東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2018年 07月 28日

BORO


BOROといっても「大阪で生まれた女」のことではない。
「ぼろは着てても心は錦」のBOROのことである。

浅草のアミューズミュージアムで「美しいぼろ布展〜都築響一が見たBORO〜」を見た。

f0160063_13030444.jpg

「ぼろ」とは青森の山村や農村で江戸時代から使われてきた野良着、肌着、寝具などのことをいう。
すり切れ、継ぎはぎされて、何代にもわたって再生されてきたぼろは、青森では恥ずかしいものとされ、これまで決して表に出ることはなかったそうだ。

それが今や「BORO」として、世界中のアーティストや蒐集家から注目されているんだそうな。


f0160063_13025750.jpg

展示を見ていて不覚にも涙が出た。

ボクは北海道の出身だ。
だから、BOROの向こうに北国の厳しい寒さや貧しい生活が見えるのだ。

寒さをしのぐために少しでも暖かく丈夫にしたいと、何度も継ぎはぎされた一枚のBOROには、たくさんの女たちの針仕事の跡が刻まれている。女たちは布きれを粗末にしないで、いのちあるものとしてだいじに大事に継ぎはぎしてきた。

そんなBOROには人の汗や涙や思いがしみ込み、新しいものには出せない独特の味わいがある。
大切に使い込まれてきたものだけが放つ美しさがある。

ものがあふれ、古くなったら新しいものに換えればよいという現代の消費社会に、BOROはひとつのアンチテーゼを示しているように感じた。

f0160063_13031826.jpg
f0160063_13030994.jpg
f0160063_13031490.jpg
f0160063_13032250.jpg

アミューズミュージアムは来年3月で閉館となります(とても残念!)。
エンタメのアミューズが運営するミュージアムだけあってとても楽しい展示でした。
撮影ok、おさわりok、一部は着るのもokですw。

常設の浮世絵シアターもお勧めです。
屋上からは浅草寺が一望できます。


f0160063_13032651.jpg
f0160063_13033107.jpg



[PR]

by novou | 2018-07-28 13:11 | 番外編 | Trackback | Comments(0)
2018年 07月 27日

台風12号に備えて


f0160063_16484510.jpg


マルチングがやっと終わったと思ったら、こんどは台風がやって来るというので、今朝、慌ててブドウの袋がけや、排水溝の掃除をした。
このごろは庭仕事に追われる毎日だ。

この台風も暴風雨にならなければ植物にとっては恵みの雨なのだが、今回は勢力が強く、どうやらそうはならないらしい。

関東や西日本の被災地に上陸する可能性も高いようだ。

明日は厳戒態勢だ。


f0160063_16485387.jpg
f0160063_16485075.jpg
f0160063_16485684.jpg

さて、マルチングに関しては結局、水苔を噛ました上にココマットで覆うという合わせ技にした。

この方法だと猛暑日でも朝にたっぷりと水やりすれば、次の日の夕方まで水やり不要だ。
30℃で風が強くなければ2日間ぐらいは留守にできそうだ。

ただマルチングも一長一短はあるようで

長所
水まきの時に泥ハネしない(庭掃除が楽になる)。
ヨトウムシや黄金虫の幼虫など、用土に潜む害虫が入り込まなくなる。
水やりの時間が短縮できる。
泥ハネしないので黒星病を減らせる(バラの場合)。
⑤雑草が生えづらくなる。

短所
蒸れやカビの発生で根腐れしやすくなる。
お金がかかる(今回はバラや果樹など100鉢以上にマルチングしたので3万ほどかかった。トホホ)
手間がかかる(3日間もマルチング作業)
④ナチュラルな雰囲気が無くなる。

簡易給水器は一定の効果はあるが、あくまでも小さな鉢用で、せいぜい5号鉢(直径15)程度の鉢にしか効果は期待できないと思う。

f0160063_16485841.jpg

p.s. 今週のはじめくらいからイチジクの収穫が始まりました。小さいけどおいしいよ!








