東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

タグ:タチアオイ ( 2 ) タグの人気記事


2009年 07月 03日

季節を計る物差し

2009/07/03(金)
曇りのち時々雨/23℃

ビオトープでハンゲショウが花穂を伸ばしている。
この花、雑節のひとつ“半夏生”(7月2日)のころに花を付け、花に近い葉の表側だけが白くなることから、“半化粧”(半分しか化粧ができていない)と名が付けられたそうだ。
別名は片白草。いまはあまり見かけなくなったが「この草の葉が三枚白くなったら梅雨が明ける」と教わった記憶がある。
f0160063_1830763.jpg
そういえばタチアオイも下の方から咲きはじめ、先端まで花が開くと梅雨も明けるといわれている。どちらも季節を計る物差しのような植物だ。(上の写真は目黒川沿いの空き地に咲くタチアオイ)
f0160063_1544579.jpg
我が家のハンゲショウはごらんの通り葉が一枚だけ白くなった。
梅雨も半ば、あと少しで夏本番となる。


                ●きょうのおやつ
f0160063_15463770.jpg
              オサル印のカステラと水無月
(水無月は京都では6月30日の夏越の祓いに、邪気祓いと暑気祓いとしていただくお菓子だけど、我が家では6月の中旬からオクさんが何度も作るので、毎日食べ続けている(TOT)。邪気が寄り付く隙なしだ <(^^))
[PR]

by novou | 2009-07-03 15:49 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 20日

目黒川の花畑

2008/06/20(金)

f0160063_12124573.jpgお昼の散歩をしてたら、
目黒川の日の出橋で
タチアオイとトランペットの群生を発見!

タチアオイは入梅の頃、
花穂の下から徐々に花を咲かせて、
上まで咲くと梅雨が明けるといわれている花。

昔は農家の庭先によく植えられていて、
花が咲き始めると
田植えの準備をしたんだとか。

タネを採取して、
来年は我がベランダでも、
ぜひ、咲かせたい。




f0160063_12134458.jpgトランペットは夕方になると
あま〜匂いを漂わせるけど、
花、葉、茎、根すべてに
アルカロイド系の毒があるので、
触ったあとはよく手を洗うこと。

それにしてもでかい花だ。
25㎝はある。

同じナス科で上向きに咲くのを
分類上ダチュラ、
下向きに咲くこの花を
ブルグマンシアと呼んでいる。





f0160063_12144339.jpg
[PR]

by novou | 2008-06-20 12:59 | 町内散歩 | Trackback | Comments(0)