人気ブログランキング |

東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ
2019年 05月 16日

三崎〜小田原〜小三治②



月曜日、小田原へ。

小田原へ行くにはロマンスカーに限る。

学生時代から15年ほど小田急沿線に暮らした。

暮らした順に駅名を挙げれば、伊勢原〜小田急相模原〜相模大野〜町田〜参宮橋〜新宿、となる。

だからロマンスカーに乗れば、ボクは住んだ町を一気に遡ることになる。
ロマンスカーはボクのタイムマシーンなのだ。

多摩川を渡る、相模川を渡る、その度に苦くて酸っぱい青春の想い出が甦ってきて涙が出そうになる。

旅の目的は鰻と江之浦測候所。

江之浦測候所はギャラリーでも美術館でも公園でもない。
完全予約制の海と、天空を展望するための特別な場所。
相模湾に面した広大な土地に杉本博司が建築遺構から収集した貴重な遺物を随所に配した。

超人気の施設だが、GW後の平日なので何とか午後の当日予約がとれた。


鰻のTは電話で鰻の確保はできるが、入店時間の予約はできない店。
だから30分から1時間ほどは待つ事になる。
でも、それほどの価値がある鰻だ、と思う。



話を江之浦測候所に戻そう。

最寄り駅は小田原市の東海道線根府川駅。
根府川はJR東海道線の中でもっとも乗降客数が少ないといわれる駅だが、渡線橋からは相模湾が見渡せ、晴れていれば大島も見える。
「関東の駅100選」にも選ばれている素敵な駅だ。

ここから江之浦測候所までは急峻な山道を45分ほど歩く事になるが、無料のシャトルバス(これも予約制)が出ている。
もちろんコレを利用する。10分ほどで到着。

f0160063_02151397.jpg
f0160063_02164771.jpg

展示物に関して具体的な事は書かない。

無粋になるからだ。

すべてが素晴らしい。

ひと言添えるとすれば、江之浦測候所はバリアフリーでもないし、カフェやレストランといった今どきの飲食施設もない。

ここは山だ。

訪れたものは「見る」という行為がプリミティブで、修験のようにエネルギーを使うものだということを体験することになる。


足腰が元気なうちに、そして、鰻でスタミナをつけてから、ぜひ!



f0160063_02152679.jpg
f0160063_02174571.jpg
f0160063_02180761.jpg
f0160063_02183803.jpg
f0160063_02184209.jpg
f0160063_02185130.jpg
f0160063_02185585.jpg
f0160063_02190305.jpg
f0160063_02192755.jpg
f0160063_02193089.jpg
f0160063_02193226.jpg


f0160063_02193936.jpg





# by novou | 2019-05-16 02:27 | 番外編 | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 15日

三崎〜小田原〜小三治①


3日間、羽を伸ばした。

GWは庭仕事に忙殺されたので、ちょっと遅めのお休み、なのだ。

オクさんが出張中という事もあったしね。


日曜日、三崎港までドライブ。

実は2年ほど前に三崎の古道具屋で梯子を買った。
買ったはいいが、鉄の梯子なので重い。
その時は電車だったので持ち帰れず、支払いだけして、取り置きしてもらう事にした。

古道具屋のおやじの話では江ノ電の信号機の梯子だったらしい。

その後、何度か三崎に行ったがいつも電車だったので梯子はずっと店に置きっぱなし。
去年は体調を崩し、4回も入院したので三崎に行く事はなかった。

で、日曜日に意を決して梯子を受け取りに行ったというわけだ。

三崎までのドライブは楽しかった。
クルマはレインボーブリッジ〜羽田〜川崎の工場地帯〜横浜ベイブリッジ〜本牧と抜けていく。

川崎の工場地帯を抜ける時はブレードランナーの近未来の世界を空飛ぶクルマで駆け抜ける感じで気分が高揚する。

1時間半くらいで三崎港に到着。

クルマで行くからには前から気になっていた古物も連れて帰ろうと決めていた。

大きなラジオ、重たい薬研、昭和な金魚鉢を破格で譲ってもらった。

良い買い物をした。

アナログラジオのある生活っていいね。

薬研と金魚鉢の写真はまた今度…。

f0160063_10542165.jpg
f0160063_10545003.jpg
(江ノ電の信号機の梯子。ただいま玄関に仮置き中)

