東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

タグ:須田二郎 ( 12 ) タグの人気記事


2017年 06月 13日

今日もまたかくてありなむ…

f0160063_07220445.jpg
日の出とともに起きて、庭に水を撒き、顔を洗い、朝食を食べる。
我が家のお気に入りは、イギリスパンのトーストにアオトコーヒー、ベランダで採れたベリー入りのヨーグルト…。
それに近ごろは健康のために酢ニンニクも食べている。
f0160063_07220840.jpg
f0160063_07221039.jpg
朝食がおわると天気がよければ散歩に出かけ、帰ってからは仕事や日課を坦々とこなす。
およそ毎日のすることは決まっている。
夜は10時を過ぎると白河夜船だ。

半分隠居のようなワンパターンな暮らしが気に入っている。
あまり変わったことをするとくたびれる。
「昨日またかくてありけり 今日もまたかくてありなむ…」
島崎藤村の気分だなぁ…。

ベランダでは琉球アサガオが咲きはじめた。

きょうも一日が穏やかに過ぎていく。

(2009/05/22の投稿を加筆修正しました)

[PR]

by novou | 2017-06-13 07:24 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 05日

母のプレゼント

6月1日の朝、ピンポンピンポンピンポンとせわしなくチャイムがなって、ハハがやってきた。
「ノブヤ〜、あんたこれ好きでしょ。お母さん忘れてたけど、ほれ、誕生日おめでとう!」
と、ボクにコンビニ袋を差し出した。

のぞくとなかにアイスクリームがどっさりあった。
たぶん10個以上はあるだろう。
となりのローソンで買ってきたらしい。

「あ、ありがとう。でもうちの冷凍庫にはこんなに入らないから、お母さんの冷凍庫に入れといて」
「そうかい。じゃあ、入れとくからいつでも食べにおいで…」
と、コンビニ袋を持ってそそくさと帰っていった。

ボクの誕生日は5月29日だ。
一人息子の誕生日を忘れるってのもどうかと思うが、
プレゼントにコンビニアイス10個って嫌がらせか?

「あんたこれ好きでしょ」って、確かに子どものころはよく食べたけど、
大人になってからは、ほとんど食べたことはない。

去年も一昨年も誕生日プレゼントは花束だった。
しかも、それは必ず当日の朝に、ハハの満面の笑顔つきでボクに手渡された。
照れ臭かったが嬉しかった。

ハハはことし87歳だ。
息子の誕生日を記憶する力も、花束を買いに行く気力も、もうなくなってしまったのか。

それとも子どものころみたいに、ボクと一緒にアイスを食べたかったんだろうか?
それならちょっと嬉しいけど…。

一度、ハハの部屋で一緒にアイスを食べてみようかな。
昔話でもしながらさ…。
f0160063_03413975.jpg
アイスは井山三希子さんのカップに入れ、須田二郎さんの鍋敷きにおいて、ちょっとおしゃれに撮ってみました。
コンビニアイスには見えんでしょ(笑)。



[PR]

by novou | 2017-06-05 03:50 | 番外編 | Trackback | Comments(0)
2013年 07月 26日

3人のワークショップ


きょうから代官山の「ぎゃらりー無垢里」で『ワークショップは楽しいのである!~おいしい音楽と木と土のうつわ~』という展示会が始まりました。
f0160063_2261482.jpg
長いタイトルですが、木工家の須田二郎さんと、陶芸家の長沢ひろ子さん、安江かえでさんによる3人展です。
f0160063_225249.jpg
f0160063_2264476.jpg
f0160063_2265411.jpg
3人がそれぞれのワークショップを毎日開催し、日曜日にはフルートの演奏会もある盛りだくさんな展示会です。



須田さんは展示会の際に、いつもメッセージを書きます。
これは4年前、千駄ケ谷の「SHIZEN」で行われた「木のしごと展」でのメッセージ。
f0160063_2272917.jpg
須田さんの木のうつわに対する思いは、この1枚のカードに集約されていると思います。

今回も熱いメッセージがありました。
なんだか新たな挑戦がはじまりそうな予感!

