人気ブログランキング | 話題のタグを見る

東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ
2019年 05月 17日

三崎〜小田原〜小三治③



羽を伸ばした話の3話目である。

火曜日は小三治を聞いた。

会場は都電荒川線荒川区役所前のサンパール荒川。

このエリアに足を運ぶチャンスは少ないので、早めに出かけて荒川線沿線をぶらぶらする事にした。

大塚で都電の1DayPassを買う。

まずは腹ごしらえだ。

庚申塚で降り、アジフライで有名な定食屋へ行った。
すでに4人並んでいて、10分ほど待った。

当然、アジフライを注文する。
皿には大盛りのキャベツに巨大なアジフライが3匹も寝そべっている。

ガブリとひと口頬張る。

ん? 口の中にアジの感覚がない。

フライのコロモがあるだけだ。

粗めのパン粉が口に残る。
噛むと古い脂がじゅわ〜と出てきて気持ち悪い。

ふた口目でアジにたどり着いたがうま味がない。

これは「ころも定食」か?????

無理だ。しっぽを巻いて早々に退散した。

なぜ、この店に行列ができるのだろう? 不思議だ。


口の中の脂を流したくてコーヒー屋に向う。

前から行ってみたかった鬼子母神の参道にある店。

初めて降りた鬼子母神前は素敵だった。
参道は短いが、大きな欅が心地よい影をつくっている。
参拝客が少ないのも静かでよろしい。
迎えてくれる狛犬も愛嬌があって笑っているみたいだ。

三崎〜小田原〜小三治③_f0160063_10405113.jpg
三崎〜小田原〜小三治③_f0160063_10410870.jpg
三崎〜小田原〜小三治③_f0160063_10411243.jpg
三崎〜小田原〜小三治③_f0160063_10411877.jpg
コーヒーもおいしかった。
ネルドリップでさらりと落とした、きれいな味。
元はラーメン屋だったという建物も参道に溶け込んで雰囲気もいい。
また、来たいと思う店。


三崎〜小田原〜小三治③_f0160063_10405607.jpg
三崎〜小田原〜小三治③_f0160063_10405853.jpg
さて、飛鳥山に向うとするか。

飛鳥山には3つの博物館がある。

「紙の博物館」「渋沢史料館」「北区飛鳥山博物館」

この日の目的は「紙の博物館」だ。


ここまで書いたところで腹が減ってきた。

アジフライの上書きにでも行くか!?

不味いものを食うと上書きしなけりゃならないのでホント困る。

この続きはまたの機会に(ここは神田松乃丞風に…)



by novou | 2019-05-17 10:47 | 番外編 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://noveranda.exblog.jp/tb/30598938
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 飯場風ベランダごはん      三崎〜小田原〜小三治② >>