f0160063_10544420.jpg
f0160063_10544605.jpg


# by novou | 2019-05-15 11:01 | 番外編 | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 12日

取り込んだ植物とメダカの赤ちゃん

ベランダ改修のため部屋の中に取り込んだ植物がいい感じ。
f0160063_09090347.jpg
f0160063_09091312.jpg
f0160063_09090796.jpg

バラもスイレンも咲いているが、今年はちゃんと愛でてやれないのが残念だ。
これほどの密植だと、蒸れて病気になるんだろうなぁ。
対策を考えよう。
f0160063_09091727.jpg
f0160063_09091998.jpg
f0160063_09092156.jpg
スイレンなどの水生植物はビオトープの撤去に伴い、バケツに仮置き中。
金魚やメダカは死んでしまったが、今朝、メダカの赤ちゃんを発見。
この子たちは工事中も何とか元気に育って欲しい。





# by novou | 2019-05-12 09:12 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 10日

リッツばあさんとタケノコ

以前、ハハのキャラメル事件のことを書いた(コチラ)が、最近はリッツに変わったようだ。

ハハは週に3回デイサービスに通っている。
かばんの中にリッツを5個ほど忍ばせて…。

デイサービスに食べ物を持ち込む事は禁止されていて、ハハはこれまで施設長に何度も注意されている。

で、ハハは考えた。お迎えの介護士さんやドライバーさん、車に一緒に乗り合わせるジイサンバアサンに「食べなっ!」とリッツを配るのだ。これなら施設に食べ物を持ち込む訳ではないので反則にならない(たぶん…?)。

味をしめたのか、近ごろこれがエスカレートしている。
我がマンションに最近、小さな子どものいるファミリーが引っ越してきた。
となりの部屋にも保育園に通う小さな子どもが2人いる。

親御さんは会うたびに「いつもうるさくて申し訳ありません」というが、ボクはちっとも気にならない。
子どもの声が聞こえる集合住宅というのは明るいし、コミュニケーションも取りやすい。

で、ハハはエレベーターで子どもたちと一緒になると「ボクちゃんにいいものあげる」と大阪のアメおばちゃんみたいに「はいっ!」とリッツを配るのだ。

先日、マンションの玄関を入ると管理人さんに呼び止められ「いつもお母さまにいろいろいただいてまして、ありがとうございます」と挨拶された。そしてタケノコをいただいた。管理人さんの前職は学校職員でその学校の敷地に竹林があって、毎年タケノコ狩りに行くのだそうだ。

この前、ハハの部屋の鉢植えに水やりに行ったら「あげる!」と、さも特別なものを渡すような顔で、やっとボクにもリッツをくれた。

ちょっと嬉しかった。


f0160063_09290896.jpg


# by novou | 2019-05-10 09:38 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 08日

GWは庭仕事

とうとう西のベランダをからっぽにした。

睡蓮鉢を撤去し、花を咲かせていたブラックベリーのグリーンカーテンを外した。
外すと当然の事ながら西日が眩しくてしょうがない(笑)。

2つあったヨドコーの大きな物置も南のベランダに移動した。
中に収納していたキャンプ道具や工具類はハハの部屋の納戸にしまった。

物置は2台の台車に載せて動かした。
「力持ちのオクさんでよかったでしょ!」とオサルさんはしたり顔だ。

業者に頼んでもよかったのだが、物置をひとつ動かすのに2万5千円もかかるといわれた。
半年後にまた元に戻すわけだから往復で10万円だ。

ホントに力のあるオクさんでよかった(笑)。

てなわけで、わが家のGWは庭仕事で始まり、庭仕事で終わったのでした。


f0160063_08562241.jpg

f0160063_08562489.jpg
f0160063_08562762.jpg
       渋谷はどこもかしこも工事中(クレーンはJTのあったところ。何やら高級マンションが建つらしい)。

