冬薔薇


f0160063_08331902.jpg
f0160063_08331198.jpg
f0160063_08332578.jpg
f0160063_08332911.jpg

[PR]

by novou | 2017-11-24 08:36 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
2012年 03月 26日

嬉しかったこと、ガッカリしたこと…。

2012/03/26(月)
晴れのち曇り/12℃

ずいぶんとご無沙汰してしまいました。
いろいろあって、なかなか気持ちがブログに向かわなかったんです。

ほとんどがハハの事になりますが、ガッカリしたことから書きましょう。

お天気がよかった14日の午後、ボクのケータイが鳴りました。
ハハからでした。

「あんね、いま西郷山公園にいるんだけど、クルマで迎えに来てくれないかい?」
「えっ、どーしたの?」
「あのさ、お母さんさ、トイレに入ったら立てなくなって、みんなに助けてもらったのさ。
それでまだ足がガクガクして歩けないのさ…。だからクルマで迎えにきて!」と、お姫さまモード全開でいうのであります。

その日、クルマはオクさんが使っていたので、ボクはとりあえず、走って西郷山へと向かいました。

公園のトイレの近くのベンチには、小さな人だかりができていました。
その真ん中にいたのがハハでした。

事情はこうでした。

ハハは散歩に来たもののオシッコがしたくなって、トイレに入りました。
でも、公園のトイレは和式しかなくて、しかも、つかまるバーもなかったので、しゃがんで用をたしていたら、立てなくなってしまったのです。

ハハはドアを叩いて「助けてくださ〜い!」と何度も叫んだそうです。
15分ぐらいして、近くのインターナショナルスクールに、子どもを迎えに来ていたお母さんが異常に気づいてくれたのですが、一人では重くて、ハハを立ち上がらせることができなかったそうです(;-_-メ;)。

そこで仲間のお母さんたちがさらに3人駆けつけてくれて、トイレから救出してくれたそうです(-_-;)。

騒ぎを聞きつけて、公園の管理をしているというオジサンも2人きていました。

ボクは「ありがとうございました。助かりました」と、お礼をいって、ハハを連れて帰ろうとしました。
でも、立ち上がろうとすると、ハハの足は生まれたてのバンビみたいにワナワナ震えて、ヘナヘナと座り込んでしまうのでした。

結局、公園のベンチで30分ほど休みました。そしてハハの足をさすり、抱えるようにして家まで連れて帰りました。

途中、ハハに聴きました。

「立てなくなっても、パンツは自分で上げられたんだね」
「いいや、上げられなかったさ。お母さん、お尻丸出しだったんだぁ」

どひゃー!!!

「ふたりがお母さんを支えて、ひとりがパンツを上げてくれたのさ」

ひえっー!!!

f0160063_20195556.jpg

その日の夕方、ボクは近所のデパートにハハの杖を買いに行ったのでした。

そして、西郷山公園の女子トイレには、近々、介助用のバーが設置されるらしいです。

あ、長くなったので、とりあえず、ガッカリした編はこの辺で…。

f0160063_20211123.jpg

[PR]

by novou | 2012-03-26 20:22 | トホホな話 | Trackback | Comments(2)