[PR]

by novou | 2018-07-27 16:55 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2018年 07月 25日

マルチングのその後

朝、ベランダに出てみると植物たちがいきいきしている。
いつもは萎れ気味の葉っぱたちが、ぴんと張って背伸びをしているのだ。
ほほう、マルチングの保水効果は絶大だな、と思っていたら、どうやら夜中に雨が降ったようだ。

この雨でマルチングの保水力実験は振り出しに戻ったけど、久しぶりの雨は嬉しかった。


f0160063_11093003.jpg

保水力実験は継続。
いまのところ水苔のマルチングが効果がありそう。
できれば3日くらい水やりしなくてもすむ方法を考えたい。

ココマット(ココシート)&水苔
f0160063_11094071.jpg
f0160063_11094226.jpg
簡易給水器(浸透圧でしゅろ縄を伝って給水)

f0160063_11094517.jpg
f0160063_11103172.jpg


最終的にはマルチングと給水器の合わせ技になる予感。

金魚やメダカが煮魚になるといけないので睡蓮鉢にも日よけをした。

f0160063_11095686.jpg
f0160063_11095468.jpg

[PR]

by novou | 2018-07-25 11:13 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2018年 07月 24日

ブラジル先住民の椅子展



f0160063_10264071.jpg

f0160063_10270727.jpg
f0160063_10264689.jpg


みんないい顔してました。

久々の楽しい展示でした。

撮影OKなのもいいよね。

混雑していないし、なんてったって涼しいしねw

庭園の散歩は暑いのでなし!


f0160063_10262920.jpg
f0160063_10263468.jpg
f0160063_10265971.jpg
f0160063_10271414.jpg
f0160063_10271940.jpg
f0160063_10450158.jpg
f0160063_10450496.jpg
f0160063_10272714.jpg

[PR]

by novou | 2018-07-24 10:36 | 番外編 | Trackback | Comments(0)
2018年 07月 23日

マルチング


二十四節気の大暑である。

ベランダの気温はただ今37℃。(11時30分)

ふざけた暑さだ。

植物たちには、朝、2時間かけてたっぷりと水やりしたのだが、すでに鉢は乾いている。

ベランダには300鉢の植物がある。
2時間かけて水やりすると、終わる頃には最初に水やりした鉢が乾くのだ。

あきれた暑さだ。

終わりの見えない猛暑のせいで、庭主はバテ気味だ。

なにしろ朝夕の水やりで4時間もかかるのだ。

水道の検針に来た係の人が「オタク、水道が漏れてませんか?」と聞きに来るほど、この夏のわが家は水を使っている。

で、少しでも水やりの負担と水道代を減らそうと、今日からマルチングの保水力を実験ちう。
このままでは旅行どころか、外出すらできないからね。



f0160063_12283307.jpg
f0160063_12284227.jpg
f0160063_12283961.jpg



一つ目は水苔でのマルチング。
二つ目は新聞紙でのマルチング。
そして三つ目はココマットでのマルチング。

三つともたっぷりと水を含ませてあります。

さて、結果はどうなります事やら…。



[PR]

by novou | 2018-07-23 12:31 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2018年 07月 22日

7月のベランダ


f0160063_07271996.jpg

f0160063_07272921.jpg
f0160063_07333641.jpg

連日のえげつない暑さに人も植物も青息吐息だ。
とくにバラの元気がない。

そもそもバラは冷涼な西アジアや西ヨーロッパを原産とする植物なので、暑さには弱いのだ。
28℃を超えると生長が鈍るし、35℃越えが続くと枯れるものも出てくる。
とくに原種のバラはこの猛暑に耐えられないようで、わがベランダではすでにタカネイバラが枯れ、ナニワイバラやハトヤバラも根が蒸れて瀕死の重症だ。

東京はすでに熱帯。バラの栽培は今後、難しくなるような気がする。

東京オリンピックもこんな暑い時期にやるなんてどうかしている。
連日テレビでは最大限の警戒を呼びかけ、不要不急の外出は控えるようにといっているときにマラソンや50km競歩やトライアスロンを行うのはとてもアスリートファーストとは思えない。
開催時期を秋にするとか、開催地を北海道にしないと死者がでる。

f0160063_07281269.jpg
f0160063_07273589.jpg
f0160063_07284640.jpg
f0160063_07282862.jpg

