東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ
2019年 01月 12日

渋谷ご近所?散歩(表参道&キラー通り界隈)

f0160063_10552957.jpg



住所でいうと神宮前1丁目から4丁目あたりをぶらぶら。
竹下通りはあんな事件があったばかりなのに観光客で大賑わい。
まともに歩けないほどでした。


f0160063_10553743.jpg
f0160063_10553384.jpg
f0160063_10553519.jpg
f0160063_10553910.jpg
f0160063_10553039.jpg

キャットストリートから1本入ったところにあるおいしいそば屋さんに行ったら、中国人観光客の大行列。
あきらめてこの日は結局お昼抜きでした。トホホ。


f0160063_10554044.jpg
f0160063_10554232.jpg
f0160063_10552435.jpg
f0160063_10552690.jpg




# by novou | 2019-01-12 10:59 | 町内散歩 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 10日

同潤館 !?

f0160063_18265675.jpg


青山同潤会アパートが取り壊されたのは2003年。
2006年には安藤忠雄の設計で表参道ヒルズが完成した。
写真は表参道ヒルズの東端。

ボクはずっと青山同潤会アパートの1棟を修復して保存したものだと思っていた。

でも調べてみると、この部分は同潤会アパートで使用されていた部材を再利用し復元したもので、
正確には同潤会青山アパートではなく表参道ヒルズ同潤館というらしい。

いまや同潤会建築はすべて姿を消してしまったので、
同潤館は復元ではあるが、当時の雰囲気を伝える唯一の建物となっている。



f0160063_18270055.jpg







# by novou | 2019-01-10 18:32 | 街の記憶 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 09日

建築家・東孝光の自邸

f0160063_10051556.jpg



青山のキラー通りを歩いていたら有名な建築を見つけた。
建築家・東孝光(あずまたかみつ)の自宅兼事務所だ。
「塔の家」と名付けられたこの建物は1966(昭和41年)の竣工で、彼の出世作でもある。

東は塔の家を含む一連の「都市型住宅」を手がけたことで、1995年に日本建築学会賞作品賞を受賞している。

Wikipediaによれば、「狭小住宅としておそらく最も有名な作品」で、玄関を除けば、トイレも浴室も含め扉が一切なく、間仕切りもない。吹き抜けで開放的な空間設計が狭さを感じさせず、都心に住む醍醐味を満足させ、東の師坂倉準三の師であったル・コルビュジエの主張する「新しい建築の5つの要点(ピロティ、屋上庭園、自由な平面、水平連続窓、自由な立面~近代建築の五原則)を踏まえている、と言える。
とある。

以前、TVでも紹介されていたが、一度この目で中を見てみたい。


f0160063_10051850.jpg
f0160063_10052004.jpg



# by novou | 2019-01-09 10:08 | トーキョースナップ | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 08日

東京散歩(渋谷編)

冬枯れのベランダはとくに見るべきものがないので、しばらくは散歩の投稿が続くと思います。

今回は渋谷。現在、駅周辺は再開発中で工事は2027年まで続くらしい。

生きてんのか、オレ?

R246を下り、駅周辺をうろつき、明治通り、そこから裏道のキャットストリートを歩きました。

目標1万歩!


f0160063_11143739.jpg
f0160063_11150673.jpg
f0160063_11151380.jpg
f0160063_11151919.jpg
f0160063_11153142.jpg
f0160063_11153523.jpg



# by novou | 2019-01-08 11:23 | 町内散歩 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 07日

週末散歩(田町 慶応仲通り商店街)

f0160063_12355403.jpg
f0160063_12355877.jpg
f0160063_12360170.jpg



恵比寿3丁目でバスを降りるつもりが乗り過ごし、終点の田町まで来てしまった。

まぁいいか。ちょっと探検してみる。

日曜日だったので慶仲(慶応仲通りの事を地元の人は略してこう呼ぶらしい)は閑散としている。

最近はキャンパスが分散化しているので、平日でも昔ほどの賑わいはないのかもしれない。
今度確かめに来てみよう。



f0160063_12360433.jpg
f0160063_12360761.jpg
f0160063_12361017.jpg
f0160063_12361309.jpg
f0160063_12361893.jpg


