東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ベルエトワール ( 2 ) タグの人気記事


2018年 05月 13日

香り梅花空木(ベルエトワール)

f0160063_15120139.jpg


満開の香り梅花空木(カオリバイカウツギ)を部屋に飾った。

たったひと枝で部屋中に梅の甘酸っぱい香りがする。


f0160063_15120636.jpg
f0160063_15121266.jpg
f0160063_15121569.jpg


先日のエントリでも書いたが、この花、セイヨウバイカウツギの園芸品種で‘ベルエトワール’の名前でも流通している。

花が開ききると中心がほのかにピンク色になる。

イギリスではその香りからか、モック(まがいものの)オレンジと呼ばれているらしい。

匂いの感じ方には国民性があるようだ。


■ 学名 : Philadelphus 'Belle Etoile'  
■ スイカズラ科(ユキノシタ科)バイカウツギ属  耐寒性低木 落葉樹
■ 原種の代表的な原産地 : 園芸種
■ 花期 : 初夏 
■ 生育後の高さ  : 3m前後
■ 耐寒性 : 強 
■ 耐暑性 : 強 
■ 日 照  : 日向~やや半日陰



[PR]

by novou | 2018-05-13 15:16 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2010年 05月 16日

花の香りとK姉妹のこと…。

2010/05/16(日)
晴れ時々曇り/23℃

この頃、ベランダに出ると官能的な気分になる。
M子に貰ったシルクのパンツを穿いているからではない。
いまを咲き誇るジャクリーヌ・デュ・プレ(我が家ではジャッキーと呼んでいる)や
ベルエトワール、羽衣ジャスミンといった花の香りのせいなのだ。
f0160063_651862.jpg
とくに夜も明けきらぬ早朝は、花の香りが夜の帳に包まれていたせいで、
芳香が混ざり合い、むせ返るほどになる。
その香りといったら、たまらんほどセクシーなのだ。
f0160063_6514519.jpg

そういえば、これと同じような経験をしたことがある。
ある空港のイミグレーションで、K姉妹とその女性マネージャーと一緒になった。

それぞれゴージャスな毛皮のロングコートを着て、順番を待っていた。
3人の毛皮のコートが微かに動くだけで、イミグレーションにはハーレムのような香りが漂った。ハーレムには行ったことがないけど、きっとそうだ。

3人はそれぞれ違う香水をつけていた。
でも、それがミックスされたときは官能を通り越して、殺人的ですらあった。

ボクはすぐ後に並んでいた。こんな機会は滅多にない。
深呼吸するように、思いっきり嗅いでみた。
禁断の香りだった。
ヨダレが出そうになった。オシッコも漏れそうになった。
ボクは3人のしもべになりたかった…。

恐るべし、K姉妹&女性マネージャー!!!!!!(話がそれた…)
[PR]

by novou | 2010-05-16 06:55 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)