東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ミモザ ( 15 ) タグの人気記事


2019年 03月 17日

ぐ、ぐるじい!

f0160063_12412055.jpg
f0160063_12412452.jpg
ベランダはスモモもミモザも満開。
バラのツボミもぽつぽつとつきはじめている。
いつもなら2時間でも3時間でも庭仕事を楽しんでいる頃なのだが、今年は花粉症がひどく、そうもいかない。
くしゃみや鼻詰まりだけでなく、目もかゆいし、体中に湿疹も出ている。

夜中に何度も起きるので集中力もなく、一日中ぼうっとしている。

外出時には箱ティッシュを持ち歩きたいぐらいだ。

医者にはアレグラと点鼻薬と目薬と軟膏を処方してもらっているが、あまり効果を感じられない。

てなわけで、ベランダに出るにも決死の覚悟がいる。
庭仕事が終わると着ていたものを脱いで洗濯機に入れ、お風呂に飛び込んで花粉を流す。

今年は花粉の飛散量が例年の4倍、との事。

この時季はスギ花粉のない南の島で暮らしたいと本気で思う今日この頃なのです。

f0160063_12412852.jpg
f0160063_12413207.jpg
f0160063_12413502.jpg



by novou | 2019-03-17 12:46 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 09日

スモモ咲く!

f0160063_10425329.jpg
f0160063_10430533.jpg
ミモザが咲き、スモモが咲き出して、
ベランダはずいぶん春らしくなってきました。

三つ葉アケビもつぼみを付けています。

アケビの仲間は自家不結実性のため、結実をよくするには異品種の混植が必要ということで、何年か前に五つ葉アケビも植えたのですが、なぜか同時期に花が咲かないのでいまだ実がなっていません。

スモモも異品種を植え付けると結実しやすくなるといわれますが、わが家のスモモは1本でもほんの少しですが実をつけます。
でも、収穫する前にヒヨドリに食べられてしまうので、まだ一度も食べた事はありません。

完熟スモモが食べられるのはいつのことやら…。

f0160063_10425753.jpg
f0160063_10430074.jpg


by novou | 2019-03-09 10:44 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 02日

ミモザ

f0160063_10155547.jpg

ミノザが満開である。
といっても正確には銀葉アカシアである。
ミモザという植物は存在しないのだが、いつの間にか銀葉アカシアや房アカシアなどマメ科アカシア属の植物を総称してミモザと呼ぶようになった。(詳しいことはGoogle先生に聞いてね)

どーゆーわけか、わが家のミモザは年々開花が遅くなっている。
記録をたどると2010年は1月27日に満開になっている。
それからはばらつきはあるものの2月の下旬あたりに開花する。
今年の東京は雪の被害もなく、比較的暖かな冬だった。
もっと早く咲いてもいいように思うのだが、なんでなんだろう?

イタリアで3月8日はミモザの日なんだそうな。
調べてみると園芸本にも開花期は3月〜4月とある。
とすると歳時記的には3月の開花でモーマンタイ。
では2010年が異常に早かったという事か?


ランたちがたくさん花芽を付けている。
でも、こちらも開花は平年より半月以上より遅い。

f0160063_10155967.jpg
 








by novou | 2019-03-02 11:03 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 04日

なんかヘン!

12月だというのに暖かい。

渋谷は現在22℃。

ミモザの花芽が大きくなって、年内に咲きそうな気配?

ハイビスカスもまだ咲いている。

切り戻したハーデンベルギアの葉が異常に大きくなったのも暖かさのせいなのか?

あと20日もするとクリスマスだというのに、なんかヘンだ!


f0160063_12460372.jpg
f0160063_12462503.jpg
f0160063_12462122.jpg


by novou | 2018-12-04 12:48 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 13日

スイレン鉢凍る

f0160063_10111897.jpg
f0160063_10112285.jpg
f0160063_10112680.jpg
f0160063_10113096.jpg

おさむうございます。

渋谷は冬晴れですが気温はただいま1.5℃。

すいれん鉢も凍っています。

金魚やメダカも冷凍になっているけど、氷が溶けると再生します(笑)。

f0160063_10113356.jpg
ミモザはもう少しで花が咲きそうです。

それでは皆さまよい週末を…。





by novou | 2018-01-13 10:14 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(1)
2017年 12月 05日

あたたかな午後

小春日和である。
窓から差し込むあたたかな日差しを浴びて、オクさんが気持ちよさそうにこっくりこっくり居眠りしてる。
出張やらハハの介護やらで少々お疲れモードなのだ。

ベランダではミモザのつぼみが膨らんできた。
真っ青な空と鮮やかな黄色い花のコントラストが冴えるのは2月。
でも、ことしは1月には咲きそうな勢いだ。



f0160063_15150317.jpg

西のベランダではフランネルフラワーが風に揺れている。
花の少ないこの時期に、なが〜く咲いてくれる優等生だ。
でも、土を酸性に保ち、乾燥気味に育てないとすぐ枯れてしまう。


f0160063_15151244.jpg

イチゴは赤いおいしそうなところだけ、またヒヨドリに食べられました(笑)。


f0160063_15151712.jpg

そんな小春日和の平和な午後です。


f0160063_15152592.jpg







by novou | 2017-12-05 15:20 | 日々の暮らし | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 09日

