東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

2018年 10月 30日 ( 1 )


2018年 10月 30日

10月のベランダ

f0160063_12343788.jpg

1ヵ月半入院していた。
春に続いて2度目の入院だった。
退院して20日が経つ。
まだまだ体は本調子ではないけど、いまは「存命の喜び、日々に楽しまざらんや」(徒然草)の心境だ。

ベランダは台風21号と24号の直撃で過去最大の被害を被った。
ブドウ棚は崩壊し、鉢植えの3分の1は倒れ、植物たちは強風と塩害で葉がチリチリになった。

病み上がりのへなちょこな体で300鉢ある庭の修復は無理である。
来年はマンションの大規模改修もある事だし、体力に見合ったサイズに縮小しようと思う。
ムクゲやクチナシ、ハナショウブなど今後の植栽計画から外れる50鉢に戦力外通告。
管理に手間のかかる山野草を中心に、年内にさらに50鉢ほど処分するつもりだ(泣)。

さて、10月のベランダである。
ジャガランダは早くも葉を落としはじめている。
銀葉アカシアはちょっと見ない間に枝を広げて、ずいぶんと大きくなった。
ハイビスカスはまだ花を咲かせて、夏の名残をとどめている。

今年はシュウメイギクがきれいに咲いた。

ベランダは今後、生命力が強く、水やりや施肥の手間がかからない熱帯性の植物を中心に植栽を考えようと思っている。


f0160063_12344047.jpg
f0160063_12344433.jpg
f0160063_12344669.jpg
f0160063_12344948.jpg
f0160063_12381632.jpg
f0160063_12345570.jpg
f0160063_12345260.jpg
10月覚書
ハハの部屋のベランダにミニバラやローズマリー、クリスマスローズなど15鉢ほど移動し、ミニガーデンを造った。
豪雨で睡蓮鉢やビオトープの金魚やメダカが流されたので、新たに金魚30匹、メダカ30匹を追加放流。
ウチワサボテンや柱サボテンが巨大化したので仕立て直し、新たにサボテンコーナーを作った。
焚き火台とベランダストーブにさび止めを塗ってメンテ。
ブドウ棚の修復(仮)。大規模改修後にちゃんとしたものを作る予定。
つるバラの配置替え。
コウモリランの配置替え。
カロライナジャスミンの植え替え。
ハーブガーデンを縮小し、コーヒーコーナーを設置。
ウスネオイデスがワサワサになったので壁面にチランジアコーナーを新設。


処分した植物
琉球朝顔
ムクゲ
ホトトギス×3
羽衣ジャスミン
イワナンテン
オダマキ×5
シジミバナ
クリスマスホーリー
フジバカマ×2
ギボウシ
ハトヤバラ
キングオブピカデリー
グラペティービューティー
オリヅルラン×3
トクサ×2
ニワフジ×2
コゴミ×2
ハギ
コガネセキショウ
カサブランカ
ゴシキドクダミ
ルリマツリ
ニゲラ
ムスカリ×2
チコリ
イタヤカエデ
メキシカンセージ×2
アロエ×3
テーブルヤシ
スイレンボク
多肉多数

f0160063_12345810.jpg

[PR]

by novou | 2018-10-30 12:41 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(2)