東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ベランダごはん ( 23 ) タグの人気記事


2018年 06月 01日

誕生日パーティーは肉祭り


f0160063_11034590.jpg
f0160063_11034979.jpg
f0160063_11035123.jpg
f0160063_11035443.jpg
f0160063_11035699.jpg



ベランダにガーランドを張って、囲炉裏テーブルを10人用に拡張する。
オクさんは前日から料理の仕込みにてんてこ舞い。

きのうはボクの誕生日パーティーだったのだ。

肉の日(29日)生まれなので、毎年、仲間が集まって肉を焼く。
今年は素晴らしい肉屋さんとの縁ができて、なかなか手に入らない希少なお肉が届いた。
それを炭火でじっくりと焼き上げる。





f0160063_11035906.jpg
f0160063_11040292.jpg
f0160063_11041080.jpg
f0160063_11041418.jpg
f0160063_11041820.jpg
f0160063_11042149.jpg
f0160063_11042537.jpg





おいしかったなぁ。

シンプルに焼くだけなので、それぞれの部位が持っている味の輪郭が際立ってくる。
みんな「すごい!」「おいしい!!」「たまらん!!!」を連発。
肉の味の奥深さ、っていうかエロさを堪能しましたw。






f0160063_11050299.jpg
f0160063_11133499.jpg
f0160063_11133665.jpg
f0160063_11134192.jpg
f0160063_11133969.jpg
f0160063_11151880.jpg
f0160063_11152212.jpg






幸せな夜でした。

たくさんのプレゼントや差し入れもありがとう。

長生きします!








[PR]

by novou | 2018-06-01 11:20 | ベランダごはん | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 28日

パリパリ鶏


昨夜もベランダごはんでした。

最近、食卓によく登場するのが「チクキュー」。

竹輪の穴にきゅうりを詰めたおつまみですね。

ビールにも日本酒にもよく合います。

オクさんの好物です。

f0160063_09022002.jpg


野菜も食べますよ。

昨夜は塩タマキャベツのコールスロー。

わが家の冷蔵庫には「おかずのもと」が常備されていて、コールスローは「おかずのもと」の塩タマキャベツに、お酢とマヨネーズを加えて作ります。

1分で完成。いつもどんぶり1杯食べちゃいますね。

大好物です。


f0160063_09022306.jpg


魚はいただき物のサヨリの干物です。

炭火で焼くと頭からパクっといけます。

おいしい干物を焼いて日本酒をキュッとやるのが、ベランダ炉端の醍醐味かもしれません。


f0160063_09022715.jpg
f0160063_09022995.jpg


さて、昨夜のメインは大山地鶏のパリパリ焼きでした。

骨付きのもも肉に塩と紹興酒で下味を付け、冷蔵庫でひと晩寝かせ、ベランダで8時間ほど風干しします。

脂や水分が落ちて、皮が少し黄色くなってきたら食べごろのサインです。

鶏のももはマリネしただけで焼いても十分おいしいのですが、干してから炭火で焼くと味がさらに絞まって、皮もパリパリ。たまらないおいしさです。


f0160063_09023538.jpg
f0160063_09023879.jpg
f0160063_09025093.jpg
f0160063_09025376.jpg

それにしても、最近食べすぎですかね。


f0160063_09025889.jpg

[PR]

by novou | 2018-05-28 09:06 | ベランダごはん | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 26日

焼き鳥、花火、朧月

こんばんは。

風もなく、いい夜です。

今夜は焼き鳥日和ですね。


f0160063_19563135.jpg
f0160063_19563545.jpg
f0160063_19563783.jpg
f0160063_19564183.jpg
f0160063_19564476.jpg
f0160063_19564754.jpg
f0160063_19564902.jpg

近所の鶏屋さんで大山地鶏を買ってきて、今夜も焼きましょう。

最近のお気に入りはお座敷スタイル。

椅子に座るより落ち着くのです。

酔っぱらったら、すぐにごろりとなれるしねw。


f0160063_19562923.jpg


ごろっとしたら、朧月がきれいでした。

お台場では花火もはじまりました。

みなさん、よい週末を…。



f0160063_19565162.jpg


[PR]

by novou | 2018-05-26 19:58 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 05日

