人気ブログランキング |

東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2019年 02月 26日

バイカカラマツ

ここんところ「ベランダ通信」とは名ばかりで、「かあちゃん事件簿」になっていましたが、久々にベランダ(植物)の話です。

f0160063_23222986.jpg
バイカカラマツが咲いていました。

小さな花で目立たないですが花持ちがとてもいいです。

この花、日本の植物と思われているようですが、実際は北アメリカ東北部原産の山野草です。

花は茎の先端に1輪開いたのち、その脇に小花を2輪咲かせます。

写真を見ていただくとよく解りますね。

園芸本には開花期が4月〜5月とありますが、わが家のバイカカラマツは二十四節気の雨水の頃に花を咲かせます。

降るものが雪から雨に変わる2月の中ごろ、花を咲かせる可愛いやつです。


ベランダではミモザとローズマリーも開花中。


先週末にレモンの木とレモングラスの植え替えをしました。
鉢植えでも12号鉢くらいの大きさ(直径36cm。土の量15ℓほど)になると植え替えも格闘です。


サボテンにコーヒー袋でカバーリング。サボテン3兄弟! 

いい感じです。

f0160063_23223637.jpg


by novou | 2019-02-26 23:25 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2019年 02月 26日

キャラメル禁止

f0160063_16112138.jpeg

またハハの話で恐縮です。


ハハが週3で通っているデイサービスから電話があった。

施設長からだ。

「実はお母さまの事でお願いがあるのですが…」

「ハハがどうかしましたか?」と突然の電話にびっくりするオクさん。

「デイサービスにキャラメルを持ってこないようにご家族の方からも言っていただきたいのですが…」と施設長。

「は、キャラメル、ですか?」といぶかしがるオクさん。

「そうなんです。お母さまはいつもキャラメルをたくさん持ってきて、みなさんに配るんですよ」と施設長。

「い、いけないんですか?」とオクさん。

「デイサービスは食べ物の持ち込みを禁止しています。お母さまにはこちらからも注意をしているのですが、何度注意しても持ってこられるんです」

「そうでしたか。それはすみませんでした」とがく然とするオクさん。

「デイサービスに通ってる方には糖尿病の方もいますし、入れ歯の方はキャラメルがくっついてとれてしまう事もあるんです。それとバレンタインにチョコレートを配るのもやめていただきたいんですが…」

「申し訳ありません。こちらからも注意しておきますので…」とオクさんは平謝り。

ジジババにキャラメルはやっぱまずいなぁ。

電話を切ってハハの部屋に行ったオクさんは、バッグの底に隠してあったキャラメル2箱を容赦なく取り上げたのでした。


話は変わるが、ハハは見回りさんやケアマネージャーなどお客さんが来ると必ずpinoと牛乳を出す。
pinoはひとり一箱だ。
ハハの冷凍庫にはいつもpinoが5箱以上入っているが、ボクにくれた事はまだ一度もない。

f0160063_16112524.jpeg







by novou | 2019-02-26 16:15 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
2019年 02月 25日

事件です!

f0160063_16195101.jpg

世田谷警察に出頭してきました(笑)。


10日ほど前、ハハが病院の帰りにクスリをなくすという事件があったのです。

ボクがまだ入院している時の話です。

「あんね、クスリがないんだわ」と大騒ぎするハハ。

「バスに忘れたんじゃない?」とオクさん。

ハハは病院に行く時、必ず東急トランセという地域をぐるりと回る循環バスを(無料パスで)利用しています。

「違うんだわ。病院の帰りにとなりの店(ローソンの事)に寄ったら、買ったものとクスリを一緒にしてくれたんだわ。でも、どこにもないのさ」とハハ。

ただ、「どこにもないのさ」とオクさんに言ってきたのは、なくした次の日の事だそうだ。

そこでオクさんはローソンにクスリの件を確認に行きました。
でも、ありません。

ローソンの奥さんは、ハハが牛乳や水など重いものを買うと、マンションのエレベーターの前まで荷物を持ってくれるとても親切な人なのです。奥さんは当日のバイトの子にも電話して、クスリの件を確認してくれたそうです。

その旨をハハに伝えると「変だわぁ、お母さんきょう飲むクスリがないんだわぁ」といったそうです。

で、オクさんはしょうがなく病院に電話して、クスリを再度出してもらえるよう、お願いしました。

「わかりました。それでは処方せんを再発行します。でも、その場合、全額自己負担になりますがいいですか」と病院。

オクさん真っ青!