春めくベランダ

f0160063_1547419.jpg
f0160063_15473728.jpg
ミモザが咲いて、ハーデンベルギアが咲いて、ベランダがにわかに春めいてきました。
軒下に目をやれば、白モッコウにもツボミが付きはじめたし、ブルーベリーのツボミも膨らんできています。
f0160063_15482648.jpg
f0160063_15483848.jpg
啓蟄も過ぎたせいか、ボクのココロの‘庭の虫’も蠢きはじめています。
最近は暇さえあれば、のそのそとベランダに出て庭仕事。
忙しいけれど、ベランダーにとってもっとも楽しいのが、植物たちが芽吹きはじめるこの季節なのです。
f0160063_15495100.jpg
f0160063_15491644.jpg
f0160063_15492410.jpg

ベランダの植物たちは、ことし、どんな花を咲かせ、どんな実をつけてくれるのでしょうか。また、わくわくする1年がはじまります。
f0160063_15493931.jpg
ことしも『東京ベランダ通信』をどうぞよろしくお願いいたします。

by novou | 2014-03-09 15:52 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2010年 08月 22日

格闘7時間…。

2010/08/22(日)
晴れ/34℃

朝5時に起きて、庭に出た。
きょうは庭の整理をするのだ。(今月はなんだか整理ばかりしている…笑)

暑かったり、留守にしてたり、心が庭に向きあうほど穏やかでなかったりで、
我が家のベランダは荒れ放題なのだ。

まず、ミモザに大量発生しているカイガラムシを退治する。

2mほどもある鉢を横にして、枝に密集したカイガラムシを歯ブラシで擦り取る。
この時、オレンジ色したネバネバの体液みたいのが出るので、水をかけて丁寧に洗い流す。
消毒しても、薬を撒いても、カイガラムシは夏になると必ず発生する。ホント困る (>_<)。

次にオーガスタを処分する。
似合わないし、場所を取ってしょうがないのだ。
それに株分けしたものが、マンションの廊下に3鉢も置いてあるしね…。

それにしても背丈以上もある植物を処分するのは格闘だ。
剪定鋏で切れる太さではないので、包丁とノコギリを使って、切断する。
根は45ℓのゴミ袋3つ分もあった。

枯れかけた山椒や山葵やラベンダーも処分した。
枯れたと思ったものが、しばらくすると、生き返るということが植物にはよくあるが、
きょうは捨てた。
ベランダはすでに超過密状態で、元気がないものを間引いてやらなければ、
病害虫も発生しやすくなる。
それに、実家でチチハハのため込んだものを、うんざりするほど処分したので、
これからは増やさない、ため込まない簡素な生活を心がけるのだ。
ベランダも同じだ。

朝5時から昼の12時まで、ジリジリする陽射しの中で格闘7時間。
庭がスッキリした顔になった。

ボクは汗と泥で汚れたTシャツと短パンを庭で脱いで、水風呂に飛び込んだ。
ボクもスッキリした顔になった。

f0160063_1749420.jpg
スイレン鉢の睡蓮がまだポツリポツリと咲いている。今年はこの鉢だけで5〜6個花を付けた。
睡蓮は清楚である。猛暑の中でも凛としているところが素晴らしい。

by novou | 2010-08-22 17:24 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2010年 07月 09日

ミモザはマメ科

2010/07/09(金)
曇りのち雨/29℃
f0160063_7182218.jpg
ミモザに黄色い金平糖のような花が咲いていたのは、1月の終わり頃だった。
f0160063_7191530.jpg
半年たったいま、ミモザには茶色のサヤがたくさんぶら下がっている。

そういえばミモザはマメ科の植物だ。

サヤを割ってみる。
f0160063_7195717.jpg
中には真っ黒なマメが並んでいる。マメはタネだ。

これを見ると、どうしても撒いてみたくなる。
だからベランダがジャングルになってしまうのだ。
困る…!

by novou | 2010-07-09 07:22 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(2)
2010年 03月 09日

ミモザ満開

2010/03/09(火)
曇りのち雨/6℃

クルマで駒場を通ったら、道沿いにミモザがいっぱい咲いていた。
地植えのミモザは生長が早く、枝ぶりも立派。
たわわに咲いた黄色い花で、通りが明るく感じられるほどだ。
f0160063_1054295.jpg
我が家のミモザは鉢植えなので、なかなか大きくならない。
枝ぶりもアンバランスだ。
f0160063_1055552.jpg
それでも満開になると、きょうのような曇天でも庭が明るい。
たいしたものだ。

花言葉は「豊かな感受性」。

きのう鳩山総理が女性記者にミモザのブーケをプレゼントしていた。
なかなかやるもんだ。

by novou | 2010-03-09 10:56 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)