東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

タグ:定点撮影 ( 98 ) タグの人気記事


2018年 11月 25日

11月のベランダ

f0160063_15195939.jpg


先月とあまり変化のないベランダである。

マンションの大規模改修に向けて、ベランダの縮小計画を進めているのだが、
100鉢ぐらい処分しても残っている植物たちがみな生長しているので、見た目はあまり変わらないのだ。


f0160063_15195509.jpg
f0160063_15201206.jpg
f0160063_15201672.jpg
f0160063_15241404.jpg
f0160063_15202825.jpg
f0160063_15203305.jpg

さて、台風で痛んだバラがやっと復活してきて少しだけ花を咲かせている。
かなり遅めの秋バラだ。

f0160063_15203187.jpg

今年はユズが裏年なのか1個しかならなかったが、レモンとキンカンは豊作。

ゴールドリーフ紫陽花の紅葉がきれい。

f0160063_15203657.jpg

そんな11月のベランダである。



11月覚書
●簀の子を塗り直し、部屋のテーブルもワックスやオイルを塗ってリペアした。
新品のようにきれいになったテーブルは気持ちがいいね。
●寒くなってきたのでチランジアを室内に取り込む。
●乾燥してきたのでオクさんは魚を干したり、リンゴや白菜を干したり…。
●ドレーンの散水調査(階下で漏水があったらしい)


f0160063_15205224.jpg
f0160063_15283740.jpg
f0160063_15205707.jpg




[PR]

by novou | 2018-11-25 15:30 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 30日

10月のベランダ

f0160063_12343788.jpg

1ヵ月半入院していた。
春に続いて2度目の入院だった。
退院して20日が経つ。
まだまだ体は本調子ではないけど、いまは「存命の喜び、日々に楽しまざらんや」(徒然草)の心境だ。

ベランダは台風21号と24号の直撃で過去最大の被害を被った。
ブドウ棚は崩壊し、鉢植えの3分の1は倒れ、植物たちは強風と塩害で葉がチリチリになった。

病み上がりのへなちょこな体で300鉢ある庭の修復は無理である。
来年はマンションの大規模改修もある事だし、体力に見合ったサイズに縮小しようと思う。
ムクゲやクチナシ、ハナショウブなど今後の植栽計画から外れる50鉢に戦力外通告。
管理に手間のかかる山野草を中心に、年内にさらに50鉢ほど処分するつもりだ(泣)。

さて、10月のベランダである。
ジャガランダは早くも葉を落としはじめている。
銀葉アカシアはちょっと見ない間に枝を広げて、ずいぶんと大きくなった。
ハイビスカスはまだ花を咲かせて、夏の名残をとどめている。

今年はシュウメイギクがきれいに咲いた。

ベランダは今後、生命力が強く、水やりや施肥の手間がかからない熱帯性の植物を中心に植栽を考えようと思っている。


f0160063_12344047.jpg
f0160063_12344433.jpg
f0160063_12344669.jpg
f0160063_12344948.jpg
f0160063_12381632.jpg
f0160063_12345570.jpg
f0160063_12345260.jpg
10月覚書
ハハの部屋のベランダにミニバラやローズマリー、クリスマスローズなど15鉢ほど移動し、ミニガーデンを造った。
豪雨で睡蓮鉢やビオトープの金魚やメダカが流されたので、新たに金魚30匹、メダカ30匹を追加放流。
ウチワサボテンや柱サボテンが巨大化したので仕立て直し、新たにサボテンコーナーを作った。
焚き火台とベランダストーブにさび止めを塗ってメンテ。
ブドウ棚の修復(仮)。大規模改修後にちゃんとしたものを作る予定。
つるバラの配置替え。
コウモリランの配置替え。
カロライナジャスミンの植え替え。
ハーブガーデンを縮小し、コーヒーコーナーを設置。
ウスネオイデスがワサワサになったので壁面にチランジアコーナーを新設。


処分した植物
琉球朝顔
ムクゲ
ホトトギス×3
羽衣ジャスミン
イワナンテン
オダマキ×5
シジミバナ
クリスマスホーリー
フジバカマ×2
ギボウシ
ハトヤバラ
キングオブピカデリー
グラペティービューティー
オリヅルラン×3
トクサ×2
ニワフジ×2
コゴミ×2
ハギ
コガネセキショウ
カサブランカ
ゴシキドクダミ
ルリマツリ
ニゲラ
ムスカリ×2
チコリ
イタヤカエデ
メキシカンセージ×2
アロエ×3
テーブルヤシ
スイレンボク
多肉多数

f0160063_12345810.jpg

[PR]

by novou | 2018-10-30 12:41 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(2)
2018年 08月 19日