眠剤やら安定剤やら整腸剤、湿布薬、はたまた座薬までハハは処方してもらっている。

全額負担となると軽くマンは超える。

ただ、整腸剤や湿布薬はともかく眠剤や安定剤がないとハハはまったく眠れなくなる。

それで、この出費は仕方がないとオクさんは諦めて病院に取りに行ったそうだ。

もちろん、もしやと思って東急バスにも電話してクスリの件は確認したそうだ。


で、きょうになって「世田谷警察にお母さまのクスリが届けられているそうです」と病院から連絡があったのだ。

やはり、ハハはトランセにクスリを忘れて、それが東急バスの営業所に回って、世田谷警察に遺失物として届けられたようだ。

電話したのになんだよ東急バス!
全額自己負担ってなんだよ○○病院!
入院している場合かよオットさん!
かんべんしてよおかあさん!

と、オクさんの怒りはマックス(たぶん)。

で、きょう、ボクがハハの代わりに世田谷警察に出頭する事になったのですな。

渋谷でなくしたクスリがなんで世田谷にあるんだよまったく!
遠いぜ世田谷警察!
金と時間を返してくれよ、かあちゃん!

話は変わりますが、今朝、玄関でハハに会ったので「おはよう!」と声を掛けたら「おはようございます」と丁寧に返されました。
さらにエレベーターの扉を開けて待っててあげたら、「ありがとうございます」と、これまた丁寧に返されました。
マスクをしていたとはいえ、ハハはボクの顔を認識できないらしいです。
困った…。






by novou | 2019-02-25 16:34 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
2019年 02月 23日

チコちゃんに教えてあげたいボクの宝物

わが家は昨年から今年にかけて、物に支配された生活から抜け出すため、断捨離をした。
「住空間に余白がないと心の余裕もできんわい」と考えたのだ。
本、CD、DVD、洋服、食器、家電、家具etcと軽トラ1台分は処分した。

で、ごちゃごちゃしていた家の中が片づいて、気分もスッキリしたのだが、ボクの場合、空間に余白ができると、そこを素敵なもので埋めたくなる悪いクセがあるようだ。
つまり、断捨離の「断」(要らないものが入ってくるのを断つ)、「捨」(不要・不適・不快なものを捨てる)は実行できるのだが、「離」(物への執着から離れる)ができないのだ。

悪いことに最近のお気に入り散歩コースには古道具屋が2軒もある。
で、ついつい吸い寄せられてしまうのだが、そうするとそこで運命の出会いが待っている。
不思議だ。

f0160063_20174346.jpg


今回の出会いは味の素の缶。
世間的にはただの汚い缶なのだが、ボクには宝物だ。

4枚目、5枚目の写真を見て欲しい。
イラストや説明書きにあるようにこの味の素、コンビーフみたいな巻き取り式なのだ。

正しくは「へリングボーン式巻取缶」というらしいが、この方式は1926年(大正15年昭和元年)に採用され、1968(昭和43)年6月に「かぶせ蓋」式に代えられるまで使用されていたようだ。


次に1枚目だ。
「S.SUZUKI&CO;LTD」とある。
そしてその下に見づらいのだが「味の素本舗株式会社鈴木商店」とある。
創業者の鈴木三郎助の名を取ったこの社名は1932年(昭和6年)から使われている。

1940年(昭和15年)に社名は鈴木食料工業株式会社に改称されているので、この缶はそれまでの8年間に輸出用として製造された商品ということだ。

ちなみに味の素の社名が、味の素株式会社になったのは1946年(昭和21年)である。


ところで、敢えて開封しづらい「へリングボーン式巻取缶」にしたのは類似品対策のためだったとか。

「味の素」がだんだん世の中で普及しはじめると、類似品が出始め、それらは意図的に「味の光」「味乃素」「味の王」などとまぎらわしい商品名で販売された。

類似品は国内だけでも35銘柄にのぼっていて、これらの製品は品質的にも問題があり、そのため偽物に絶対すり替えられない巻き取り缶になったのだとか。



錆びた缶も掘っていくとなかなか興味深いものがある。

チコちゃんにも教えてあげたいぞ。


古道具屋から連れて帰ってきたものは他にもある。

がらくたのように見えるが、どれもボクの宝物だ。

てなわけで、断捨(離)で作った折角の余白も、世間的にはがらくたといわれるもので、また埋められていくのだ。

機会があればまた紹介しよう。(いらんか…)


f0160063_20174941.jpg
f0160063_20175434.jpg
f0160063_20181883.jpg
f0160063_20201048.jpg
f0160063_20190376.jpg
f0160063_20195294.jpg
f0160063_20200091.jpg


f0160063_20201553.jpg








by novou | 2019-02-23 20:34 | 暮らしを考える | Trackback | Comments(0)
2019年 02月 13日

バレンタインデー

ハハの部屋の納戸にチョコレートがあった。
見つけたのは3週間ほど前。
ボクがまだ入院していない頃だ。

普通こういうものは、隠しておくのがオトメゴコロというものだが、ハハの場合は数が多すぎて隠しようがない。
20個はある。それをデパートの紙袋3つに分けて置いてある。
かといって、デパートのチョコレート売り場で買ってきたものかというと、そうではない。
お隣のコンビニで買ってきたものなのだ。
それをデパートの紙袋に入れているだけだ。

