人気ブログランキング |

東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ
2019年 06月 09日

代官山三大ジャカランダ

f0160063_07442208.jpg

花の美しい季節です。
散歩していても、心が和んで楽しいですね。

旧山手ストリートを歩いていると、美しい紫色の花に目が留まります。
世界三大花木の一つジャカランダです。

この花、都内ではあまり目にしない珍しい植物なので、足を止めて写真を撮る人が多いですね。

咲いているのはドミニコ教会とハリウッドランチマーケットの前。

ボクはわが家のベランダのジャカランダと合わせ、この三つを「代官山三大ジャカランダ」と勝手に呼んでいます(笑)。


あと、目黒川沿いの中目黒公園にも大きなのがあります。


わが家のジャカランダ、残念ながら今年は咲かないようです。トホホ…。


f0160063_07442514.jpg



# by novou | 2019-06-09 07:46 | 町内散歩 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 08日

魔法のカレー


「蒼井優ちゃんが南海キャンディーズの山ちゃんに最初に作った料理はカレーなんだって」とオクさん。
「ふ〜ん」とボク。

「カレーはカレーでもね、グリーンカレーなんだって」
「……」

「ウチも最初に作ったのはグリーンカレーだったよね」
「……」

「山ちゃんは優ちゃんのグリーンカレーのおいしさにイチコロだったみたい」
「……」

「ウチとおんなじだよね。ヒヒヒ…」
「……」


あの時、グリーンカレーに、ナニかもったな…。



明日、わが家は結婚記念日。

グリーンカレーを食べてから、かれこれ30年になります。

f0160063_19181169.jpg
              いま、グリーンカレーはベランダ産バイマックル入り。
f0160063_19181646.jpg
              今夜はカボチャプリンのおまけ付き


# by novou | 2019-06-08 19:22 | いつもふたりで | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 07日

かすかべ

f0160063_05180435.jpg

昨日は訳あって春日部へ。

春日部は日光街道の宿場町。
1944年までは粕壁(宿)と表記していたが町村合併により、春日部の表記になった。
そのため、駅名は春日部だが住所表記は粕壁という地域が現在でも残っている。

春日部といえば大塚家具の創業の地である。
古くからの特産品に桐箪笥があり、大塚家具ももともとは桐箪笥屋であった。
親娘の確執で会社は分裂したが、匠大塚の本社本店は現在も聖地・春日部にある。

f0160063_05181496.jpg

大落古利根川や日光街道沿いをぶらりと1時間ほど歩いてみたが、田舎は日差しを遮るものがないので散策するには暑すぎた。

f0160063_05185684.jpg
f0160063_05185975.jpg
f0160063_05190211.jpg
f0160063_05190686.jpg
f0160063_05190862.jpg
f0160063_05191036.jpg
f0160063_05191362.jpg
f0160063_05191588.jpg
f0160063_05192211.jpg

帰りは浅草で途中下車。そして、どぜうで一杯。
この季節のどぜうは卵を孕んでいて美味いのだ。

f0160063_05193336.jpg
f0160063_05193828.jpg
f0160063_05194039.jpg
f0160063_05194449.jpg