どうぞ、3人の思いを受け取りにお出かけください。
ワークショップも楽しいです。


美女と野獣
f0160063_2291815.jpg
まん中が須田さん、右が長沢さん、左が安江さんです。
[PR]

by novou | 2013-07-26 22:20 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
2011年 06月 20日

チュニジアの夜

2011/06/20(月)
曇り一時雨/25℃

きょうのベランダ。朝4時ごろです。
f0160063_13415078.jpg


また、更新をサボってしまったので、おとといの夜の話から…。

この日はスタイルハグでの2人展を終えた須田さんと成田さんが遊びに来てくれました。
ごはん屋ヒバリのタナカさんも一緒です。

天気がよければベランダごはんと思っていたのですが、あいにくの雨で、急遽、ウチごはんになりました。
f0160063_13435823.jpg
まずは仕事モードの部屋を、おもてなしモードに模様替え。
f0160063_13441740.jpg
スイレン鉢のロウソクランタンにも火を灯しました。

この日のテーマはマグレブです。
マグレブとはチュニジアやモロッコやアルジェリアといった、アフリカ北西部の国々のことをいいます。

料理ではクスクスやタジンが有名ですね。
f0160063_13443149.jpg
オクさんはこの日、ま〜るいモロッコパンを焼きました。
f0160063_1421495.jpg
須田さんの木の器にはフムスやナスのペースト(ともにパンに塗っていただきます)、
それにチュニジアンサラダを盛りつけました。

成田さんの大きなフライパンではタジンを焼いて、そのままテーブルに運びます。
でも、写真を撮り忘れました (-_-;) 。

タジンといえばモロッコでは鍋のことですが、チュニジアでは卵料理のことをいいます。
同じマグレブの文化圏なのに、国が違うとまったく意味が違うんですね。
f0160063_1346029.jpg
さて、メインはもちろんクスクスです。
きょうのクスクスには表面をカリカリに焼いた、アジがのっています。
チュニジアではハリッサという唐辛子の激辛ペーストをつけながら、いただくそうです。
f0160063_13461363.jpg
そして、デザートにはモロッコの甘〜いミントティーと、チュニジアのマクロードというデーツ(ナツメヤシの実)とクルミが入った素朴なお菓子をいただきました。

器と料理談義に花が咲いた、とても楽しいひとときでした。

ほろ酔い加減のボクの頭の中では、真っ赤な月に照らされた砂漠が、どこまでもどこまでも続いていました。ハリッサの効いたクスクスで、サハラにトリップしたみたいです。

耳の奥ではディジー・ガレスピーの名曲『チュニジアの夜』が、聴こえていたのはいうまでもありません。

機会があったら、また一緒にごはんを食べたい素敵な3人でした。
[PR]

by novou | 2011-06-20 14:03 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)
2011年 06月 12日

「須田二郎&成田理俊 二人展」&グランピエ

2011/06/12(日)
曇りのち一時雨/27℃

このブログをはじめたころは、植物の種類も100種類くらいで、ベランダにはハンモックを吊ったり、大きなテーブルを置くスペースがありました。

でも、いまでは300鉢250種類もの植物で、ベランダは埋め尽くされています。
こちらは3年前のベランダの写真(クリック)

そして、こちらはいまのベランダです。
f0160063_19372510.jpg
f0160063_19373932.jpg
増えた鉢の数にもビックリしますが、わずか3年余りで大きく成長した植物のパワーにも驚かされます。

さて、きょうの庭仕事は、ズッキーニに藁を敷いたり、グミを収穫したりで、2時間ほどベランダで過ごしました。

そして、午前中にオクさんと、原宿のスタイルハグで開催中の「須田二郎&成田理俊 二人展」にお出かけしました。
f0160063_19471194.jpg
f0160063_19472055.jpg
f0160063_19473485.jpg
二人とも大好きな作家さんなので、このブログやオクさんのブログにも、もう何度も登場しています。(たとえばコンナノアンナノ)。

そういえば、先月もオクさんは夏椿の成田さんの個展で、フライパンやコーヒーメジャーを買ったばかり。それなのにきょうも「和菓子とお茶をのせるのにピッタリ…」と、成田さんの小さな鉄のトレイを5枚、ご購入です。さらに、須田さんの大きなサラダボールやストッカーも買って、とってもご満悦なのでありました。