そもそもウチのハハは東京にやって来てから、ひとりでは病院と歯医者と公園と隣のコンビニにしか行った事がない。
これらの行き先はすべてトランセという小さな循環バスの通り道にある。
循環なので、バスに乗りさえすれば必ず目的地に着き、また家の前に戻ってくる。

それ以外のところに行くと必ず迷子になる。

以前、玄関のチャイムがなって出てみると、警察官に連れられたハハが、申し訳なさそうに立っていた。
そんなことが2回。
あと、徘徊老人に間違われて家に電話があった事が1回ある。

話が脱線した。

20個のチョコレートはすでにちゃんと行き先が決まっている。
ハハの部屋のテーブルの上にはリストがあるのだ。
それはカレンダーの裏紙に書かれている。

贈る人の数が多いので、キスチョコや板チョコのたぐいかと思っていたが、
ハハのチョコレートはコンビニと有名パティシェがコラボしたチョコだ。

ここにオンナの見得が見え隠れする。

このチョコはコンビニでの扱いもそれほど多くはないらしく、ハハはさらにいくつか取り寄せてもらっているらしい(1月末日情報)。

コンビニでチョコを取り寄せる人を、ボクは他に知らない。

リストにはお世話になっているデイサービスの男性スタッフの方、送迎のドライバーさん、病院の先生(内科、整形外科、心療内科、歯科etc)、マンションの管理人さん、そして最後に「信也」の名前を確認済みだ。

バレンタインデーの当日の朝、ハハはピンポンとチャイムを鳴らし、「はい、コレ!」と、ちょっと照れ臭そうにボクにチョコを渡す。

残念ながら今年は入院中につき、ボクは受け取ることはできないが、わが妻にしっかりと代わりを務めてもらいたい。

ちなみの今年の本気チョコは管理人さんらしいです(妻情報!)。

p.s バレンタインの4日後はハハの89歳の誕生日です。どゆこと???.

f0160063_21233425.jpg
                         写真はイメージです


by novou | 2019-02-13 21:52 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
2019年 02月 12日

カッシーナ張替え顛末記②

昨日の続き。

ソファの張り替えをする話だ。


家具屋さんに電話して下見に来てもらった。

採寸してもらって、1週間後に大ざっぱな見積もりが出た。

それからサンプルを送ってもらって、ファブリックを決め、クッション材を選んだ。

1週間ほどで、最終的な見積もりがメールで送られてきた。

こちらが思っていたよりも安かったし、送料もサービスするというので、即決発注。


(ここからはカッシーナのソファの流れです)

3日後、家具屋がソファを取りに来るという。

実際に本体にクッションをはめて、座り心地を微調整するために本体1つだけは必要なのだそうだ。

1ヵ月ほど経った頃、ソファは出来上がってきた。

かっこいい。

座り心地を試してみる。

あれっ、足がつかない。

座面の高さがオーダーと10センチも違うのだ。

本体も一緒に持っていったのにだ。

もちろん、やり直しだ。

家具屋が申し訳なさそうにしている。


また、1ヵ月が経った。

今度は大丈夫。ぴったりと採寸通りだ。

奥行き90cm、幅60cm、高さ22cmもあるサイズ間違いの大きなクッションが2つ残った。

はて、このクッションはどうなるのか。


リビングで家具屋さんと我々夫婦の思いが交錯する。


家具屋と目が合った。

ひと呼吸置いて、

「よかったら使ってください」と家具屋さん。

即座に、

「ありがたくいただきます」とちゃっかり夫婦。


カッシーナのソファは10年ぶりに息を吹き返したようにかっこよくなり、

いま、リビングにどっしりと収まっている。


寸法間違いのクッションはボクが退院したらカスタマイズしてオットマンにしようと思っている。


f0160063_08314359.jpg
                     残されたサイズ違いのクッション
f0160063_08320653.jpg
            やり直してもらってぴったり。完成したカッシーナ
f0160063_08355287.jpg
             クッション材がぐたぐたのハハの部屋のソファ
f0160063_08321088.jpg
               不遇時代のカッシーナ(MUJIの座布団)



by novou | 2019-02-12 09:06 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
2019年 02月 11日

