東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 17日

ベルガモット

f0160063_14320294.jpg


ベルガモットが咲くとたくさんの蜂が蜜を吸いにやって来る。
この花、別名をビーバームといって、蜂がよく集まる蜜源植物なのである。


ベルガモットには赤花もあって、これはムラサキツメクサに似ている。
そういえば子どもの頃、学校帰りにムラサキツメクサの花を摘んでは、ちゅーちゅーと蜜を吸っていたっけなぁ。

ベルガモットも吸ってみた。

こちらは蜜の味というより、柑橘系の味がする。

もともとベルガモットという名は、ミカン科のベルガモットオレンジに香りが似ていることから同じ名が付けられたという。

柑橘のベルガモットオレンジといってもあまり馴染みがないかもしれないが、紅茶のアールグレイはベルガモットオレンジで香り付けしたもの。

ハーブのベルガモットの若い葉はサラダやワインの香り付けに、花びらはサラダに散らしたり、パンやクッキーに焼き込んでもおいしいらしい。

たくさん収穫できたら試してみたい。


f0160063_14320604.jpg

[ベルガモット]

科名 シソ科
属名 モナルダ属
学名 Monarda didyma
原産地 北アメリカ
別名 タイマツバナ・ビーバーム




[PR]

# by novou | 2018-06-17 14:33 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 14日

ベランダはただ今、紫!

f0160063_13192139.jpg

紫陽花、篭口、花菖蒲とベランダでは紫色の花たちが咲き競っている。

今年は春先の手入れがよかったせいか三者とも花付きがよく、庭主は至極ご満悦なのである。

篭口はクレマチス・インテグリフォリア系の半つる性品種で、花は濃い紫色のベル形。
色、形、大きさのバランスに優れ、この系統を代表する日本の名花である。


f0160063_13192412.jpg

f0160063_13192713.jpg

クレマチス

キンポウゲ科センニンソウ属(クレマチス属ともいう)。
園芸用語としては、このセンニンソウ属の蔓性多年草のうち、花が大きく観賞価値の高い品種の総称。修景用のつる植物として人気があり、「つる植物の女王」と呼ばれている。
テッセン(鉄仙)およびカザグルマ(風車)はクレマチス(センニンソウ属)に属する種の名前だが、園芸用のクレマチスを指して「鉄仙」や「カザグルマ」の名が使われることもある(Wikipedia)。




f0160063_13201521.jpg
f0160063_13201816.jpg



一方、花菖蒲。

よくアヤメとカキツバタとハナショウブの見分け方がクイズになるが、この三者はいずれもアヤメ科アヤメ属の植物で、その見分け方は、アヤメは草原のような場所に咲き、花芯に網目がある。カキツバタは湿原に咲き、花芯は白。ハナショウブは湿原と草原の中間のような場所に咲き、花芯は黄色。ただ、最近は園芸品種がたくさん出回っていて見分けが付きづらくなっている。

ちなみに、わが家の花菖蒲(たぶん)は、ビオトープに鉢ごとどっぷりと付けて育てているが、毎年、花を咲かせる。カキツバタなのか??? 自信がない。



f0160063_13202186.jpg




[PR]

# by novou | 2018-06-14 13:21 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 13日

巨峰

f0160063_09214696.jpg


ここんところの巨峰の生長が凄い。

2週間ほど前に粒抜き(過密な粒を間引いて房の形を整え、つぶれを防ぐ)をしたので、一粒一粒がどんどん肥大化している。

房の形もいつになくよろしい。

もう少しすると緑色の果実が一粒だけポッと赤紫色に色づく。

これを「飛び玉」というのだが、この飛び玉が出たら袋がけのタイミング。

ことしはヒヨドリさんに一粒もあげないのだ。



f0160063_09220733.jpg
f0160063_09225031.jpg
f0160063_09231207.jpg


[PR]

# by novou | 2018-06-13 09:26 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 12日

ナツハゼとアジサイ

f0160063_17081037.jpg



睡蓮鉢にかかったアジサイとナツハゼが美しい。

ナツハゼの名は夏にハゼのように紅葉するからついたとされるが、わが家のナツハゼは6月だというのに早くも色づいている。

今年の植物たちはどいつもこいつもフライングだ。

ナツハゼの秋に黒く熟した果実は甘酸っぱくて食べることができる。

昔は山里の子どもたちのおやつだったし、山歩きでこの実を見つけると元気が出た。

そういえばブルーベリーもツツジ科スノキ属。

日本のブルーベリーといわれる所以である。





f0160063_17081294.jpg


[PR]

# by novou | 2018-06-12 17:09 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 11日

人生はブルースだ



6月9日、

ロックの日に結婚25周年を迎えた。

皇太子夫妻と同じ銀婚式だ。

ボクはオクさんよりひと回り年が上なので25年も経つと、かなりのポンコツだ(体形もポンコツの代表、サマーズ三村に似てきているw)。

で、最近はいろいろと厄介をかけている(ようだ)。


人生はブルースだ。


f0160063_06031032.jpg
f0160063_06033465.jpg
f0160063_06034051.jpg


結婚記念日は家で遅くまで撮影があったり、ボクが腹をこわしたり(ここもポンコツ!)で、晩めしも乾杯もなしだった。


皇太子は雅子妃に銀メダルを贈ったそうだが、ボクは25年の感謝を込めてbouquetを贈った。



f0160063_06083489.jpg


Thank you for your kindness
Thank you for your tenderness
Thank you for your smile
Thank you for your love
Thank you for your everything…







[PR]

# by novou | 2018-06-11 06:12 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 07日

ハーブの収穫

昨日の雨を吸ってハーブたちがぐぐーんと大きくなってきた。

そこでバジルやミント、タイムをとりあえず使う分だけ収穫。

ハラペーニョも大きくなってきたし、青じそもわさわさだーw

ちぎって手巻き寿司が食べたいぞ!



f0160063_11032157.jpg
f0160063_11032712.jpg
f0160063_11032593.jpg

[PR]

# by novou | 2018-06-07 11:09 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 06日

クチナシの香り

蒸し暑いので寝室の窓を開けたらクチナシが香った。

湿気を帯びた陰鬱な香りだ。

英語名は「ケープ・ジャスミン(Cape jasmine)」。

ジャスミンに似た甘くて濃厚な香りがするからか…。

昔、女性たちはこの花を着物のたもとに潜ませて、男を誘ったという。

なるほど、洋装より和装に合う香りかもしれんなぁ。



f0160063_05500993.jpg




渋谷はすでに雨。

昨日の天気予報では、関東は今日にも梅雨入りすると報じていた。

ベランダーとしては水やりの手間がなくなるので、梅雨入り大歓迎。

庭に出ると紫陽花もバラたちも雨に濡れて、みんな活き活きしている。

植物たちは梅雨時にぐんぐん生長するんだなぁ。

さあ、朝のコーヒーでも淹れようか…。






f0160063_05501915.jpg
f0160063_05502219.jpg
f0160063_05503174.jpg
f0160063_05503444.jpg
f0160063_05503751.jpg





f0160063_05513819.jpg






f0160063_05504087.jpg



[PR]

# by novou | 2018-06-06 06:10 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)