東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 19日

ベランダの名脇役

f0160063_13150238.jpg
バラが咲き、クレマチスが咲いて、これからベランダは一年でいちばん華やかな季節を迎える。
花いっぱいの庭は美しいし、憧れでもあるのだが、華美に過ぎるのはボクの好むところではない。
男庭には破調の美や毒も必要なのだ。

いま、ベランダではマムシグサやムサシアブミといったサトイモ科ナンテンショウ属の植物が、蛇のかま首のような仏炎苞を持ち上げている。
オオハンゲ(サトイモ科ハンゲ属)などは蛇が舌を出して、獲物を狙っているかのようだ。

なんとも不気味な植物なのだが、不気味であるがゆえに花たちの美しさをいっそう引き立て、わが庭に破調の美をもたらしてくれる名脇役である。
f0160063_13150826.jpg
f0160063_13151137.jpg
f0160063_13151744.jpg
f0160063_13151418.jpg

[PR]

by novou | 2018-04-19 13:17 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://noveranda.exblog.jp/tb/29731314
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 4月のベランダ      白い花たち >>