明日は二十四節気の大暑。
予報では東京の最高気温は37℃になるらしい。

チチの墓参りにもいかなければならないのだが、この暑さではこっちまで墓に入る危険がある。
どうしたもんだか…。


f0160063_07291264.jpg
f0160063_07292547.jpg
f0160063_07304989.jpg
f0160063_07305621.jpg
f0160063_07291559.jpg
f0160063_07301820.jpg


7月覚書

6月に生まれたメダカの子どもは、ほとんど親メダカに食べられた。
レモンに5個の実がついた。
ブルーベリー、ワイルドストロベリー、ミニトマトの収穫はそろそろ終わりかな。
ツルサマースノーにうどん粉病発生中。
ベビーロマンチカ、タカネイバラ死亡。
21日、プルメリア開花。
ブドウに飛び玉が出はじめた。
ジャクリーヌデュプレ、ノゾミ、シティー・オブ・ヨーク、淡雪、アイスバーグ返り咲き。
南平台の蝉の初鳴きは14日(ミンミンゼミ)。
蟻が大量発生。


[PR]

by novou | 2018-07-22 07:37 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2018年 07月 15日

梅の土用干しと蝉の初鳴き


f0160063_09452719.jpg

3連休である。
夏土用にはちょいと早いが、わが家では昨日から梅の土用干しを始めた。

土用干しは3日3晩。
だから3連休に行うのが都合がいいのだ。

今年は8kgの杉田梅を漬けた。
わが家の梅干しは昔ながらの真っ赤で酸っぱい梅干し。
柔らかくて甘みのある梅干しは苦手なのだ。


f0160063_09453056.jpg


ベランダのテーブルには梅がずらーりと並んでいる。
ことしは毎年使っている専用のざるでは足りなくて、昔、古道具屋で見つけた3尺もあるござ目の大ざるを物置から出してきて干している。

オクさんが時々乾き具合を見ながら梅を裏返す。
部屋の中まで酸っぱい香りが漂ってきて、幸せな気分になる。


f0160063_09470636.jpg


渋谷ではきのう蝉の初鳴きを聞いた。


[PR]

by novou | 2018-07-15 09:49 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2018年 07月 12日

デュランタとスイスファミリー・ツリーハウス

f0160063_11131405.jpg

デュランタが咲いている。
わが家のは‘タカラヅカ’という最も一般的な品種で、紫色の小花に白いフリル状の縁取りがある。

ところで、なんで‘タカラヅカ’という品種名が付いたのかというと、それはスミレのような花の色や香り、それにフリル状の縁取りがタカラジェンヌを連想させることから、この名になったようなのだ。かなり強引なネーミングであるw。


ボクがこの花を初めてみたのは、東京ディズニーランドのスイスファミリー・ツリーハウスだ。
樹高19mのベンガルボダイジュの大木に作られたツリーハウスは、アドベンチャーランドのジャングルの中にある。
デュランタはその緑の海の中で、ぽつんと咲いていた。
紫色が鮮やかで、小さな花だけど存在感は抜群だった。

f0160063_11132118.jpg


ちなみにスイスファミリー・ツリーハウスには季節になるとプルメリアも咲いて、南国特有の甘い香りを辺りにまき散らしている。もちろん、プルメリアもデュランタも拙著『東京ディズニーリゾート植物ガイド』(講談社刊)で取り上げたし、拙庭でもツリーハウスの真似をして、同じ品種を育てている。


f0160063_11135744.jpg
f0160063_11140140.jpg


余談だが、東京ディズニーランドに行くとボクは真っ先にスイスファミリー・ツリーハウスに登る。
ここは夏でも涼しいし、てっぺんからの眺めも素晴らしい。それに、入場制限がかかるような大混雑時でも行列する事はない。

ツリーハウスのなかには、リビングルームやベッドルーム、書斎やキッチンなどもあって、これが実にオシャレにできている。
ツリーハウスの下を流れる小川には水車があって、そこから汲み上げた水で食料を冷やしたりする仕掛けもある。
ツリーハウスのあちこちに生活のための工夫があって、思わずヘェ〜と唸ってしまうほどなのだ。
東京ディズニーランドでいちばん好きな場所だ。

