東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 09日

ビカクシダ(コウモリラン)

秋も深まり、庭の木々たちは葉を落とし、早くも‘シャッターがらがら’の閉店準備に入っている。見渡せばなんとも寒々しいベランダなのが、唯一、元気いっぱいなのが麋角羊歯(ビカクシダ)だ。‘オイラ、冬も営業しまっせ!’と大きな肉厚の葉を広げて、ひとり息巻いている。

この植物、姿形からコウモリランやバットマンと呼ばれることも多いが、和名は麋角(オオジカの角のこと)羊歯。
アフリカやアジアの熱帯に18種ほど分布するウラボシ科ビカクシダ属の着生植物なのだ。

近ごろ観葉植物として、もてはやされているようで、園芸店に行くと30cm程の大きさのものが1万5000円の高値で売られていたりする。

そういえば、東京ディズニーシーのロストリバーデルタを散策すると、大木にぶら下がっているビカクシダをよく目にする。貧乏性のボクはその数を数えて「ここだけでン十万分だな」などと、自分のものでもないのにニンマリしてしまう(笑)。てなわけで、ビカクシダはボクの著書「東京ディズニーリゾート植物ガイド」(講談社)でも取り上げている。

話が脱線したが、わが家のビカクシダはビフルカツム( bifurcatum)というオーストラリアの東海岸沿いの地域が原産の品種。
最も一般的な種で、強健。東京なら外で冬越しするし、栽培も容易だ。

購入したのは18年前、30cmほどの株で5000円はしなかったように記憶している(当時は今ほどの人気もなく、値段もそれほど高くはなかったのだ)。

それがあれよあれよと子株を出して、2年前には2mほどの大きさに生長し、とうとう持ち上げられなくなった。
それでノコギリでギコギコ切って、4つに株分けした。
それから毎年株分けを繰り返し、いまでは10株がボクの庭にぶら下がり、友だちにもひと株、婿(?)に出すほどになっている。
すごいなあ、元気だなあ、精力旺盛だなあ、ビカクシダ…。

来年、庭を改装したら、ベランダの軒にずらりと並べて、バットマンガーデンでも作るとするか…(笑)。


f0160063_15510377.jpg
  (株分けする前の姿。7年前)
f0160063_15523753.jpg
(2年前に株分けした現在の姿)


以下、その子どもたちや孫たち
f0160063_15512602.jpg
f0160063_15514541.jpg
f0160063_15513913.jpg
f0160063_15522580.jpg
f0160063_15525034.jpg


f0160063_15511191.jpg
                   (TDS ロストリバーデルタのビカクシダ)

[PR]

by novou | 2017-11-09 16:12 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://noveranda.exblog.jp/tb/28536115
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ランの仲間たちの冬越し      朝日と秋バラ >>