# by novou | 2019-06-07 05:23 | 番外編 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 04日

青春! 紀伊国屋ホール

f0160063_22052832.jpg

紀伊国屋ホールで豊原功補の芝居を観た。
「後家安とその妹」。
古典落語を芝居にしたものだ。

制作会社はKYON2が社長を務める㈱明後日。

入り口ではKYON2本人が出迎えてくれた。

握手をしたかったがシャイなもんで…、ただ遠くで眺めていた。



紀伊国屋ホールはボクの青春である。

つかこうへいも東京ヴォードヴィルショーも荒井由実もみんなここで観た。


f0160063_22053423.jpg

紀伊国屋の1FとB1は名店街になっている。

そこに「モンスナック」という古くからやっているカレースタンドがある。
ここのカレーがうまい。

カレー好きは「カレーは飲み物」とよくいうが、モンスナックのカレーはシャバシャバでまさに飲み物。
ゴクゴク食べられる。

壁には紀伊国屋ホールに出演した俳優や芸人、作家たちの色紙が貼ってある。

井上ひさしは「思案がつきたらカツカレーを食べて寝るのが一番」
永六輔は「僕の紀伊国屋の食堂で生卵入りカレーライス」と書いている。

10年ぶりくらいに食べたカツカレーは昔のまんまの味だった。

やっぱ、いい店だなぁ。

カツカレーはこの日サービスデーだったので800円。

おばちゃんはおつりと一緒に玉子サービス券をくれた。

また来よう。
f0160063_22054334.jpg
f0160063_22054158.jpg
f0160063_22062433.jpg
f0160063_22060523.jpg
f0160063_22055034.jpg

名店街には「KAGAYA」という喫煙具やナイフを扱う店もある。

45年前にここでZippoを買った。

そのZippoはもうない。

新宿の飲み屋でバイトをしていた昔の彼女にあげたのだ。


f0160063_22063587.jpg


新宿に来るともう1軒寄りたい店がある。

ジャズ喫茶の「DUG」。

ボクらの世代は新宿のジャズ喫茶といえばDUGかびざーるか木馬だった。

びざーるも木馬ももうないのでDUG。

久しぶりにコーヒーを飲みながらジャズを聴いた。

いい音だ。

また通いたくなった。



新宿には妙なフェロモンがあって男を誘ってくる。

今日観た芝居もそんな感じだったなぁ。(←どんな感じだよ…?)


f0160063_22070227.jpg
f0160063_22070598.jpg
f0160063_22070796.jpg


# by novou | 2019-06-04 22:16 | 番外編 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 03日

パリのアガパンサス

6月になったのでベランダの様子を少し…。
f0160063_06324903.jpg
冬の間、丸裸だったジャカランダがやっとふさふさしてきた。

今年はマンションの大規模改修で不遇をかこっているが、何とか花を咲かせて欲しい。


白花キョウチクトウは強剪定して枝が広がらないように縛ってあるのだが、生命力が強い植物なので僅かだが花を咲かせている。
f0160063_06325368.jpg
トゲナシウチワサボテンは冬の間に冷たい風に当たって痘痕(あばた)だらけになってしまったが、赤ん坊がたくさん出てきている。

そういえば昨日散歩をしていたらオリーブスパの柱サボテンに花がついていた。

といっても柱サボテンの花は夜に咲いて、朝になるとしぼむので、開花している様子は見ていない。

わが家の柱サボテンはもう10年以上育てているがまだ一度も咲いたことがない。なぜだ?

f0160063_06325540.jpg
f0160063_06325825.jpg
最後はアガパンサス。

このアガパンサス、実はパリジェンヌだ。

オクさんがパリの町から種を失敬して持ってきたのだ。

3年かかったが今年1本だけ花を咲かせそうだ。

f0160063_06344696.jpg
昨夜はベランダでご飯。

焼きましたものは代官山朝市で買ったヤングコーン、ハリコ(サンマの幼魚)、沼津のアジ、サルシッチャ、信濃屋の鶏皮、しいたけのベーコン巻きなどなど。

アジを売ってたおっちゃんが「このアジ食べたら他の食べられなくなるから騙されたと思って買ってきな」っていってたけど、ホント美味かった。

サンマは目黒、アジは沼津にかぎるな…。

f0160063_06331907.jpg
f0160063_06332118.jpg
f0160063_06332308.jpg
f0160063_06332734.jpg
f0160063_06333000.jpg
f0160063_06333387.jpg
f0160063_06333825.jpg
f0160063_06334034.jpg
              (オクさんがこさえたイカのわたの塩辛。うま味のかたまりでした)







# by novou | 2019-06-03 06:42 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 01日

YOKOHAMA NIGHT

f0160063_08482767.jpg
f0160063_08482199.jpg
f0160063_08483411.jpg
f0160063_08484073.jpg
f0160063_08492774.jpg
f0160063_08492988.jpg