8月のベランダ

f0160063_13594072.jpg
f0160063_13595555.jpg

植物の配置を大幅に変えた。これまでのベランダは山野草がメインだったのだが、あまりの暑さに冷涼な地域を原産とする山野草がしおれたり、葉焼けしたりで状態が悪く、ベランダのメインを張れなくなったのだ。

元気がいいのはジャカランダやプルメリアやセローム、銀葉アカシアといった熱帯、亜熱帯の植物たちだ。

で、ベランダのセンターは山野草に退いてもらって、ジャカランダ、銀葉アカシアを中心とした南半球の植物に変えたのだ。

配置変更の前に植え替えもした。
8月は植え替えの時期ではないが、こちらにも都合というものがある。

で、ジャカランダ、プルメリア、ノリウツギ、ブルーベリー、アガパンサス、ハイビスカス、オリーブの植え替えを強行。どれも大物なので体力的にも今回が最後の植え替えとなりそうだ。

配置替えをしてから気付いたのだが、大きな鉢植えをセンターに持ってくると、風が強いとすぐに倒れてしまうという事だ。これまではフェンスに括り付けていたのだ。とくに植え替えたばかりの植物は根が張っていないので、ちょっとした風ですぐにぐらぐらしてしまう。

そこで強風対策として、大きな鉢同士をシュロ縄や支柱で2重3重に連結させた。
この連結は縛るのも解くのも大変なので、植物の配置替えもこれが最後となりそうだw。

今朝、庇に上っていつものようにベランダを俯瞰してみた。
銀葉アカシアが大きく枝を広げ、ジャカランダが3m以上に育っている。
ソテツやセロームの緑の濃さといったらどうだ。
幾重にも重なったプルメリアの葉っぱの存在感といったらどうだ。
鬱蒼としていて、ベランダはまるでジャングルではないの。

植物のほとんどは小さな苗から育てたものだ。

植物の生命力にあらためて感心させられた8月である。


f0160063_14000145.jpg
f0160063_14003848.jpg
f0160063_14002442.jpg


f0160063_14012163.jpg
f0160063_14002076.jpg
f0160063_14001706.jpg




8月覚書

●ヨトウムシのでかいのを3匹捕殺。カベルネとクチナシがずいぶんと食い荒らされた。

●水苔+マルチング+ペットボトル給水器で2日間の外泊が可能となった。

●散水器のヘッドをミストにして高いところに吊るしておけば、ベランダが霧に包まれたようになって涼しくなる事を発見。東京オリンピックで8月の猛暑を打ち水で乗り切るなんてナンセンスと思っていたが、意外にイケるかもw。

●水道代が例年の3倍、電気代が2倍、まさに災害級の猛暑だ。とほほ…。

●イチジクの収穫はそろそろ終わり。今年は12個くらいの収量。この時期は一瞬だけど便秘も解消するw。


f0160063_14015387.jpg
f0160063_14013423.jpg
f0160063_14045443.jpg






[PR]

by novou | 2018-08-19 14:05 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2018年 07月 22日

7月のベランダ


f0160063_07271996.jpg

f0160063_07272921.jpg
f0160063_07333641.jpg

連日のえげつない暑さに人も植物も青息吐息だ。
とくにバラの元気がない。

そもそもバラは冷涼な西アジアや西ヨーロッパを原産とする植物なので、暑さには弱いのだ。
28℃を超えると生長が鈍るし、35℃越えが続くと枯れるものも出てくる。
とくに原種のバラはこの猛暑に耐えられないようで、わがベランダではすでにタカネイバラが枯れ、ナニワイバラやハトヤバラも根が蒸れて瀕死の重症だ。

