人気ブログランキング |

東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

2019年 01月 23日 ( 1 )


2019年 01月 23日

樹の花とジョン&ヨーコ

35年前、あたりに大きな建物はなかったのだ。
せいぜいマガジンハウスと歌舞伎座ぐらいだ。

昭和通りから1本北に入った木挽町通り。
料理屋や飲み屋がぽつりぽつりとあっただけだ。

それがいまや高層ビルだらけ。
歌舞伎座自体が高層ビルになっちまって、見上げても空が見えない。

まわりの印象があまりにも変わっていたので、たどり着くのにちょっと時間がかかった。


f0160063_11584594.jpg


銀座・樹の花。

ここはジョンとヨーコが訪れた伝説の店だ。

ある雑誌のグラビアで銀座を特集することになって取材させてもらった事がある。

それが35年前だ。

取材当時はジョンとヨーコがやってきてサインを残していったというだけのあまり特徴のない店だった。



暗く細い階段を上って2人がここにやって来たのは1979年。

樹の花が開店してまだ4日目のことだった。


4年ぶりに来日していた彼らは、この日、息子のショーンを映画館に連れて行き、
ショーンが映画(スーパーマン)を見ている間、ここで待つ事にしたのだ。

座ったのは入り口に近い窓側のテーブル。

ここからは木挽町通りを行き交う人々がよく見える。

時間を潰すにはちょうどいい。

ジョンは中深炒りのコロンビア。ヨーコはダージリンティー。

互いの目を見つめながら楽しそうに語り合うジョンとヨーコ。



あれから40年という月日が経った。

ジョンはこの店を訪れた翌年の1980年に自宅前で暗殺されている。

歌舞伎座がタワーとなって竣工したのが2013年。

時はあまりにも早く駆けていく。

樹の花は店内がセピア色に染まって伝説の店としての重みも増している。

12月8日のジョンの命日、店を訪れるファンも多いという。


f0160063_11585899.jpg

f0160063_11590958.jpg
ジョンが飲んだコロンビアコーヒーとアーモンドクッキーのセット。このクッキーのキャラメル感とコーヒーの苦さの相性がとてもいい。
f0160063_11590456.jpg




















by novou | 2019-01-23 12:03 | 街の記憶 | Trackback | Comments(0)