で、オクさんが器道楽した後は、ボクの園芸道楽の番、てなわけで、いつものように、キラー通りのグランピエに寄って、以前買ったインドとパキスタンの素焼きの鉢を10個ほど買い足し、コーヒーを御馳走になって、二人ともニンマリしながら帰ってきたのでありました。
f0160063_1945512.jpg
コーヒーごちそうさまでした。おいしかったです。
[PR]

by novou | 2011-06-12 19:57 | 日々の暮らし | Trackback(1) | Comments(6)
2011年 01月 24日

「オサル食堂」完売御礼

2011/01/24(月)
曇り時々晴れ/9℃

f0160063_10371435.jpg
きのうの7時をもちまして「オサル食堂」、無事終了する事ができました。
ありがとうございました。

お陰さまでスープもパンもマドレーヌも完売でした。
須田さんの木のボウルやスプーンもたくさん買っていただきました。

兵庫や京都や三重から、わざわざ足を運んでいただいた方もいらっしゃいました。
ブログを見て下さっているみなさまには、チチハハの体調を気づかって下さる方もいて、
ずいぶんと励まされました。
差し入れもたくさんいただき、嬉しいやら申し訳ないやら…。

3日間という短い期間でしたが、たくさんの出会いがありました。
人と人とのつながりを感じた3日間でした。
人の優しさを感じた3日間でした。

オサルさんは感激でいっぱいみたいです。

ボクはオサルさんが料理をしているのを見るのが好きです。
楽しそうだし、幸せそうです。

今回は「スパイスの香り豊かなスープ」がテーマでしたが、
ボクは気がつきました。

いちばんのスパイスはスープに込められた「願い」です。
オサルさんは「おいしくなりますように」とか、
「元気になりますように」とか「心も温まりますように」と、
スープに願いを込めて作るのです。
それはまるで呪文のようです。
それがきっとオサルさんの魔法のスパイスなんです。

オサルさんは機会があったら、またやりたいみたいです。
猿も木から落ちなきゃいいんだけど…。果たしてどうなることやら…。
ボクはそばでずっと見守っていきます(^_^)。

3日間、本当にありがとうございました。
[PR]

by novou | 2011-01-24 10:40 | 番外編 | Trackback | Comments(5)
2011年 01月 21日

オサル食堂 本日開店!

2011/01/21(金)
晴れ時々曇り/8℃

f0160063_10225016.jpg
来る日も来る日も、パンを捏ねました。
ピクルスを漬け、マドレーヌも焼きました。
スープもいろいろ試しました。

それを須田さんの木の器によそいます。
小さな小さな御馳走です。

須田さんは木の器が日本中の食卓にのぼる時、森も蘇ると信じています。
オサルさんは温かなスープで、その夢を繋げたいと願っています。
2人の思いがたくさんの人に届きますように…。
f0160063_10195025.jpg
「オサル食堂」、本日1時開店です。場所は代官山の「ギャラリー無垢里」です。
[PR]

by novou | 2011-01-21 07:05 | 番外編 | Trackback | Comments(0)
2010年 03月 11日

IN MY BASKETと春木屋

2010/03/11(木)
晴れ/12℃

二人で企画書を書いてたらオクさんがひと言。

「飽きたからどっかいかへん? 天気もいいし…」
「じゃあ、IN MY BASKETでやってる須田さんの作品展は?」
「そうだ。きょうからや。いこいこ…」

サボる話はすぐにまとまるダメ夫婦である。
f0160063_2104161.jpg
で、いそいそと田園調布の「IN MY BASKET」にやって来ました。
今回は須田二郎さんと福岡彩子さんの二人展です。
f0160063_2113856.jpg
福岡さんが作る陶製のポットに須田さんの木の蓋…。
ホーローのガス台があるイギリスの台所に、とても似合いそうなストッカーになりました。

窓辺に置かれたムスカリも春らしくて素敵です。
f0160063_2121424.jpg
オクさんは須田さんのコマのような蓋がついたキャラフェ大・中・小と、モロッコ製の買い物カゴをお買い上げ。
f0160063_2135334.jpg
すっかり日も暮れたので、途中、中目黒によって「春木屋」でラーメンをすすって帰りました。