東京はすでに熱帯。バラの栽培は今後、難しくなるような気がする。

東京オリンピックもこんな暑い時期にやるなんてどうかしている。
連日テレビでは最大限の警戒を呼びかけ、不要不急の外出は控えるようにといっているときにマラソンや50km競歩やトライアスロンを行うのはとてもアスリートファーストとは思えない。
開催時期を秋にするとか、開催地を北海道にしないと死者がでる。

f0160063_07281269.jpg
f0160063_07273589.jpg
f0160063_07284640.jpg
f0160063_07282862.jpg

明日は二十四節気の大暑。
予報では東京の最高気温は37℃になるらしい。

チチの墓参りにもいかなければならないのだが、この暑さではこっちまで墓に入る危険がある。
どうしたもんだか…。


f0160063_07291264.jpg
f0160063_07292547.jpg
f0160063_07304989.jpg
f0160063_07305621.jpg
f0160063_07291559.jpg
f0160063_07301820.jpg


7月覚書

6月に生まれたメダカの子どもは、ほとんど親メダカに食べられた。
レモンに5個の実がついた。
ブルーベリー、ワイルドストロベリー、ミニトマトの収穫はそろそろ終わりかな。
ツルサマースノーにうどん粉病発生中。
ベビーロマンチカ、タカネイバラ死亡。
21日、プルメリア開花。
ブドウに飛び玉が出はじめた。
ジャクリーヌデュプレ、ノゾミ、シティー・オブ・ヨーク、淡雪、アイスバーグ返り咲き。
南平台の蝉の初鳴きは14日(ミンミンゼミ)。
蟻が大量発生。


[PR]

by novou | 2018-07-22 07:37 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 30日

6月のベランダ

f0160063_17293640.jpg
f0160063_17294104.jpg

きのう、東京の梅雨が明けた。
6月に梅雨明けするのは、観測史上はじめての事らしい。

それにしても暑い。
そして東京はこの数日、暑い上に風が強い。

ベランダガーデナーにとって暑さと強風は大敵だ。
とくに風が強いと、鉢植えの植物は蒸散作用ですぐにカラカラに乾いてしまう。
アジサイもノリウツギもバラも大水飲み(?)なので、ここんところは1日に3回も水やりをしている。

水やりだけではない。
風が強いと花は散り、葉もちぎれ飛ぶ。
すもももアボカドもピンポンの木も、葉が傷んでボロボロだ。

茂りすぎたバランスの悪い鉢は、倒れて床に土をまき散らす。
これらの後始末と水やりに毎朝3時間はかかる。

ボクはほとんど植物のしもべだ。

ベランダガーデナーとなって20年。

ベランダの環境は植物にも人間にも、年々過酷になってきている。

植物もボクもこの過酷な夏を乗り切れるのか? 不安だ。


f0160063_17294698.jpg
f0160063_17295035.jpg
f0160063_17295582.jpg
f0160063_17300072.jpg

6月、
メダカにたくさんの子どもが産まれた。
ヒヨドリがわが家のヤモリをくわえて飛んでいった。合掌!

コブミカンの葉っぱにたくさんのナミアゲハの幼虫を発見。
4齡幼虫は金魚の餌に、5齡幼虫はただ今、保護観察中。
イチゴ、ブルーベリー、ミニトマトは毎日2人で食べられるくらいの収穫量。

今年はノリウツギやアジサイの花つきがよろしい。
アガパンサスは花つきも花の大きさもよろしくない。

バラとミモザにカイガラムシ発生中。
クレマチスとつるバラにうどん粉病発生中。

そんな6月のベランダでした。


f0160063_17300429.jpg
f0160063_17300841.jpg
f0160063_17301103.jpg
f0160063_17301504.jpg
f0160063_17302020.jpg
f0160063_17302367.jpg
f0160063_17302947.jpg
f0160063_17303556.jpg




[PR]

by novou | 2018-06-30 17:52 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 27日

5月のベランダ①

f0160063_09273026.jpg
f0160063_09273304.jpg
f0160063_09273709.jpg


毎月の屋根からの定点撮影をうっかり忘れるところだった。

もう5月も終わりだというのにね…。


f0160063_09274682.jpg
f0160063_09274873.jpg
f0160063_09274033.jpg
f0160063_09274252.jpg



ベランダでは早咲きのバラはとっくに終わって、遅咲きのバラとHT(ハイブリットティーローズ)の二番花がちらほら咲いてきている。

写真はジャストジョーイのツボミ、というか開花寸前のところ。

このバラ、世界バラ会連合の殿堂入りを果たしている名花だけあって、開くと15cmほどの大輪になる。

でも、ボクは豪華絢爛に咲く前の、このくらいの姿が好き。



f0160063_09275530.jpg
f0160063_09275784.jpg


[ジャストジョーイ]

