東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:暮らしを考える( 18 )


2019年 02月 23日

チコちゃんに教えてあげたいボクの宝物

わが家は昨年から今年にかけて、物に支配された生活から抜け出すため、断捨離をした。
「住空間に余白がないと心の余裕もできんわい」と考えたのだ。
本、CD、DVD、洋服、食器、家電、家具etcと軽トラ1台分は処分した。

で、ごちゃごちゃしていた家の中が片づいて、気分もスッキリしたのだが、ボクの場合、空間に余白ができると、そこを素敵なもので埋めたくなる悪いクセがあるようだ。
つまり、断捨離の「断」(要らないものが入ってくるのを断つ)、「捨」(不要・不適・不快なものを捨てる)は実行できるのだが、「離」(物への執着から離れる)ができないのだ。

悪いことに最近のお気に入り散歩コースには古道具屋が2軒もある。
で、ついつい吸い寄せられてしまうのだが、そうするとそこで運命の出会いが待っている。
不思議だ。

f0160063_20174346.jpg


今回の出会いは味の素の缶。
世間的にはただの汚い缶なのだが、ボクには宝物だ。

4枚目、5枚目の写真を見て欲しい。
イラストや説明書きにあるようにこの味の素、コンビーフみたいな巻き取り式なのだ。

正しくは「へリングボーン式巻取缶」というらしいが、この方式は1926年(大正15年昭和元年)に採用され、1968(昭和43)年6月に「かぶせ蓋」式に代えられるまで使用されていたようだ。


次に1枚目だ。
「S.SUZUKI&CO;LTD」とある。
そしてその下に見づらいのだが「味の素本舗株式会社鈴木商店」とある。
創業者の鈴木三郎助の名を取ったこの社名は1932年(昭和6年)から使われている。

1940年(昭和15年)に社名は鈴木食料工業株式会社に改称されているので、この缶はそれまでの8年間に輸出用として製造された商品ということだ。

ちなみに味の素の社名が、味の素株式会社になったのは1946年(昭和21年)である。


ところで、敢えて開封しづらい「へリングボーン式巻取缶」にしたのは類似品対策のためだったとか。

「味の素」がだんだん世の中で普及しはじめると、類似品が出始め、それらは意図的に「味の光」「味乃素」「味の王」などとまぎらわしい商品名で販売された。

類似品は国内だけでも35銘柄にのぼっていて、これらの製品は品質的にも問題があり、そのため偽物に絶対すり替えられない巻き取り缶になったのだとか。



錆びた缶も掘っていくとなかなか興味深いものがある。

チコちゃんにも教えてあげたいぞ。


古道具屋から連れて帰ってきたものは他にもある。

がらくたのように見えるが、どれもボクの宝物だ。

てなわけで、断捨(離)で作った折角の余白も、世間的にはがらくたといわれるもので、また埋められていくのだ。

機会があればまた紹介しよう。(いらんか…)


f0160063_20174941.jpg
f0160063_20175434.jpg
f0160063_20181883.jpg
f0160063_20201048.jpg
f0160063_20190376.jpg
f0160063_20195294.jpg
f0160063_20200091.jpg


f0160063_20201553.jpg








by novou | 2019-02-23 20:34 | 暮らしを考える | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 02日

あらまほしき日常と人生の仕上げ

f0160063_10403258.jpg
「あらまほし」は吉田兼好の『徒然草』によく出てくる言葉だ。

いまの言葉でいうと「こうありたい」とか「望ましい」とか「憧れの」いう意味。

だから、「あらまほしき日常」とは「毎日がこうだったらいいな」とか「憧れていたのはこんな暮らし」ということかな。

人生も終盤にさしかかり、長いこと不自由な入院生活をしていると「あらまほしき日常」とは何だろうと考える。

ボクにとってのあらまほしき日常は、心おだやかに暮らせる家と、季節を感じられるささやかな庭のある暮らしだ。
もちろん、愛する人と愛するものにも囲まれていたい。

兼好法師は「朝夕、無くて叶はざらん物こそあらめ、その外は、何も持たでぞ、あらまほしき」と、持たない生活を勧めたり、
「人と生れたらんしるしには、いかにもして世を遁れむ事こそ、あらまほしけれ」と、俗世間から離れた隠遁生活を称賛している。