宝くじが当たったらスイスファミリー・ツリーハウスのような隠れ家を持ちたいと、ボクは常々思っている。

f0160063_11134823.jpg

デュランタ
学名:Duranta repens(D.erecta)
和名:タイワンレンギョウ、ハリマツリ  
科名 / 属名:クマツヅラ科 / ハリマツリ属(デュランタ属)
原産/メキシコ 西インド諸島
花期/5月〜11月


f0160063_11140594.jpg




[PR]

by novou | 2018-07-12 11:18 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2018年 07月 11日

ノリウツギのこと

寝苦しい日々が続いている。
きょうの渋谷は朝の6時ですでに28℃を超えていた。

ベランダの植物たちには毎日2回の水やりをかかさないようにしているが、彼女たちは暑さのせいで少々瑞々しさが足りなくなってきているようだ。

ベランダは紫陽花が終わり、7月になると花が少なくなって、寂しい時期を迎える。
そんなベランダでいま唯一、元気に咲いているのがノリウツギだ。


f0160063_11003873.jpg


この花、紫陽花の仲間なのだが開花するのが紫陽花よりひと月ほど遅く、花も円錐状に咲くので一般的な紫陽花とは趣が違う。

とても水を食うのは紫陽花と同じだが、花は枯れてからも散る事はなく、ドライフラワーのように茶色くなって翌年まで残る。
つまり、花殻を摘んだり、花後の面倒な掃除をしなくてもよい、とてもベランダ向きの植物なのである(大きくなりすぎる嫌いはあるが…)。

ちなみにノリウツギを漢字で書くと「糊空木」となる。
「空木」は枝(幹)の髄を抜くと空洞ができることから。
「糊」は樹皮の内皮をはいで水につけると粘液が出てきて、それを和紙を漉くときの糊として使ったことからこの名が付いたらしい。

f0160063_11003567.jpg
f0160063_11004438.jpg
ノリウツギ
学名:Hydrangea paniculata
和名:ノリウツギ(糊空木)  
別名:サビタ
科名/属名:アジサイ科(新エングラー体系ではユキノシタ科)/ アジサイ属
花期/7〜8月


f0160063_11004244.jpg
                       (ノリウツギのツボミの頃)




7月はじめ、紫陽花に来年の花芽がついたので、切り詰めた。
切った花はオクさんが生けてくれた。
花色は少し退色しているが、咲きはじめてから2ヶ月以上も楽しめるのが、紫陽花のいいところだ。

f0160063_11004980.jpg
f0160063_11005386.jpg




[PR]

by novou | 2018-07-11 11:08 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2018年 07月 09日

キンカンのこと



天気予報では曇りのはずだったのに、渋谷は本格的に雨が降っています。
遠くで雷も鳴っています。
豪雨被害に遭われた地域が心配ですねぇ。
これ以上、被害が大きくならない事を願っています。

f0160063_10240326.jpg


ベランダではいま金柑が咲いています。

金柑は花の香り、常緑の濃い緑、黄金色の果実と楽しみが多い果樹です。
実は美味しく、食べ方もいろいろ。
実は皮ごと食べられますが、わが家では甘露煮にする事が多いですね。

金柑は柑橘類の中では栄養が抜群で、のどやお通じにもいいのです。
育て方も簡単。日当たりのよいところに置いておけば、花もよく咲き、実もそこそこなります。
花は年に3回ほど咲く四季咲き性で、庭に金柑がひと鉢あるといつも花の芳香を感じることができます。

虫刺されによく効く家庭薬のキンカンは、金柑の成分でできていると思っていたのですが、さにあらず。
製造元が金冠堂という会社だからでした。
ちなみに、この会社が作っている「金柑のど飴」には金柑の成分が入っています。ややこしいですね。


金柑のツボミ

f0160063_10240760.jpg

f0160063_10242539.jpg



こちらはレモン

f0160063_10242875.jpg




キンカン

学名 Fortunella
科・属名 ミカン科・キンカン属
英名 Kumquat
   Cumquat
原産地 中国
開花期 7~10月
収穫期11~5月 ※品種によって異なる
別名 金橘(キンキツ)


[PR]

by novou | 2018-07-09 10:31 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)