立夏の朝


二十四節気の立夏だ。

きょうから立秋の前日までが夏。

野山は新緑に彩られ、かえるが鳴き、夏の気配が感じられるようになる。

f0160063_08453905.jpg
f0160063_08454175.jpg

ベランダの睡蓮鉢でミヤマオダマキが涼しげに咲いている。

古道具屋で買った瓦や灯台もなかなかの風情だ(笑)。


f0160063_08454776.jpg
f0160063_08454991.jpg

先日、飼いはじめたザリガニの姿がここのところ見えないなぁと思ったら、コンポストの下でカリカリに干からびていた。
なんか旨そうだなぁ(笑)。合掌!


f0160063_08471829.jpg





きょうもキャンプ気分でベランダ朝ごはん。


f0160063_08455665.jpg
f0160063_08460906.jpg

イチゴも少し収穫できました。


f0160063_08455851.jpg

[PR]

by novou | 2018-05-05 08:49 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 03日

1月のベランダ

あけましておめでとうございます。

大晦日にデッキのステイン塗りをして、ベランダの大掃除。

スモーカーやストーブのメンテも完了。

「人生フルーツ」をまねして、果樹のプレートも作りました。


気持ちのいい正月を迎えています。

きのうはスーパーブルームーンを見ながらベランダごはん。

今年もよろしくお願いします。

f0160063_12562781.jpg
f0160063_12561868.jpg
f0160063_12561006.jpg
f0160063_12560164.jpg
f0160063_12563508.jpg
f0160063_12564370.jpg
f0160063_12565458.jpg
f0160063_12564906.jpg
f0160063_12570521.jpg
f0160063_12571490.jpg
f0160063_12572176.jpg
f0160063_12572926.jpg
f0160063_12573548.jpg
f0160063_12574147.jpg



[PR]

by novou | 2018-01-03 13:01 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 05日

トゲナシウチワサボテンとバーバンク

先日、義母や友だちからクリや落花生が宅急便で送られてきた。

その中に、怪しい茶封筒がひとつ。触るとなんだかゴツゴツしている。

何だろうと思って開封してみると、ウチワサボテンが4枚入っていた。

f0160063_17140192.jpg
送り主はただいま入稿中の本の編集さんだった。

実は原稿に「ウチワサボテンは食用となるサボテンの代表的なものとして知られ、

日本でもステーキサボテンなどの商品名で売られている」と書いたら、

「?」が10個くらいの怪訝な顔をされたのだ。


で、編集さんは本当かどうかを確認するため、

わざわざ「ステーキサボテン」をネットで検索して、

実際に買ってみた、ということらしい。

そして、その一部がわが家に送られてきたのである。


一筆戔には「とりあえず生で齧ってみたところ、

さわやかでネバネバしたキュウリのような食感で、

意外にもちゃんと美味な野菜(?)でした」と書いてある。


そもそも、ステーキサボテンとはアメリカの育種家ルーサー・バーバンクが、

食用に品種改良したサボテンのことで、

正式にはOpuntia ficus-indicaBurbank Spineless’という。


このルーサー・バーバンクなる人物をご存じの方は、あまりいないと思うが、

アメリカでは植物界の発明王と呼ばれ、

エジソンやフォードと同じくらいに有名なようだ。


ちなみに、バーバンクが品種改良して世に送りだした植物は3000種以上。

なかでも「ラセット・バーバンク」という品種のジャガイモは、

今でもアメリカでNO1の生産量を誇っている。


大人の握り拳ふたつ分くらいの大きさがあり、

でこぼこが少なくて、厨房や工場で扱いやすいこのジャガイモは、

日本では環境の違いから収量が得られず生産していないけど、

実はマックにいくと食べることができる。


マックはラセット・バーバンクを原料としたフライドポテトを、

アメリカから冷凍で輸入しているからだ。

マックのフライドポテトがおそろしく長いのは、

マッシュして作っているんじゃなくて、

でかいジャガイモを原料としているからなのだ。


さぁて、ずいぶんと話が横道にそれた。

本題に戻ろう。トゲナシウチワサボテンのことである。


いただいた4枚のうち、1枚はステーキで、1枚はサイの目に切ってサラダで、

残りの2枚は食べてしまうのが忍びないので、挿し木にした。

f0160063_17140115.jpg
f0160063_17140191.jpg
で、お味の方は酸味やネバネバがあって、

おもっていたよりもずっと美味だった。

とくにハラぺーニョを加えたサルサソースでサラダにすると、

カーッときて汗が噴きだし、いっきにメキシコにワープできる感じだ。

サボテンステーキもこのサラダと一緒に食べると、うんまいです。

f0160063_17140158.jpg
挿し木にした2枚が大きくなったら、

ベランダでサボテンパーティーやりまひょか !?