でも、ボクはかなりの俗人なので都会暮らしからは抜けられそうもない。
好きな寄席にも行きたいし、映画やコンサートもたくさん観たい。
あちこち散歩して、おいしいものを食べ歩くのも大好きなのだ。

思えば若い頃はモノが増え、暮らしが拡がっていくことを夢見ていた。
でも、いまは物欲はなく、ただただ縮小の時期だ。

齢(よわい)を重ねると生活の澱のようなものが溜まってくる。
その澱のようなものを捨てて、人生の仕上げをしたいのだ。
とにかく身軽になって、いまは生活にも心にもたくさんの余白を作りたい。

本を捨て、雑誌を捨て、靴や衣服を捨て、CDやビデオやDVDを捨て、10年育てた植物を捨て、家電や家具を捨て、キャンプ道具や登山道具を捨てた。

それらはボクの「過ぎた時」でもある。

「過ぎた時」を捨てると、いまの自分にいちばん大切なモノが見えてくる。
ありふれた生活の中に愛おしいものと、愛おしい時間だけがあぶり出されてくる。

きょうもまたボクは何かを捨てるだろう。

もう少しでボクは、「あらまほしき日常」に手が届きそうな気がしている。





by novou | 2018-11-02 10:47 | 暮らしを考える | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 09日

人生フルーツ

風が吹けば 枯れ葉が落ちる

枯れ葉が落ちれば 土が肥える

土が肥えれば 果実が実る

こつこつ ゆっくり…

人生フルーツ


映画「人生フルーツ」を観てきました。

美しい暮らしの中に、たくさんの大切なメッセージがちりばめられていました。

そして、あらためて思いました。

「人は庭に暮らす」のだと。



f0160063_16505474.jpg
f0160063_17005221.jpg


by novou | 2017-12-09 17:04 | 暮らしを考える | Trackback | Comments(1)
2017年 10月 15日

ベランピングとバルコニスト???

知らなかったが世の中には「ベランピング」や「バルコニスト」なる言葉があるらしい。

ベランピング(Veramping)とは、「ベランダ+グラマラス+キャンピング」の造語で、
自宅のベランダをおしゃれに改造して、ゆったりとした時間を過ごそうという新しいスタイル、なんだとか。
ホテルのような施設やサービスのキャンプ場で、おしゃれにキャンプを楽しむ「グランピング」はお金もかかるし、予約もなかなか取れないし…。それなら、自宅のベランダで一年中グランピングしてしまえ! というのがベランピング、らしい。

ふむふむ…。

どうせ、どこかのライフスタイル誌かトレンド誌が仕掛けているんだろう、と思って調べてみたら、案の定、ベランピングは『LaLa Begin』(世界文化社)や『日経トレンディ』(日経BP)が、昨年あたりから力を入れて打ち出しているようだ。

一方、バルコニストというのは、バルコニーで余暇を素敵に楽しむライフスタイルを送ってる人、なんだとか。これはIKEAが昨年、‘バルコニストになろう’というキャンペーンを大々的にしかけていた。

こんな感じだ。

[朝は、コーヒーを片手にチェアで太陽を浴びながら、1日を気持ち良くスタート。
昼は、パラソルの下、南国のリゾート気分。
夜は、キャンドルやLEDライトでロマンチックムードに。
あなたはどんなバルコニストライフをおくりますか?]

ってな具合だ。

けっ、なんだろうねぇ…。

いとうせいこうがベランダで花や野菜を育てる人をベランダーって呼んで、ボタニカルライフを提唱したのにはついていけたけど、「ベランピング」や「バルコニスト」なる言葉には、まったく思想や哲学がなくて、消費の誘惑があるだけだな。
そしてパラソルやらチェアやらキャンドルを買って、SNS映えする写真をインスタやFBにいっぱい投稿しましょうよ、という策略にしか見えないもんな。