カッシーナ張替え顛末記


f0160063_09234887.jpg


実はこのソファ、いただきものである。

名古屋のあるそば屋さんが店で実際に使っていたものだ。
取材で訪問した時、引き戸を開けるとこのソファが横一列にずらりと並んでいて驚いた。
そば屋にしては豪華すぎるし、そもそもソファじゃ蕎麦が食べにくい。
店主に「使わなくなったらくださいね」と冗談でいったら、数年経ってホントに送られてきた。
あとから知ったのだがこのソファ、カッシーナのものらしい。
ただ、さすがにファブリックは傷んでいたようで、籐の本体だけが2つ送られてきた。
お礼の電話をしたら「必要ならもっと送りましょうか?」といわれた。
でも、狭いわが家には置き場所がない。
「大邸宅に住むまで預かっておいてください」といって電話を切った。



さて、突然、わが家にやってきたカッシーナのソファ。

クッション部分には一時しのぎでMUJIの座布団を敷いた。

置き場所は考えていなかった。
それでなくとも狭い部屋だ。
それにソファは一つある。
あーでもないこーでもないとレイアウトを変え、いまの場所に収まるまで3年かかった。


さて、カッシーナがやって来て10年。


突然、ソファを張替えようという事になった。
近々リフォームするつもりだし、マンションの大規模改修も迫っている。
部屋もマンションもきれいになるのだから、その前にソファもきれいにしておこう、というわけだ。

ハハの部屋のソファはファブリックもクッション材もへたりきっている。
わが家のソファもファブリックが破れかけていて、みすぼらしい。
これではお客さんが来ると恥ずかしい。
それで全部張替える事にした。

で、カッシーナはどうする?
10年もMUJIの座布団じゃ不憫じゃろうに、という事でカッシーナのクッションも特注で誂える事になった、というわけだ。

かわいそうにカッシーナ、一時しのぎのハズがちゃんとしたクッションを入れてもらうのに10年も放って置かれた。

「悲しきカッシーナ 身の程知らずの家にもらわれた高級ブランドの悲劇」っていう小説を書いたら朝ドラだって狙えるくらいだ。

「ボクはソファ。カッシーナっていうイタリアのブランドで、いいとこの生まれなんだ。だから、本当ならお金持ちのリビングに置かれて、赤い首輪をしたダルメシアンなんかがボクの上で眠っているんだろうけど、何を間違ったか、古いマンションの狭い部屋で洗濯物なんかが置かれてる…」なんてね。

(薬でハイになっているのでいくらでも書いてしまう。あまりにもtextが長くなったので、この続きはまた明日。明日はソファの張替えから完成までの具体的な流れです。笑)


f0160063_09235307.jpg






by novou | 2019-02-11 09:33 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
2019年 02月 07日

ただいま冬眠中!

ただいま入院中です。
冬眠だと思っておとなしくしています。


先日、宝島社から「心地よく暮らす大人のインテリア」というムックが送られてきました。

去年の暮れの押し迫った時期に取材を受けたものです。

「眺めのいい部屋」というテーマで、6ページにわたって紹介いただき、
さらに、裏表紙や章扉にもわが家の写真を使っていただきました。
ただ、テキストにいくつか校正ミスがありました。ちょっと残念!

f0160063_20303747.jpg

そして、わが家はただいまキッチンと玄関、ユーティリティーのリフォームを計画中です。

入院中なので構想はふくらむばかりですが、なにぶん予算が…。

構想が妄想にならないように頑張ります。




f0160063_20302847.jpg


連絡事項

病室はWi-Fiの接続がないので、blogの更新はできません。
blogを見ていただいている方で、FBやInstagramで繋がっていない方は、
よかったらボクと繋がってください。
入院中は退屈なもんで…(笑)。








by novou | 2019-02-07 20:34 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
2019年 02月 03日

植え替えの季節

f0160063_14424212.jpg

早くも2月である。

園芸家にとって2月はバラの冬剪定や植え替えの時季である。
それなのに、庭は冬枯れのままで荒れ放題だ。

庭に愛情がなくなった訳ではない。
こうして大量の培養土や鉢を準備しているのだ。

ただ、カラダがいうことを聞いてくれない。
数日前からまた貧血になってしまったようだ。

SNSでは梅やミモザやムスカリの開花情報もアップされているが、拙庭はまだまだだ。

ビオトープのレンガの隙間から生えてきた羊歯の写真でも貼ってお茶を濁すとしよう。

f0160063_14425255.jpg


by novou | 2019-02-03 15:05 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2019年 02月 02日

家族が増えました

f0160063_15193953.jpg


先日IKEAに行ったら愛くるしいヤツと目が合ってしまって連れて帰りました。

チンパンくんとチュー助です。

チンパンくんは正式には大きい方(かたと読んでね)がオチンパンくんで、小さい方がコチンパンくんです。

チュー助は時々ブチュー助になって唇を奪いに来ます。

オチンパンくんはとっても肌触りもよく、あたたかいので冬の間は可愛がるつもりです。

それではみなさん、よい週末を!


f0160063_15193583.jpg
f0160063_15194343.jpg
f0160063_15194734.jpg



by novou | 2019-02-02 15:22 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)