東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

タグ:井の頭公園 ( 1 ) タグの人気記事


2009年 12月 28日

2009年 最後の忘年会

2009/12/28(月)
晴れ/14℃

日本中が忘年会をやっている。
渋谷でも居酒屋や料理屋はサラリーマンで大賑わいだ。

きょうは今年最後の忘年会。
なのに井の頭公園にいる。
木工作家のSさんと写真家のHさんと、ここで忘年会なのである。
待ち合わせ場所はボート乗り場(^0^)。
f0160063_1929292.jpg
集合時間の10分前に到着したのに、すでに2人は来ていた。
「やあ!」「どうも!」。
「鴨に餌やらない?」と、挨拶もそこそこにSさん。
手にはポップコーンを持っている。
なんか子どもみたいに嬉しそうだ。
f0160063_19302916.jpg
Sさんが橋に立ってポップコーンをまく。
すると、遠くにいた鴨たちが我先にと集まってくる。
まるで北海道のクッチャロ湖で、白鳥の餌付けをしているオッサンのようだ。
f0160063_19311076.jpg
たくさん集まってきたマガモの中からひと際大きなオスを見つけて、
「あの青首、うまそうだなぁ」とHさん。
この人は冬の間は鉄砲打ちでもあるので、人目がなければホントに捕まえて鴨鍋にでもしそうである。
f0160063_19323430.jpg
ひとしきり餌をやってから、3人でベンチに座って酒を酌み交わした。
ウイスキーをストレート。
つまみはチーズと柿の種。
話はいまは伝説となった樵や猟師の話だ。

「藤野には400m先にいるイノシシの脇の下を撃ち抜く猟師がいた」
「急降下するハヤブサの頭を一発で仕留める名人がいて、地面に落ちた時にはハヤブサの血が抜けているので、わざわざ血抜きをする必要がなかった」とか…、酔うほどに話は壮大になる。

「熊撃ちのオヤジに聞いた話だけど、熊は1mぐらいまで近づくとガォーって立ち上がって襲ってくる。そこで銃をホイって差し出すと、熊は手で自分の胸の方に銃身を払うから、そこでズドンとぶっ放すと必ず急所に当たってイチコロ」ってのは笑えた。

井の頭公園で2時間、ホラを吹き合って、カラダが冷えた。
公園近くの喫茶店に移動して、暖かいコーヒーを飲みながら来年の抱負を語りあった。
来年はオヤジ3人、力合わせて、明るい未来を作るのだ。
[PR]

by novou | 2009-12-28 19:27 | 番外編 | Trackback | Comments(2)