ウチはもう20年もベランダで植物を育て、ごはんを食べているけど、流行りとは無縁だな。

このブログをはじめた時に、こんなことを書いた。

ちょっと長いけど再録しておきます。


我が家のベランダは流行りの花が咲く観賞のためのベランダではない。
どちらかというと、日向ぼっこをしたり、お茶をしたりするリビングの延長のようなベランダだ。

気候がよい春と秋、ベランダは我が家の生活の中心となる。
ボクらは日がな一日ベランダで過ごす。
二人で紅茶とトーストの朝食を食べて、それからボクはハンモックを吊ってうたた寝をしたり、読書をしたりする。
オクさんはお手製のワイン箱コンポストで生ゴミを処理したり、端材を使ってスプーンやバターナイフを作って悦に入っている。
植物も育てている。友人にいただいたり、株分けしたりで、いまでは100種類ほどのコンテナが並んでいる。ただ、その半分は果樹や野菜やハーブといった腹の足しになる植物である(笑)。

ベランダには毎日新しい発見がある。ミモザの枝にミノムシが巣を作っていたり、メダカが金魚藻に卵を産み付けていたり、熟しかけのイチゴの赤い部分だけが、ヒヨドリに食べられていたり…。

都市生活者にとってベランダは、幸福をもたらす暮らしの舞台装置だ。このマンションに住んで5年、もうベランダのない生活は考えられない。このベランダに巡りあえたことにつくづく感謝しながら、日々の暮らしを慈しむように生きていこうと思っている。


                                            (2008年04月20日)

f0160063_15163151.jpg
f0160063_15163618.jpg
f0160063_15164954.jpg
f0160063_15165837.jpg
写真は先週、ベランダでジンギスカンをして、〆にアジの干物を焼き、炊き立ての新米を食べた時のものです(笑)。



by novou | 2017-10-15 15:24 | 暮らしを考える | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 30日

のぶりんずBDパーティー@NOBURIN’S GARDEN

59歳になりました。
「還暦リーチ!」のオヤジですが、最近は‘のぶりん’と呼ばれるので、
庭も‘NOBURIN’S GARDEN’と名づけました。
そしたら「いいトシこいて…」と、世間の失笑をかっています(^_^)v。

思えば、あっという間の59年でした。
でも、還暦を前にして、やっと自分の求める‘しあわせのカタチ’が、みえてきたような気がします。

50代最後の1年は、よりわがままに(自分の好きなことしかやらない、という意味で…)、
よりやんちゃに(世間の失笑をおそれない、という意味で…)、
そして、よりハッピーに(ボクはしあわせの伝道師になりたいのです←失笑!)いきたいと思っています(^_^)v。

25日と28日はバラがいっぱいの‘NOBURIN’S GARDEN’で、BDパーティーをしていただきました。
楽しかった〜。しあわせだった〜。

ありがとう! 
そして、これからもよろしくお願いします。
LOVE♡

f0160063_6283767.jpg
f0160063_6283950.jpg
f0160063_6284362.jpg
f0160063_6381543.jpg

f0160063_6284563.jpg
f0160063_6284850.jpg
f0160063_6285058.jpg
f0160063_6285239.jpg
f0160063_629080.jpg
f0160063_629328.jpg
f0160063_629476.jpg
f0160063_629893.jpg
f0160063_6291065.jpg
f0160063_643274.jpg
f0160063_6484030.jpg


by novou | 2015-05-30 06:56 | 暮らしを考える | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 19日

みどりのチカラ

2010/07/(月)
晴れ/35℃

朝、早起きして庭を掃き、草花に水を撒く。
花がらを摘んだり、暴れた枝を剪定したり、庭仕事は小1時間ほどだ。
f0160063_15321889.jpg
作業が終わると、ビオトープの前の小さな椅子に座り、ひと息入れる。
この場所に座って深呼吸すると、自分が目に見えない大きな自然の力とつながっていくような気がする。

かつての日本人は、花や鳥といった自然や風物の力を借りて、季節を生活の中に上手に取り込んでいた。そんな素朴な暮らしのスタイルを「花鳥風月」や「風流」と呼んだ。
それはきっと幸せを感じる方法論であり、日々の暮らしを通じて、より大きなものと繋がろうとする‘哲学’だったのだ。