f0160063_08563064.jpg
                  愛でてやる事はできなくなったが花は咲くのだ
f0160063_08563259.jpg
f0160063_08563433.jpg
f0160063_08563893.jpg
                      からっぽの西のベランダ

f0160063_08564076.jpg
               物置にのぼってたそがれる庭主(バカなので高いところが好き)。










# by novou | 2019-05-08 09:04 | 大規模改修 | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 30日

大規模改修いよいよ始まる

お久しぶりです。

1ヵ月半もblogを更新しなかったのは、体調を崩してまた入院していたのと、退院してからはマンションの大規模改修に備えてベランダの整理に忙しかったからなのです。


平成最後の日、東京は雨です。

で、きょうは久々に庭仕事を休んで、こうしてblogを書いているというわけです。

ここんところずっと独りで庭と向き合っていました。

この部屋に越してきて16年、少しずつ作り上げた庭でした。

デッキを敷き、ぶどう棚を造り、池や睡蓮鉢を配置しました。
バラやクレマチスを育て、果樹やハーブも育てました。
250品種300鉢の植物がありました。

楽園でした。

雲の形が面白い、
夕日がきれい、
お月さんが出てる…、

春にはバラを、
夏には花火を、
秋にはかえでを、
冬には星を愛でて暮らしてきました。

天気がいい日にはベランダごはん。

16年間、ずっとベランダが生活の中心にありました。

いまは感謝の気持ちでいっぱいです。

GW明けからいよいよ大規模改修が始まります。
ベランダには足場が組まれ、窓はシートで覆われます。

すでに200鉢の植物を処分し、デッキもぶどう棚も池も撤去しました。

工事は床のウレタン塗装と壁、手すりの塗り替えが主ですが、会社と掛け合ってベランダを半分に分けて作業してもらう事になりました。

つまり、最初に西のベランダの植物や物置を南のベランダに移動し、工事が終わったら今度は南のベランダのものを西に移動するという段取りです。

工事が終わるのは11月の終わり。

それまでは「東京ベランダ通信」というより「マンション改修通信」として、折々にblogを更新するつもりでいます。

では、みなさん楽しいGWをお過ごし下さい。

ボクはさらに20鉢ほどの植物の整理と、要らなくなったレンガや鉢の処分を頑張ります。


f0160063_12493315.jpg
f0160063_12493795.jpg
f0160063_12494105.jpg
              (↑去年の5月の定点撮影)



f0160063_12502499.jpg
f0160063_12503325.jpg
f0160063_12503885.jpg
              (↑現在のベランダ)


f0160063_12590169.jpg
f0160063_12585763.jpg




# by novou | 2019-04-30 13:04 | ボクらのベランダ物語 | Trackback | Comments(2)
2019年 03月 17日

ぐ、ぐるじい!

f0160063_12412055.jpg
f0160063_12412452.jpg
ベランダはスモモもミモザも満開。
バラのツボミもぽつぽつとつきはじめている。
いつもなら2時間でも3時間でも庭仕事を楽しんでいる頃なのだが、今年は花粉症がひどく、そうもいかない。
くしゃみや鼻詰まりだけでなく、目もかゆいし、体中に湿疹も出ている。

夜中に何度も起きるので集中力もなく、一日中ぼうっとしている。

外出時には箱ティッシュを持ち歩きたいぐらいだ。

医者にはアレグラと点鼻薬と目薬と軟膏を処方してもらっているが、あまり効果を感じられない。

てなわけで、ベランダに出るにも決死の覚悟がいる。
庭仕事が終わると着ていたものを脱いで洗濯機に入れ、お風呂に飛び込んで花粉を流す。

今年は花粉の飛散量が例年の4倍、との事。

この時季はスギ花粉のない南の島で暮らしたいと本気で思う今日この頃なのです。

f0160063_12412852.jpg
f0160063_12413207.jpg
f0160063_12413502.jpg



# by novou | 2019-03-17 12:46 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)