東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 21日

寒の戻り

春分の日に寒の戻りとはなんとも皮肉な…。
箱根辺りは大雪だと、看護師さんが教えてくれました。
外はずいぶんと寒そうですが、みなさんお変わりありませんか?

ボクは生きています(笑)。

病院生活もきょうで16日目。少々時間を持て余しています。
昼間は本を読んだり、落語を聞いたり、相撲を観たりで、なんとか遣り過ごせるのですけど、9時の消灯から朝までが長いのです。
9時に眠ると夜中の2時頃に目が覚めます。
2時というと丑三つ時です。幽霊たちの活躍する時間です。
志の輔の「へっつい幽霊」を聞いたせいでしょうかね(笑)。
病院ですから遠くでうなり声がしたり、すすり泣くような声が聞こえてきます。
向かいに寝ているおじいさんのいびきも凄いです。
こんな時は耳栓をして窓の外を眺めます。
病室からは東京タワーがよく見えます。
東京タワーはいいですねぇ。明るくって…。
昨夜は雲までオレンジ色に染めて、東京の真ん中を明るく照らしていました。

そうそう、この病院はボクの永遠のロックスターKが亡くなった病院でもあります。
彼の病室からも東京タワーが見えてたのかなぁ。もいちど歌いたかったろうな。

オクさんからのメールでベランダのスモモの写真が送られてきました。
今年は実がなるかしらん…。

f0160063_12461877.jpg
f0160063_12462302.jpg
f0160063_12462701.jpg

[PR]

by novou | 2018-03-21 12:48 | 番外編 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://noveranda.exblog.jp/tb/29665810
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 退院のお知らせと新刊のお知らせ      趣味の園芸「ベランダガーデニング」 >>