[PR]

by novou | 2015-10-05 17:39 | 番外編 | Trackback | Comments(0)
2012年 06月 03日

今週のハイライト

2012/06/03(日)
くもり/22℃

月曜日
hontoランキングをみるとオサルさんの『魔法のびん詰め』がNo.1にランキングされていました。
「基本の料理・節約レシピ」というせま〜いカテゴリーではありますが、オサルさんは大喜びでした。
なんたってオサルさんの人生最初のNo.1ですからね。(ボクにとって、オサルさんはいつでもNo.1だけどね。ナ〜ンチッテ…照)。
ちなみに料理レシピ全体では9位(6/3現在)。
応援していただいたみなさまのおかげです。
ありがとうございました。これからもよろしくです(^O^)。


火曜日
56歳になりました。
ジジイの階段をまた一歩のぼってしまいましたが、気持ち的には28歳ぐらいの感じです。
厚かましくてスイマセン(^O^)。
これからの人生は好きなことやって、この唄のようにご機嫌さんで「イェイ イェイ イェイエエ〜♬」で生きていこうと思います。
そういえばウチのオヤジは55歳で定年になって、そのあとは園芸三昧で、ご近所に‘花咲かじいさん’といわれて暮らしていました。血は争えないもんです。

夜、オサルさんとご近所の「オステリア ダ バッボ」で誕生日ディナー。
前菜からフォアグラ食べて、パスタはサマートリュフのタリアテッレ、メインはステーキ。まだまだ、育ち盛り(^O^)。ご機嫌な夜でした。
f0160063_23303649.jpg

f0160063_23305591.jpg
f0160063_2331371.jpg
f0160063_2331145.jpg
f0160063_013260.jpg



水曜日
K談社で次の本の打ち合わせ。
会社のそばのイタリアンで、おいしいランチをいただきました。
ごっつぁんです。


木曜日
誕生日ディナーに食べたフォアグラがおいしかったので、バッボにリピート。
火曜日の倍の量のフォアグラを食べて大満足! サマートリュフのタリアテッレもパスタが見えなくなるくらいシュッシュと削っていただいて、大サービスでした。ごっつぁんです。


土曜日
代々木公園のeco life fairをのぞいてきました。
面白かったのは太陽の光で料理が作れるパラボラ型のソーラークッカー。
写真の薬罐なら10分でお湯が沸くそうです。
f0160063_644010.jpg

また、赤外線加熱なので、表面を焦がさずに、中まで火(熱)が通ります。
ただし、太陽の動きに合わせて15分に1回、パラボラを動かさなければならないのがちょっと難。
でも、キャンプや小学校のイベントに使えば面白いかも…。
4時から野外ステージでハーベスト・ガーデンのライブ。
福岡出身の藤原聡子のヴォーカルはイイネ×5。

夜はオクさんが青山ファーマーズマーケットでみつけてきたツタンカーメン豆やベビーコーンでベランダごはん。
f0160063_2334086.jpg
f0160063_235583.jpg

f0160063_23334352.jpg
f0160063_23335128.jpg
f0160063_23341297.jpg

ツタンカーメン豆はエジプトで発掘された豆を植えたら発芽したエンドウ豆のことだそうです。パンチェッタとリゾットにしたらウマウマッハでした。


日曜日
朝、色づいたグミの実を収穫しました。
f0160063_23351763.jpg
f0160063_23352120.jpg
f0160063_23353024.jpg

ことしは寒かったせいか、例年に比べて収量が少ないみたい。でも、ジャムならひと瓶は作れそう。ビワも熟してきたので味見してみました。甘くて、濃厚でぜんぜん水っぽくありません。ほんとにおいしいっす。
屋上にはすでにカラスが盗み食いしたビワのタネが3つほど転がっていました。( ̄^ ̄)凸。


f0160063_23353336.jpg
今夜は14番目の月。ニッポンがオマーンに勝ちました。いい夜です。来週もご機嫌さんでいきましょう!
[PR]

by novou | 2012-06-03 23:40 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(7)
2011年 11月 05日

