東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 06日

今週の散歩から

2009/09/06(日)
晴れ/28℃

本郷界隈

午後から所用で文京区の日中友好会館へ。
帰りはちょっと足を伸ばし、本郷界隈を散歩した。
f0160063_20184818.jpg
こちらは明治38年に建てられた木造3階建てアパート「本郷館」。
f0160063_20192960.jpg
関東大震災にも耐え、東京大空襲にも焼けず、いまだ、現役である。
f0160063_2020773.jpg

鳳明館は都内唯一の「登録有形文化財」の宿。
f0160063_2020493.jpg
明治時代の下宿屋を、昭和になって旅館に改築したそうだ。
外国人観光客にも人気で、宿泊客の半分以上が外国人ということも。
f0160063_20214514.jpg

f0160063_20222870.jpg
「万定フルーツパーラー」で遅い昼めし。
こちらは大正3年の創業。戦前は東大教授のサロンのような店だったという。
f0160063_2023922.jpg
f0160063_20241215.jpg
市松模様の床がハイカラな雰囲気。
f0160063_2027236.jpg
f0160063_2025286.jpg
旧式のレジスターと「天然ジュース」っていうのが昭和っぽい。

こちらはご存知、東大赤門。もとは加賀藩前田家上屋敷跡。
f0160063_20275697.jpg
f0160063_2028315.jpg

f0160063_20292651.jpg

[PR]

by novou | 2009-09-06 20:34 | 街の記憶 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://noveranda.exblog.jp/tb/11881349
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ONDA at 2009-09-09 00:20 x
novouさん、お久しぶりです! 東京にもこういう旅館、残っているんですね~。以前、イタリア人の友人夫妻と共に帰国した際の東京観光は普通のホテルを予約したけれどこういう旅館もいいなあ。ツレが建築家で伝統的な日本家屋にも興味しんしんなのですよ。特に欄間の美しさ・襖で部屋を狭くも広くも区切れる知恵に感心していました。以前の記事にあった、江戸東京たてもの園も次回帰国の際にはぜひ行ってみたいなあと思っているんです。
Commented by novou at 2009-09-09 12:16
ONDAさん、お元気でしたか? 本郷は空襲で焼け残ったのでいまでも古い木造家屋がたくさんあります。鳳明館は外国人にはお勧めですよ。1泊7000円くらいだし…。東大にも後楽園にも小石川植物園にも近く、ご近所には江戸から昭和までの名建築がいっぱいあります。帰国した際はぜひいってみてください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 小さい秋、見つけた      Yのお好みソース >>