東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

タグ:キトロージナ・プルケラ ( 1 ) タグの人気記事


2018年 02月 25日

キトロージナ・プルケラ

f0160063_16211426.jpg


先日、対流式ガスストーブを導入し、ぬくぬくとたいそう居心地がよくなったリビングで、ミニカトレアのリトルレディーと、野生ランのキトロージナ・プルケラが咲いています。

キトロージナ・プルケラは去年、花が終わったあとのものを買って育てました。
株も一年でずいぶん大きくなり、何とか咲かせることができました。
このランは香りもよく、とくに日中は、清涼感のある香りで楽しませてくれます。

高地に自生するランの種類は、一般的に夏の暑さに弱いのですが、このキトロージナ・プルケラは夏の暑さにも耐え、冬の寒さにも強く、ひじょうに育てやすい品種です。

キトロージナ・プルケラ
別名/オスモグロッサム・プルケルム、オドントグロッサム・プルケルム
ラン科キトロージナ属
学名/Cuitlauzina pulchella(= Osmoglossum pulchellum, Odontoglossum pulchellum)
原産地/メキシコ、グアテマラ、エルサルバドル、コスタリカ
多年草

中南米に自生する野生ランの一種。中高地の山地に生育するという。
園芸上ではオドントグロッサム属に入れられることも多い。
偽球茎をもち、そこから細長い革質の葉をのばす。
花茎は根元から起ち上がり、先に花を数花つける。
真っ白な花の中央には黄色い2つのアクセント模様があり、蘭を逆さまにしたような向きで咲く。
全体的にはやや小柄な種で、清楚な感じが日本人に好まれている。
以前はオスモグロッサム属に入っていたが、最近の分類ではキトロージナ属に移属された。



[PR]

by novou | 2018-02-25 10:08 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)