春木屋は本店が荻窪にあります。第1次ラーメンブームを作った東京ラーメンの元祖のようなお店です。

確か伊丹十三監督のラーメンウエスタン「タンポポ」は、ここの軽井沢店を貸し切って撮影されたはず。

そして、ぼくが駆け出しの頃、はじめて取材に行ったラーメン屋でもあります。25年くらい前の話です。そんな想い出の店の3軒目の支店が、去年、中目にできたのです。
f0160063_2124671.jpg
煮干しの効いたすんだスープに、シコシコのちぢれ麺…。
これが昔ながらの東京ラーメンです。
ひと口食べたら、懐かしくて涙が出そうになりました。
[PR]

by novou | 2010-03-11 21:15 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
2009年 11月 22日

須田二郎「木のしごと展」

2009/11/22(日)
曇りのち雨/9℃

先週からまた奥歯が痛み出している。
きょうは痛くて5時前に目が覚めた。
7月に抜歯してインプラントにすることを奨められた歯だ。
その時は歯を抜く度胸もなければ、インプラントにする金もなかった。
でも、もう年貢の納め時かもしれない。
連休明けに、取り合えず抜いてもらって、保険のきく範囲で治してもらおうっと…。
f0160063_1744356.jpg
f0160063_17115184.jpg
午後からはオクさんとO森姐さんと千駄ケ谷の「SHIZEN」で行われている須田二郎さんの「木のしごと展」へ。
今回は、金属の作家、田中俊介さんとのコラボだ。
f0160063_176895.jpg
須田さんの木のうつわに対する思いは、この1枚のカードに集約されていると思う。
f0160063_1763153.jpg
f0160063_17273332.jpg
例によってワークショップに参加して、保存瓶の蓋を作った。
ボクはカエデの木、オクさんはミズナラ。
旋盤で木を削っていると、材質で硬さや匂いがずいぶん違うのがよくわかる。
我が家の水差しや砂糖壺の蓋は全部須田さんのワークショップで作ったものだ。
須田さんの自然に対する祈りは、このワークショップを通して、日本中に広がりつつある。
少しづつ…でも着実に…。
f0160063_1784976.jpg
帰りに絵画館前のイチョウ並木を通った。
だいぶ色づいてきてるけど、来週末が見ごろかな…。
f0160063_1791387.jpg

[PR]

by novou | 2009-11-22 17:16 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
2009年 10月 04日

弟子入り

2009/10/04(日)
曇り時々晴れ/24℃

眩しいほどの日差しで目が覚めた。
天気予報によると、東京は一日限定の秋晴れなんだとか。
月曜からは、ずら〜りと傘マークが並んでいる。

きょうは貴重な“晴れ間”なのである。

「よ〜し!」と気合いを入れて、洗濯機を3回まわした。
シーツやタオルケットを、パーンと広げてベランダに干す。
秋の爽やかな日差しと風が、あっという間に洗濯物を乾かしていく。
“天日干し”はやっぱり気持ちいい。


午後からは木工作家の須田さんの展示会へ。
きのうもお邪魔したのだけど、きょうは須田さんに写真家で猟師でもある親友のH氏を紹介するためである。

「カナダのきこりみたいな人だね」が、須田さんに対するH氏の第一印象だ(笑)。

「カナダでさ、丸太を切ったり、担いで競争するきこりの大会があるじゃん。そこに出てくる筋肉もりもりの人みたい…」とH氏は続ける。

「そうだねぇ。須田さんは自分で山に行って、木の切り出しもするから“きこり”でもあるわけさ。デザインだけして、あとは下請けにやらせている木工作家とは違うからね。カラダを見ると、その人の仕事のやり方がわかるってもんだよ」とボク。

「肉体はウソをつかんからねぇ。オレ、弟子入りしたくなった」とH氏。
「やっぱ、そうでしょう。でもね、一番弟子はオレだからね」とボク。

てなわけで、我々二人は入門を許され、
近々、師匠の工房へお邪魔する約束をしたのである。

鉛筆は削ったことあるけど、でっかいボールやカットボードは、どうやって削るんだ? 

また、報告します(^-^)v 。
[PR]

by novou | 2009-10-04 17:07 | 番外編 | Trackback | Comments(0)