東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

タグ:トキワシノブ ( 2 ) タグの人気記事


2011年 09月 02日

トキワシノブ

2011/09/02(金)
雨ときどきやむ/30℃
f0160063_10132873.jpg


雨上がりの朝、トキワシノブの緑が清々しい。
f0160063_10102369.jpg
トキワシノブは台湾や中国南部が原産のシダ植物だ。
一般的なシノブと違うのは、冬に葉が枯れないこと。

「名は体を表す」というが、トキワシノブの「トキワ」とは常磐、常盤、あるいは常葉の漢字があてられて、常緑であることを表す。

だから、トキワマンサク、トキワハゼ、トキワトラノオなども、ぜ〜んぶ常緑だw。

同じように、植物の和名によく使われる「寒(かん)」があるが、これは常緑という意味の他に、冬場の寒い時期に花や実をつける、という意味で使われている。
カンアオイ、カンラン、カンスゲ、カンボケ、カンツバキなんかがそれ。

こちらは東京ディズニーシーで見つけたムベ(アケビ科)。
よ〜く見ると実がたくさんついていますねぇ。
f0160063_10112428.jpg
ムベは別名をトキワアケビといいます。
落葉するアケビに対して、常緑であることからトキワアケビといわれるわけですね。

植物ってホント、面白いですね。
それではサヨナラ、サヨナラ、サヨナラ…。
[PR]

by novou | 2011-09-02 10:15 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 11日

ビオトープのリニューアル

2011/05/11(水)
雨/14℃
f0160063_2051379.jpg
きのうは最高気温28℃、午後から雨。5月にしては蒸し暑い1日でした。
めずらしく天気予報が当った1日でもありました。

きのうはビオトープのビニールクロスを張り替えました。
f0160063_2053583.jpg
ビオトープをベランダに作って3年たちます。
3年もたつとビニールクロスが劣化して、プラスチックみたいに硬くなり、角が割れて水漏れするのであります。
水位が下がって金魚もメダカも干上がりそうだったのです。
で、さぁたいへんと朝イチバンにホームセンターへ行って、新しいビニールクロスを買ってきたのであります。
f0160063_2055695.jpg
ビオトープは簡単に作れます。
ベランダの躯体からビニールクロスをU字に敷いて、四つ角をたたんで、煉瓦で押さえるだけ。安上がりだし、工夫をすれば、どこにでも作れます。

リニューアルしてきれいになったせいか、トンボもやって来ました。
f0160063_206253.jpg
たぶんシオヤトンボの♀のようですが〔自信なし…〕、ビオトープで産卵してくれるといいのにね…。
f0160063_2064486.jpg
こちらは和風コーナーの睡蓮鉢。
f0160063_2065872.jpg
ここには小学校の時に、裏山で発掘したアンモナイトと、オクさんが前にプレゼントしてくれた虫のオブジェを飾ってみました。

子どもの頃は、このアンモナイトと矢じりと土器の破片が宝物でした。
ノブ王であるための3種の神器が、この三つの宝物だったのです(なんのこっちゃ…)。
f0160063_2073312.jpg
こちらはカエルの水盤に飾ったトキワシノブ。
中国南部原産の常緑性(トキワ=常磐は常緑の意味)のシダです。
銀白色の毛で覆われた根茎が長く伸びて、ちょっとグロいところが気に入っています。

カエルさんはオクさんがおふらんすから連れてきました。
重いので漬け物石にもなります(^o^)!。
[PR]

by novou | 2011-05-11 05:03 | ビオトープ通信 | Trackback | Comments(0)