スタッフドチキンとイサキのアクアパッツァ

2011/11/05(土)
曇りのち雨/22℃
f0160063_20241247.jpg
風もなく穏やかな夜。

炭を熾して、
f0160063_20243537.jpg


ダッジオーブンをグリルに載せる。
f0160063_20244295.jpg


待つこと45分。スタッフドチキンの完成。
f0160063_202608.jpg


イサキのアクアパッツァも完成。
f0160063_20253987.jpg


ランタンをビオトープにおいて、夜のベランダを撮影してみる。
f0160063_2027284.jpg



ヤモリがサルビアの横でピクリと動いた。
[PR]

by novou | 2011-11-05 20:30 | ベランダごはん | Trackback | Comments(1)
2011年 10月 11日

サンマのパエリア

2011/10/11(火)
晴れ時々曇り/24℃

f0160063_3411875.jpg
連休最後の夜もベランダで遊んだ。ボクたちの生活の中で、ベランダで過ごすことは、特別なことじゃなくて、普通のことだ。春や秋の天気がいい日は、家の中に居るより、ベランダで過ごす時間の方が長いぐらいだ。

植物の手入れをしたり、お茶をしたり、本を読んだり、ごはんを食べたり…。

ベランダにはストーブがわりのスモーカーやランタンが出しっぱなしだし、ハンモックを吊れば、昼寝だってできる。

炭もすぐに熾せる。

灯油は遠くのガソリンスタンドまで、クルマにポリタンクを積んで買いに行かなければいけないけど、炭は恵比寿にある炭屋さんが、備長炭でも薪でも、電話1本で配達してくれる。東京には焼き鳥屋さんや薪窯で焼いたピザを食べさせる店が多いので、炭屋さんはとても繁盛しているようだ。

ベランダで食べるごはんは、楽しくておいしい。
それは二人で一緒に作るからだ。
ボクは炭を熾し、ランタンにホワイトガソリンを入れてポンピングする。
その間、オクさんは料理の下ごしらえ。
焼いたり炒めたりの調理は、二人の共同作業だ。

f0160063_3415157.jpg
そして、なにより大切なのは、火を囲むということ。
キャンプファイヤーと同じで、火を囲むことは、絆を深めることだ。
炭がはぜる音に耳を傾け、におい、ゆれる炎、煙の流れを楽しんでいると、
やがて気持ちもほぐれて、心は和み、優しい気持ちになれるのだ。

さて、連休最後の夜は、サンマのパエリアだった。
先日のパエリアがあまりにもおいしかったので、ボクがリクエストした。
f0160063_3421572.jpg
f0160063_3424772.jpg
f0160063_343207.jpg
アサリやきのこのおだしを吸ったごはんに、サンマのワタの苦みが絡んで、おとなのお味。たまらんうまさです。
f0160063_3434094.jpg
一緒に作ったきのこのスープもバカウマでした。

おいしかったです。ごちそうさまでした。
[PR]

by novou | 2011-10-11 03:47 | ベランダごはん | Trackback | Comments(4)
2011年 10月 10日

スタッフドチキン

2011/10/10(月)
曇りのち晴れ/25℃

きのうもベランダごはんだった。
もうキャンプでもしている気分だ。

ちょっと寒かったので、ダウンを着込み、ブッシュハットをかぶる。
ヘッドライトも装着した。
アウトドア気分を盛り上げるには、スタイルから入るのが肝要だw。

f0160063_1294329.jpg
きのうはダッジオーブンをベランダに持ち出した。
スッタッフドチキンを作ったのだ。
アウトドア料理といえば、やっぱこれでしょ。
とはいっても、丸鶏を用意していなかったので、大きめの鶏胸肉に栗や舞茸を包んで、
タコ糸で縛った。
これを付け合わせのジャガイモと一緒に、蒸し焼きにするのだ。
f0160063_1295886.jpg
火にかけてしばらくすると、ダッジオーブンからジュッ、ジュッといい音がしてくる。
食材の水分が水蒸気となって鍋蓋につき、それが一定の周期で鍋底に滴るのだ。
なんともうまそうな音だ。

この音を聞き、うまそうな匂いを嗅ぎながら、ワインを飲んで出来上がりを待つ。
これがアウトドア料理の醍醐味だ。

f0160063_12101961.jpg
ホラ、いい感じに焼けたでしょ。
f0160063_12111077.jpg
うまかったです。ごちそうさまでした。
[PR]

by novou | 2011-10-10 12:13 | ベランダごはん | Trackback | Comments(0)