30年ほど前に横浜の本を作った。

中華街の入り口にあったホテルに連泊して取材した。

元町の人気ブティック、日本で最初のベーカリー、外人墓地、氷川丸…。

なかでも印象深かったのが中華料理屋を営む華僑の家族だ。

家長を中心に仲が良く、結束が強い。

夕方になると店の隅の丸テーブルに一族が集まり、楽しそうに賄いを食べる。

そんな様子を見たくて、ボクは年に何度かこの店を訪れる。

子どもたちは大きくなって、孫ができ、家族の人数はさらに増えた。

この日も家族が店の隅で食事をしていた。

話題は映画の話だった。

どうやら店でロケ撮があるらしい。

「最近は映画を撮るにもコンプライアンスがうるさいらしいね」
「そうなんだよ。俳優のNさんの話なんだけど、Nさんが人を殺しに行く時に演技でタバコを道に捨てたんだって。そしたらカットが掛かって、助監督にそれは完全にコンプライアンス違反だって。じゃあ、人を殺しに行くのはコンプライアンス違反じゃないのかよってことだよね」。
(一同大笑い)。

こんな話を小耳に挟みながら北京ダックを頬張るってシュールだよね。


ボクはこの店も、ここの家族も大好きなのさ。


f0160063_08485334.jpg
f0160063_08492400.jpg
f0160063_08484921.jpg
f0160063_08490271.jpg
f0160063_08491078.jpg
f0160063_08491288.jpg
f0160063_08493207.jpg
f0160063_08493571.jpg




# by novou | 2019-06-01 08:54 | 番外編 | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 31日

十八番!

f0160063_14532441.jpg
f0160063_14532739.jpg
インスタやFBで繋がってない方には唐突な話で申し訳ないのですが、誕生日に「どこか行きたいお店はないの?」とオクさんに聞かれて、一も二もなく「十八番!」と答えたボクなのでした。
f0160063_14534239.jpg
で、十八番にGO!

伺ったのがちょうどランチの1回転目が終わった時間。
ご近所のサラリーマンがつまようじを咥え、会計をしてバラバラと出てきたので、すぐに席に着く事ができました。

店はKITANACHELINの☆☆☆ですから、お世辞にも清潔とはいえません。
壁の品書きやカウンターは油やら汁の染みやらで、いい感じに汚れてます。
f0160063_14533399.jpg
f0160063_14533650.jpg
f0160063_14534575.jpg

暑かったのでまずはビールを注文。

テーブルにグラスをトントンと置いて、おかあさんが冷蔵庫からアサヒの中瓶を出してきます。
そして王冠をすぽっと抜いて、な、なんと、おかあさんが注いでくれるではありませんか。

突き出しはザーサイ。
そして「これサービスです」と、ナムル風の味付けもやしもテーブルに置かれます。

もうこれだけで、惚れてしまうやないかぁ〜っ。

ビールを飲みながらメニューを見て、「さぁ、何を食べようか?」と考えます。

壁にもいろいろお勧めが張り出されています。

迷いに迷って、選んだのはラーメンと半チャーハンとギョーザ3個が付くCセット。
半チャーハンは半麻婆丼や半中華丼に変更も可能なのですが、初手はやっぱり半チャーハンでしょう。

そしてオクさんは酢辣湯麺。



味の事は野暮になるのでここでは書きません。

ボリュームいっぱいでしたが、残さず食べれるおいしさです、とだけ言っておきましょう。

近くに行ったらまた寄ります。

ホントは寄席にでも行って、晩飯は寿司でもつまもうと考えていたのですが、2人とも腹いっぱいで動けなくなり、この日はとっとと帰って寝たのでした。

デブまっしぐら!

罪なヤツだぜ十八番!


f0160063_14542740.jpg
f0160063_14535045.jpg
f0160063_14535226.jpg
f0160063_14535464.jpg




# by novou | 2019-05-31 15:00 | 番外編 | Trackback | Comments(0)