考えれば考えるほど、自然の摂理は神秘的だ。
植物たちは季節が来れば、正確に花を咲かせ、実を結び、蔓や枝は明るい方へ、明るい方へと、伸びていこうとする。

植物たちに目を向けることは、自然の仕組みを通して、暮らしを考えることなんだと思う。
f0160063_15325424.jpg
ボクはきょうも、この庭からたくさんの元気をもらった。

by novou | 2010-07-19 23:38 | 暮らしを考える | Trackback | Comments(0)
2010年 01月 24日

伊東正明さんの小さな花器

2010/01/24(日)
晴れ/11℃

仕事場の本棚の空きスペースに、いつも植物を飾っている。
ほとんどがベランダからチョキンと切ってきたヘデラやシュガーバインといった葉ものである。それを伊東正明さんの小さな花器に放り入れる。

伊東さんの花器のいいところは、なにげない植物でも様になるところにある。
というか、なにげない植物を生けた方が味わい深いのだ。

花器が好きで、同じようなサイズのものをいくつか持っているけど、
一番使っているのが伊東さんのものである。

なんでかなぁって思う。

そりゃあ“好きだから”なんだけど、なんで好きなんだろうと考えてみたりする。
好きな理由は、たぶん“普通だから”なんだと思う。

陶芸家には自己主張の強い個性的な作品を創る人もいるけど、
伊東さんの作品にはこれみよがしなところがひとつもない。
あえて“普通”なのである。
それより、使いやすいことや、安全であることや、壊れないこと、
といった見えない部分に力を注ぐ。
ここんところが逆に伊東さんの自己主張、なのかもしれないなぁ。
普通であっても凡庸でないのはそのためだ。

午後のおだやかな日がきょうも窓から差し込んでいる。
伊東さんの人柄そのもののぬくもりのある花器は、我が家に小さな幸せを運んでくる…。

f0160063_15573545.jpg


by novou | 2010-01-24 16:02 | 暮らしを考える | Trackback | Comments(0)
2009年 09月 23日

エアコン要らず

2009/09/23(水)
晴れ/26℃

ことしの夏、我が家はエアコンを使わずに過ごした。
ただの一度も使わなかった。
無理をしたわけではない。

ちゃんと暑さ対策をして、部屋に風の通り道を作ったら、苦もなく夏を乗り切れたのだ。

東京はことし、猛暑日が一度もなく、いつもより涼しかったって事もあるけど、それにしても意外だった。

“エアコンいらず”の最大の要因は、寝室をいちばん風通しのよい部屋に替えたことにある。
ついでにベッドの高さも1m以上にした。まるで牢名主だ。

それまで我が家のベッドは、窓からいちばん遠い位置にあり、高さも30cmほどだった。
しかも三方向がピタリと壁に囲まれていたので、空気が澱んで寝苦しかったのだ。
だから、夏はエアコンと扇風機をつけっぱなしで寝ることが多かった。

いまの寝室は角部屋だ。頭とカラダの右側の二方向が窓だ。
しかも頭側の窓は、植物いっぱいのベランダに面しているから、
常に涼しい風が入ってきて、頭を冷やしてくれる。
去年まではアイスノン枕で寝ていたのに、ことしは一度も使っていない(笑)。


これ以外の暑さ対策はココに書いた。

あと、細かなことをいえば、テレビを見ないことかな。
我が家のテレビは初期のプラズマ式なので、消費電力が800Wもある。
まるで電気ストーブだ。だから、テレビを消すだけで、ずいぶん涼しくなるのだ。つまんないしね…。

さらに、ひとりサマータイムを実践して、朝晩、ベランダに水やり…。
これで光熱費は例年の3分の1だ。
CO2削減にもずいぶん協力したな…。
自分を誉めてやりたい気分だ(笑)。

やればできるじゃん…。

by novou | 2009-09-23 23:29 | 暮らしを考える | Trackback | Comments(0)
2009年 09月 22日

人は庭に暮らす

2009/09/22(火)
曇り時々晴れ/25℃
f0160063_7571236.jpg
朝の6時から「夕焼けこやけ」のチャイムが鳴るまで、ず〜っとベランダにいた。
ひたすら土をふるい、鉢底石を選り分け、雑草の根を捨てていく。
土がふるわれて下に落ちると、コガネムシの幼虫が現れる。
それをつまんで、ゴミ袋に捨てていく。

虫嫌いだったのに、ベランダガーデナーになったら、いつの間にかコガネムシも青虫も、
素手でつまめるようになっていた。
庭にはたくさんの虫がいる。箸や軍手では追っつかないのだ。

