東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ベランダバラ図鑑( 24 )


2018年 05月 18日

つるバラ‘のぞみ’の物語

f0160063_08491426.jpg
f0160063_08491941.jpg


のぞみがキッチンの窓辺に滝のようなアーチを作っている。

今年は春先の管理がよかったせいか花付きが凄い。


のぞみは8年前にわが家にやって来たバラだ。

一年苗だったので30〜40cmほどの大きさだった。



このバラには悲しい物語がある。


のぞみという女の子がいた。
先の大戦中に生まれたのぞみは、母、祖母と一緒に知り合いを頼って満州に渡る。
そして終戦。大陸から引き上げてくる途中で、母、祖母は亡くなる。
まだ4才だったのぞみは一人で旅を続け、二人の遺骨を持って父と叔父の待つ品川駅に向かう。
しかし、あともう少しという時に、のぞみは長旅の疲れから息を引き取る。
品川駅で父は未だ温もりの残っている我が子を抱く。

父は一度に3つの葬儀をあげることとなる。

のぞみの叔父はアマチュアの育種家、小野寺透である。
多くのバラを作出した小野寺は、1968年に淡いピンクの一重咲きのバラを作出する。
小野寺はこのバラに、反戦の思いを込めて「のぞみ」と名付けたのだ。

のちにイギリスに伝えられた「のぞみ」は、桜の花びらのような可憐さ、花期が長い事などが評価され、
日本生まれの品種として唯一、英国王立園芸協会の「アワード・オブ・ガーデン・メリット賞」を受賞している。


f0160063_08491612.jpg
f0160063_08492216.jpg
f0160063_08492401.jpg


[のぞみ]

作出国:日本
作出年:1968年
作出者:小野寺透
系統:[Cl Min] クライミング・ミニチュア・ローズ
交配親:Fairy Princess × Sweet Fairy
咲き方:一季咲き
花形:小輪一重咲き
花径:小輪(3cm・花弁数4~8枚)
香り:微香
樹形:這い性
樹高:120cm





[PR]

by novou | 2018-05-18 08:51 | ベランダバラ図鑑 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 10日

ベランダのクライマーたち

ここんところの雨でベランダのクライマーたちの勢いが凄い。

いつもはしょぼしょぼの花しか咲かせないツルサマースノーは、今年、ひとまわり大きめの花を咲かせて、青空に向かって万歳している。


         
f0160063_14005961.jpg



のぞみもほぼ満開だ。花の数でいうと、これから咲きはじめるキューランブラーと双璧をなす優良品種だ。



f0160063_14010200.jpg

西のベランダのガラシャも咲きだした。このバラもたくさん咲く優等生。


f0160063_14010426.jpg


小窓には琉球朝顔、クレマチス、淡雪が伸びて緑陰を作りはじめている。


f0160063_14011140.jpg

ぶどう棚はぶどうの赤ちゃんたちがたくさんぶら下がって大賑わいだ。


f0160063_14021853.jpg

本来なら摘果しなきゃならないところだが、わが家ではほとんどびん詰めに加工するので、形や大きさより、数が優先。

このままにしておこう。


f0160063_14021190.jpg




きょうの朝食

ハムエッグにバゲット、スムージーにフルーツ。コーヒーはアオトのエチオピア。安定のうまさだなぁ。


f0160063_14071231.jpg

[PR]

by novou | 2018-05-10 14:11 | ベランダバラ図鑑 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 08日

雨の日のバラたち

今日も雨模様の一日となりそうだ。

渋谷の気温は現在12℃。

最高気温も15℃止まりで、5月の気温としては10年ぶりの寒さとか。

この寒さでバラの花持ちがよくなるといいのだが。

今朝の淑女たちは雨を吸ってうつむき加減。


f0160063_08220042.jpg
f0160063_08220333.jpg
f0160063_08220643.jpg
f0160063_08220804.jpg
f0160063_08221006.jpg
f0160063_08221452.jpg
f0160063_08221834.jpg
f0160063_08222043.jpg



今朝のコーヒーはアオトのコロンビア。




f0160063_08222516.jpg




[PR]

by novou | 2018-05-08 08:25 | ベランダバラ図鑑 | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 27日

チャーリー・ブラウンとハゴロモジャスミン


f0160063_09315347.jpg


ハゴロモジャスミンが咲きはじめた。
ベランダには眩暈がしそうなほどの濃密な香りが漂っている。
悩殺されそう(笑)。
見た目は清楚なくせに香りはエロいぞ、ハゴロモジャスミン(笑)。


f0160063_09320104.jpg

バラもいよいよだ。
GW中盤くらいがピークとなりそうな予感。

すでにチャーリー・ブラウンとジャクリーヌ・デュ・プレは満開。

チャーリー・ブラウンは日本を代表する育種家の河合伸志さんが1996年に作出したミニバラ(パティオ・ローズ)の代表品種。茶色の半八重咲きで花つき、花もちともによく、絶え間なく開花する。ひらひらとした茶色の花弁が美しく、淡い香りもある。
枝変わりに花色が黄土色~琥珀色になるチャーリー・アンバーがある。


f0160063_09315598.jpg
f0160063_09315850.jpg


朝のコーヒーはアオトのタンザニア。


f0160063_09333958.jpg


今日も一日、お元気で。




[PR]

by novou | 2018-04-27 09:35 | ベランダバラ図鑑 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 03日