田町駅の近くに稚内漁港&稚内牧場という店を発見。
ホッケが食べたくなった。





# by novou | 2019-01-07 12:39 | トーキョースナップ | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 05日

猿楽町歩道橋

f0160063_10274030.jpg
f0160063_10275146.jpg

ドリカムやゆずの歌にも歌われた代官山の猿楽町歩道橋が今年撤去される。
橋歴板には「1970年3月東京都建造」と書かれているからすでに設置されてから49年も経っている事になる。

歩道橋が普及し始めたのは1964年の東京オリンピック以降だ。
とくに美濃部都知事時代(1967年〜1979年)に一気のその数を増やした。

猿楽町歩道橋もそのひとつ。

猿楽町歩道橋が設置された年の交通事故による1年間の死者は全国で1万6765人にものぼる。
2014(平成26)年までの統計の中で最悪だった。

経済成長に伴って、モータリゼーションが進んだ結果、交通事故による死者が急増し、そして「交通戦争」という言葉まで生まれた。

ちなみに「交通戦争」は交通事故の死者数の水準が、日清戦争での日本側の戦死者数(2年間で1万7282人)を上回る勢いで増加したことから、この状況は一種の「戦争状態」であるとして付けられた名称だそうだ。

歩道橋の設置によって確かに交通事故は減ったのだが、地域の生活を考慮した細やかな配慮は見られなかった。
猿楽町歩道橋が狭い舗道に強引に橋脚を建て込んだことを見ても、なり振り構わず歩道橋を設置したことが分かる。

歩道橋を撤去すれば重要文化財の「旧朝倉家住宅」へのアクセスを容易にし、代官山に新たな回遊性が獲得されるメリットがあるとされている。

撤去後はガードレールや植栽も撤去され「信号による横断歩道の設置」と「自転車道の整備」が行われるそうだ。



原宿の表参道歩道橋が撤去されたことはまだ記憶に新しい。

近年はバリアフリーや景観の問題から歩道橋を見直し、撤去する例が多くなってきている。
時代の趨勢なんだろうな。

だけどボクは猿楽町歩道橋の上から旧山手通りを眺めるのが好きだった。


代官山の歩道橋の上から 眺めているのは
変わらぬままのオレンジの夕陽 街を染めてゆく
お金はないが持て余した時間 夢ばかり膨らんでた
すれ違う若者達にあの頃の僕らを重ねて

古着屋をめぐって抱えた荷物 くたびれてベンチに座って
寒空の下の公園だって ずっと語り合えた
いつかこの街に住んでみたいなと瞳を輝かせながら
午後ティーをカイロ代わりに互いの手を暖めた

(以下略 ゆず「代官山リフレイン」 作詞、作曲北川悠仁)


ゆずはあまり好きではないが、この歌詞は代官山に住む事を夢見たボクにはグッとくる。


参考・代官山建築エッセイ No.6代官山歩道橋(元倉眞琴)、朝日新聞、Wikipedia

f0160063_10322930.jpg
f0160063_10274634.jpg





# by novou | 2019-01-05 10:34 | 街の記憶 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 02日

正月にジャムを煮る

だらだらと正月を過ごしている。

ボクは箱根駅伝をTV観戦中。

部屋にはいい匂いがしている。

オクさんが台所で、ことことジャムを煮ているようだ。

冷凍庫で保存してあったベランダで採れたベリー類だ。

ラズベリー、ブラックベリー、イチゴ、ブルーベリー、アロニアetc。

仕上げにレモンの皮をすり下ろすのだが、このレモンもベランダ産だ。

砂糖は控えめがわが家の流儀。

お節にも飽きてきたので、あすの朝、早速いただくとしよう。


f0160063_11423913.jpg
f0160063_11424304.jpg
f0160063_11424607.jpg
f0160063_11424859.jpg




# by novou | 2019-01-02 11:43 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)