コガネムシや雑草を取り除いた土は消毒する。
消毒した土はビニールシートの上に広げ、
腐葉土や赤玉土や堆肥を加えて培養土に再生する。
これは春と秋のお彼岸の頃の恒例の庭仕事だ。

きのうやきょうみたいに、一日中、土や虫と格闘していると、
ベランダガーデンなんかやめちゃおうかな、とも思う。
だって、世間の人は連休で旅行に行ったり、家でのんびりしているのに、
こっちは朝からずっと泥だらけの肉体労働だ。しかも2日連続だ。
こうして祝日のほとんどが、庭仕事に費やされる。

毎日の管理だって大変だ。
夏は朝夕の水やりに1時間かかるし、秋は落ち葉の掃除に忙しい。
サボると排水溝がつまり、台風が来ると部屋は浸水する。
冬はバラやベリー類の剪定・誘引。春には植替えをして、また土をふるう。
肉体的にもヘロヘロになる。腕も腰も痛い。
庭仕事なんて“マゾ”のすることだ、と時々思う。

でもね、庭がなかったら早起きなんかしてないだろうし、おいしいトマトやキュウリやナスだって食べられない。
f0160063_7582834.jpg
f0160063_7595378.jpg

我が家ではよくベランダでお茶を飲んだり、ごはんを食べたりする。
見晴らしがいいだけのベランダだったら、すぐに飽きちゃうと思う。
そこが庭になっていて植物がたくさんあるから、季節のうつろいも感じられるし、
心も癒される。
だからベランダでごはんが食べたくなるのだ。
f0160063_804684.jpg

ことしの春、こんな事あんな事を書いた。

今もその気持ちは変わらない。
手入れは大変だけど、庭は手をかけただけの癒しと感動をボクらに与えてくれる。
つらさがやがて快感に変わるのだ(やっぱりマゾだ。笑)。

ベランダはボクらに幸福をもたらしてくれる暮らしの舞台装置。
「人は庭に暮らす」のだと改めて思う、きょうこの頃なのである。
f0160063_811974.jpg


by novou | 2009-09-22 23:55 | 暮らしを考える | Trackback | Comments(0)
2009年 06月 26日

増やしたら減らす…。

2009/06/26(金)
晴れ時々曇り/31℃

最高気温31.7℃。
東京は今年初めての真夏日を記録した。
気がつけば、あじさいの季節が終わり、ほおずきと朝顔の季節である。

ここ2〜3日、ボクは部屋の模様替えや片づけに明け暮れていた。
新しい仕事に取りかかる前や、いろんなことが錯綜して頭の中がこんがらかってくると、
ボクはいつも部屋の片づけをはじめる。

部屋を片づけると頭の中もきれいに片づくような気がするのだ。

それに東京の生活ではスペースがいちばん高くつくので、それを無駄に使うことは許されない。
モノをなるべく持たない簡素な生活こそ都会的な暮らしだ。
f0160063_1147449.jpg

まず不要になった本や古い資料を捨て、
場所をとる割にたいして気持ちよくないマッサージ椅子を処分した。

押入れの奥には進化に取り残された過去の遺物のようなものもいっぱいあった。
フィルムの生産を終了したポラロイドカメラ、ビデオデッキ、BSチューナー、古いパソコン…。

さらに収納棚には冗談としか思えないようなモノもある。
結婚式の引き出物の夫婦の名前の入ったバスタオル、土産にもらったほら貝、チ○コの形をしたサンゴ…(^□^;)。
これらもみんな処分だ。
f0160063_11464132.jpg

何を持ち、何を持たないでおくか…。
結局、その繰り返しの中から少しずつ自分の暮らしの輪郭のようなものがハッキリしてくるように思う。
いつも余白のある暮らし。余白があるから自分の中に新しいものを取り入れる余裕ができるのだ。
f0160063_11454149.jpg

スッキリとして風通しがよくなった部屋で昼寝をした。
心の部屋も身軽になったせいだろうか、寅さんになった夢を見た(^ロ^)~~♪。


by novou | 2009-06-26 23:50 | 暮らしを考える | Trackback | Comments(2)