名花

台風21号、22号、それに木枯らし1号のトリプルパンチでベランダは悲惨な状況(昨日のエントリ)だ。
いつもなら色とりどりの秋バラが咲き誇っている頃なのだが、今年の庭は花も少なく、なんとも寂しげである。

いま、わずかに咲いているバラはピース、ジャスト・ジョーイ、アイスバーグの3品種だけだ。

バラ好きならご存知と思うが、この3品種は世界バラ会連合の殿堂入りを果たしている名花中の名花だ。

2万品種以上あるといわれるバラのなかで、殿堂入りをしているバラはわずか16品種だけ。

これらのバラは美しいだけでなく、強健で育てやすく、なおかつ、これを親として様々な優良品種も作出されている。

わが家には現在30品種のバラがあるが、ピース、ジャスト・ジョーイ、アイスバーグの3品種は、台風に遭っても、期待を裏切らないで咲いてくれる。

てなわけで、バラを始めるなら、殿堂入りのバラから選ぶのがおすすめかも。

f0160063_11491975.jpg
             (ピース)


f0160063_11492592.jpg
             (ジャスト・ジョーイ)


f0160063_11493117.jpg
             (アイスバーグ)


[PR]

by novou | 2017-11-03 11:51 | ベランダバラ図鑑 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 03日

淡雪

f0160063_10280876.jpg
f0160063_10281888.jpg
8年ほど前に駒場バラ園で買った淡雪。

本来はシュラブなのだが、誘引してやればツルバラのようにも仕立てられる。
野バラのような一重の花は、清楚で和の趣もあって木枠の窓辺によく似合う。
つぼみはあんず色だが開花とともに白色に変化し、絶え間なく次々と開花する。
病気にも強い品種だ。
f0160063_10282350.jpg
8年前に取材を受けた時に「いま咲いている花でいちばん好きな花はなんですか?」って聞かれ、
ボクは即座に「淡雪」って答えている。
懐かしい取材映像はコチラ↓
https://youtu.be/3F5YBU6T2YM
(取材映像はこの他にも3つあるので、興味があったら見てね)

[PR]

by novou | 2017-06-03 10:31 | ベランダバラ図鑑 | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 31日

キューランブラー

キューランブラ−が咲きはじめています。

わが家のバラの最後を飾るのが、遅咲きのこのバラです。

名が示す通り、1913年に英国のキュー王立植物園で発見されました。

一季咲きのつる性で、イチゴのような可愛い花をたくさんつけます。

香りはあまり強くありませんが、近づくとさわやかなスパイス香があります。

そのせいか、クマンバチやマルハナバチがたくさん集まってきます。
f0160063_09364558.jpg
f0160063_09364914.jpg
f0160063_09365183.jpg
f0160063_09365434.jpg
f0160063_09365633.jpg
f0160063_09370053.jpg
f0160063_09370393.jpg

[PR]

by novou | 2017-05-31 09:38 | ベランダバラ図鑑 | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 23日

ガラシャ


f0160063_08005005.jpg
ガラシャが咲いている。
7年前、このバラを作出した育種家の河合伸志さんからいただいたものだ。
初心者でも育てやすく、花付きがよく、わが家のベランダのフェンスに這わせるにはちょうどいい、
ということで、彼が禅ローズシリーズから選んでくれた。 
f0160063_08005636.jpg
このバラ、咲きはじめは、淡いピンクで、だんだん白へと変化して、やがて散っていく。
細川ガラシャをイメージして作出されたバラだが、
「散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ」ということか…。




[PR]

by novou | 2017-05-23 08:03 | ベランダバラ図鑑 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 19日

5月のバラ

f0160063_14045994.jpg
「きみがきみのバラのために失った時間こそが、
きみのバラをかけがえのないものにしているんだよ」と、サン・テグジュベリはいった。
f0160063_14050348.jpg
5月のバラは すばらしい。


[PR]

by novou | 2017-05-19 14:06 | ベランダバラ図鑑 | Trackback | Comments(0)
2013年 04月 26日

ナニワイバラ開花


ナニワイバラが咲きはじめました。
一重咲きで「これがバラなの?」ってぐらい清楚です。
夏椿に似てますかね。
f0160063_12374913.jpg

香りはそれほど強くはありませんが、梅に似たさわやかな香りがします。
秋にはローズヒップも楽しめます。

大好きなバラなのですが、トゲが多くて、近寄るとチクリとやられます(^o^)v。
[PR]

by novou | 2013-04-26 12:38 | ベランダバラ図鑑 | Trackback | Comments(4)