東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

タグ:マルチング ( 3 ) タグの人気記事


2018年 07月 27日

台風12号に備えて


f0160063_16484510.jpg


マルチングがやっと終わったと思ったら、こんどは台風がやって来るというので、今朝、慌ててブドウの袋がけや、排水溝の掃除をした。
このごろは庭仕事に追われる毎日だ。

この台風も暴風雨にならなければ植物にとっては恵みの雨なのだが、今回は勢力が強く、どうやらそうはならないらしい。

関東や西日本の被災地に上陸する可能性も高いようだ。

明日は厳戒態勢だ。


f0160063_16485387.jpg
f0160063_16485075.jpg
f0160063_16485684.jpg

さて、マルチングに関しては結局、水苔を噛ました上にココマットで覆うという合わせ技にした。

この方法だと猛暑日でも朝にたっぷりと水やりすれば、次の日の夕方まで水やり不要だ。
30℃で風が強くなければ2日間ぐらいは留守にできそうだ。

ただマルチングも一長一短はあるようで

長所
水まきの時に泥ハネしない(庭掃除が楽になる)。
ヨトウムシや黄金虫の幼虫など、用土に潜む害虫が入り込まなくなる。
水やりの時間が短縮できる。
泥ハネしないので黒星病を減らせる(バラの場合)。
⑤雑草が生えづらくなる。

短所
蒸れやカビの発生で根腐れしやすくなる。
お金がかかる(今回はバラや果樹など100鉢以上にマルチングしたので3万ほどかかった。トホホ)
手間がかかる(3日間もマルチング作業)
④ナチュラルな雰囲気が無くなる。

簡易給水器は一定の効果はあるが、あくまでも小さな鉢用で、せいぜい5号鉢(直径15)程度の鉢にしか効果は期待できないと思う。

f0160063_16485841.jpg

p.s. 今週のはじめくらいからイチジクの収穫が始まりました。小さいけどおいしいよ!








[PR]

by novou | 2018-07-27 16:55 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2018年 07月 25日

マルチングのその後

朝、ベランダに出てみると植物たちがいきいきしている。
いつもは萎れ気味の葉っぱたちが、ぴんと張って背伸びをしているのだ。
ほほう、マルチングの保水効果は絶大だな、と思っていたら、どうやら夜中に雨が降ったようだ。

この雨でマルチングの保水力実験は振り出しに戻ったけど、久しぶりの雨は嬉しかった。


f0160063_11093003.jpg

保水力実験は継続。
いまのところ水苔のマルチングが効果がありそう。
できれば3日くらい水やりしなくてもすむ方法を考えたい。

ココマット(ココシート)&水苔
f0160063_11094071.jpg
f0160063_11094226.jpg
簡易給水器(浸透圧でしゅろ縄を伝って給水)

f0160063_11094517.jpg
f0160063_11103172.jpg


最終的にはマルチングと給水器の合わせ技になる予感。

金魚やメダカが煮魚になるといけないので睡蓮鉢にも日よけをした。

f0160063_11095686.jpg
f0160063_11095468.jpg

[PR]

by novou | 2018-07-25 11:13 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2018年 07月 23日

マルチング


二十四節気の大暑である。

ベランダの気温はただ今37℃。(11時30分)

ふざけた暑さだ。

植物たちには、朝、2時間かけてたっぷりと水やりしたのだが、すでに鉢は乾いている。

ベランダには300鉢の植物がある。
2時間かけて水やりすると、終わる頃には最初に水やりした鉢が乾くのだ。

あきれた暑さだ。

終わりの見えない猛暑のせいで、庭主はバテ気味だ。

なにしろ朝夕の水やりで4時間もかかるのだ。

水道の検針に来た係の人が「オタク、水道が漏れてませんか?」と聞きに来るほど、この夏のわが家は水を使っている。

で、少しでも水やりの負担と水道代を減らそうと、今日からマルチングの保水力を実験ちう。
このままでは旅行どころか、外出すらできないからね。



f0160063_12283307.jpg
f0160063_12284227.jpg
f0160063_12283961.jpg



一つ目は水苔でのマルチング。
二つ目は新聞紙でのマルチング。
そして三つ目はココマットでのマルチング。

三つともたっぷりと水を含ませてあります。

さて、結果はどうなります事やら…。



[PR]

by novou | 2018-07-23 12:31 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)