東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

タグ:益子陶器市 ( 3 ) タグの人気記事


2017年 05月 07日

恒例・益子陶器市(ワカさんと昼寝とカエルの合唱と…)


4日、益子の陶器市に行ってきました。
この日の益子は初夏のようなすがすがしい天気。
空にはうっすらと虹がかかり、ボクたちを歓迎してくれているかのようでした。
f0160063_16042604.jpg
あとでわかったことだけど、この虹、正確には「環水平アーク」というそうで、
薄い氷の雲で、太陽光が屈折し、虹のように輝く珍しい現象なんだそうな…。
ちなみに、この虹が太陽の上にかかった場合は「環天頂アーク」というらしい。
f0160063_16052926.jpg
さて、ボクたちはいつものことながら、滞在時間のほとんどをKENMOKUテント村のワカさん(陶芸家の石川若彦さんのこと)のところで過ごしました。
ここではワカさんが炭火で焼いてくれる手羽を肴に、名酒「王禄」や「長珍」が飲めるのです。しかもワカさん作のぐい飲みで…。うまいんだなぁ、これが…。なんたってボクらの陶器市最大の目的は、ここでお酒を飲むことですから(笑)。
f0160063_16060218.jpg
                   (ワカさんテントでSさん夫婦と合流)
f0160063_16063691.jpg
f0160063_16064143.jpg
f0160063_16064586.jpg
                 (大人気の手羽は午後には早々に売り切れました)


朝酒はうまいだけに、すぐに酔っぱらう(笑)。
ヘロヘロになったら丘の上の遺跡広場でひと眠り。
木々を揺らす風の音、ふかふかの芝生…。気持ちいいんだなぁ、これが…。

酔いが醒めたら、KENMOKUテント村に戻って、いちばん奥の斉藤謙大さんの野草屋さんで、珍種のオダマキや野生種のバラを物色。陶器市なのにボクが買うのは野草だけ(オクさんは今年も「うつわ道楽」を楽しんだみたいだけど…笑)。
f0160063_16113857.jpg
f0160063_16114357.jpg
         (益子で首からVIVAカップをぶら下げている人は、ワカさんファンクラブ会員です。笑)

夜はワカさんおすすめの益子No.1の居酒屋で会食。
お造りもうなぎの白焼きも、竹の子ごはんもおいしかった。
ごちそうさんでした。

店を出る頃には月が昇り、まわりの田んぼではカエルの大合唱。

そしてワカさんちの愛猫、くろねこピッチにさよならして、帰路についたのでした。
f0160063_17371766.jpg
夜の9時過ぎに益子を出て、渋谷に着いたのは深夜の12時。
ひでちゃん、長時間の運転ありがとう。

ワカさん、アヤちゃん、楽しかった…感謝です。
f0160063_17375277.jpg
           (益子名物「赤羽まんじゅう」をいただきました。トモ、ありがとう!)
f0160063_22163629.jpg
                     (ワカさん夫婦と記念撮影)

f0160063_06174202.jpg

[PR]

by novou | 2017-05-07 06:22 | 番外編 | Trackback | Comments(0)
2013年 05月 02日

益子陶器市

連休の中休み、益子陶器市に行ってきました。
デブショウのボクですが、益子陶器市はワカさん(石川若彦さん)やピッカリーノ(増田光さん)といった大好きな作家さんに会えるのと、
ぎゃらりー無垢里のオカちゃんのダンナさんが、クルマの運転を買って出てくれるので、
この時ばかりは重〜い腰も軽〜くなるのです。
それに運転しなくていいから、現地でお酒も飲めるしね(^o^)v(ヒデちゃんいつもありがとう!)

