人気ブログランキング |

東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

2011年 01月 20日 ( 1 )


2011年 01月 20日

さよならシネセゾン

2011/01/20(木)
晴れ/9℃ 大寒

1980年代のミニシアターブームの一角を担った映画館「シネセゾン渋谷」(東京都渋谷区)が2月27日で閉館することになった。運営する映画会社の東京テアトルが6日、発表した。85年に開館。「レオン」「グラン・ブルー」などアート系作品の上映で知られた。98年には30万人を動員したが、最近は半分近くに減り、娯楽色の強い作品も上映していた。(asahi.com)

渋谷は日本一の映画の街だった。
2年ほど前までは、[家から徒歩15分圏内に、50スクリーンもあるんだぜ!]というのがボクの自慢だったし、実際、ミニシアター系を中心に年間50本以上は映画を観ていた。

それが一昨年には渋谷ピカデリーが、昨年はシネマライズやシネマ・アンジェリカ、シアターTSUTAYAが相次いで閉館し、今年の2月にはとうとうシネセゾン渋谷までもが閉館するという。

あれよあれよという間に、渋谷のスクリーン数は50スクリーンから半分の25スクリーンほどになってしまった。

それに今月は渋谷ではないけど、恵比寿ガーデンシネマも閉館だ。

相次ぐミニシアターの閉館は、ボクの映画鑑賞回数にも影響しているようで、昨年は数えてみると20本ほどしか観ていない。

一昨年の夏にシネセゾンで「色即ぜねれいしょん」を夫婦50割引で観たことや、シネマ・アンジェリカで「人生に乾杯!」を観たのが、懐かしく思い出される今日この頃なのである。

by novou | 2011-01-20 12:10 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(2)