東京方面から行くと笠間も通り道なので、ついでに陶炎祭にも寄り道。
会場の笠間芸術の森公園を陶器の品定めをしながらぶら〜りと散歩しました。
焼き栗もおいしかった。

で、益子には11時頃到着。
さっそくワカさんのテントで炭火で焼いた手羽先をアテに島根の銘酒「王祿」をいただきました。
これがうまいんだなぁ。
f0160063_1642886.jpg

正直いうと、ボクは器よりコチラが目当てだったりするわけです(^O^)v。
f0160063_16421638.jpg

ただね、酔っぱらってから陶器市を回ると、オクさんもボクも気持ちが大きくなるせいか、
アレもコレもと買いすぎて、途中で軍資金が足りなくなるのが困りモン、です。

こちらは陶器市に来るといつも立ち寄る日下田藍染め工房。
f0160063_16443338.jpg

オクさん、「お似合いですよ〜」と、おばちゃんにストールを勧められたのですが、
軍資金不足であきらめました。
f0160063_16442924.jpg

築210年の茅葺きの工房には、70以上の藍瓶が並んでいます。
建物と瓶場は県の有形文化財に指定されています。

こちらは遺跡広場で出店中のピッカリーノのテント。
ワカさんの手羽先にかぶりつくピッカリーノです。
f0160063_16423385.jpg

彼女の作品は動物をモチーフにしたものが多いので、野外会場がハマります。
f0160063_16423711.jpg
f0160063_16425329.jpg


里山通りからちょっと入ったところでみつけた腹筋をするマッチョ君。
f0160063_16443789.jpg
f0160063_16444013.jpg

足の指の力の入れ具合がツボでした。

f0160063_16444698.jpg
f0160063_1649338.jpg
f0160063_16495765.jpg

f0160063_16492491.jpg
f0160063_164915100.jpg


で、最後は益子の中華の名店「王虎」で6人で宴会。
f0160063_16445489.jpg


いい器と、おいしい料理と、うまい酒と、楽しい音楽と、素敵な人たちに巡りあえた最高の1日でした。

明日からの連休後半戦、まだ予定のない方は、ぜひ益子陶器市へ。

ちなみにワカさんのテントはKENMOKU広場にあります。
[PR]

by novou | 2013-05-02 17:11 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)
2012年 05月 06日

GWアルバムー①益子陶器市

ことしもGW前半は衣替えと掃除、
そしてベランダの鉢植えの植替えと、野菜の苗の植えつけに明け暮れました。
ヘトヘトでした。

1日は代官山・無垢里のオカちゃん夫妻の案内で、益子の陶器市に行ってきました。
たくさんの作家さんや、素敵な器たちとの出会いがありました。

まずはお約束の‘穴もの’でオカちゃんと記念撮影!
f0160063_2191632.jpg


そして、ワカ(石川若彦)さんのテントで、おいしい日本酒と鶏手羽をいただきました。
ワカさんもオクさんのアヤちゃんもとっても料理上手なのです。
もちろん、隣りではワカさんの作品も見られます。
f0160063_2191919.jpg
f0160063_2192181.jpg



こちらは若手の作家さんが集まっている丘の上のエリア。
f0160063_2192533.jpg


オカちゃんは増田光さんのコケシ風のトックリに釘づけ。
f0160063_2192852.jpg


こちらはしのぎの名手ハジメちゃん。
8月に無垢里でオサルさんとコラボするそうです。
楽しみですねぇ。
f0160063_2193146.jpg


藍染めの染色工場にも行ってきました。
f0160063_2193520.jpg
f0160063_2194065.jpg


こちらは藍染めの原料となるウォードの花。
ヨーロッパ原産のアブラナ科の二年草で、ヨーロッパで使用されていた最も古い染料のひとつだそうです。
日本では「細葉大青」や「菘藍」とも呼ばれているようです。
f0160063_2194387.jpg


f0160063_2194675.jpg
f0160063_2194980.jpg
f0160063_2195719.jpg



最後はワカさんご夫妻やガラス作家の松野さんと記念撮影。
吹き出しがナイスでしょ(^O^)。
うれし涙もちょちょ切れています。←松野さんの作品
f0160063_2195296.jpg
f0160063_2195444.jpg



で、オクさんが連れて帰ってきたのがコチラ。
f0160063_2195992.jpg

ちょっと買いすぎじゃないのぉ…(^_^;)

益子陶器市、楽しかったです。
[PR]

by novou | 2012-05-06 21:36 | 番外編 | Trackback | Comments(0)