品種名ジャスト ジョーイ
英語名Just Joey
系統ハイブリッドティ
作出年/国1972年/イギリス
作出者Pawsey,R
香り強い
開花習性四季咲き
花形盃状咲 12cm
樹高1.0m




CRのシティー・オブ・ヨークも咲き出した。

花は黄色みを帯びた白色。花形はカップ状に開いて、だんだん平咲きに近い形状になる。

多花性で爽やかな香りが自慢だ。濃緑色の光沢葉も美しい。

性質は横張り性で、樹勢が強く、枝も太くてトゲも堅いので、いつも剪定のときには手が傷だらけになる。




f0160063_09280000.jpg
f0160063_09280318.jpg


[シティー・オブ・ヨーク]

作出国:ドイツ
作出年:1939年
作出者:Mathias Tantau
系統:[HWich] ハイブリッド・ウィクラナ
交配親:Professor Gnau × Dorothy Perkins
咲き方:返り咲き
花形:半八重カップ咲き
花径:中輪(8cm・花弁数9~16枚)
香り:中香
樹形:つる樹形
伸長:400cm




淡雪も咲き出した。

屋根に上るとぶどう棚に絡んで咲いていた。

和風に仕立てても様になるバラなので台所の小窓に這わせていたら、いつの間にか大きくなってぶどう棚まで進出してきた。

丸みのある白い花弁は厚みがあって、黄色いしべが可愛らしい。スパイス系の芳香もいい。

これも好きなバラのひとつ。



f0160063_09275159.jpg

[淡雪]

品種名淡雪
英語名Awayuki
系統シュラブ
作出年/国1990年/日本
作出者鈴木省三
香り軽い
開花習性四季咲き~返り咲き
花形一重咲き 3.5cm
樹高1.5m





f0160063_09280894.jpg

f0160063_09274489.jpg
f0160063_09281109.jpg


exciteブログは写真が15枚までなので、5月のベランダは②に続きますw。




[PR]

by novou | 2018-05-27 09:34 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 20日

4月のベランダ

f0160063_08162410.jpg
f0160063_08163131.jpg
f0160063_08163469.jpg
f0160063_08163620.jpg
きょうは二十四節気の穀雨である。
田んぼや畑の準備が整い、それに合わせるように、柔らかな春の雨が降る頃合い。
変りやすい春の天気もこの頃より安定し、日差しも徐々に強まってくる。
穀雨は種をまき、苗を植える時を教えてくれる。

ベランダは新緑に包まれ、芍薬が咲き、クレマチスが咲いている。
ビワやアーモンドやリンゴ、ブルーベリーといった果樹たちの実もふくらんできている。

バラは先陣を切ってジャクリーヌ・デュ・プレが咲き出した。

夭折した天才チェリストの名を冠した切ないほどに美しいバラ。
甘い香りがベランダにあふれる早朝、彼女のサン=サーンスが聴こえてくるようだ。


f0160063_08163930.jpg
f0160063_08164108.jpg
f0160063_08164479.jpg
f0160063_08164779.jpg
f0160063_08165057.jpg
f0160063_08165273.jpg
f0160063_08165571.jpg
f0160063_08171539.jpg


[PR]

by novou | 2018-04-20 08:19 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 24日

2月のベランダ(庭の狼藉者)

f0160063_16204523.jpg


いい天気です。東京の気温はただいま14.3℃。暖かいですねぇ。
きょうは七十二候のひとつ「霞はじめてたなびく」です。
張り詰めたように乾燥した空気が少しずつ潤んで、ベランダから見える恵比寿や代官山の高層ビルが、ぼんやりと霞んで見えることも多くなりました。

わが庭にもやっと春の訪れが感じられるようになりました。
クロッカスやクリスマスローズが咲き、ハーデンベルギアのつぼみも膨らんできました。

この時季、庭主の頭を悩ませるのがスズメさんたちです。
毎日ベランダにやって来ては植木鉢の土を掘り返すのです。
おかげで庭は泥だらけ。植木鉢にはすり鉢状の小さな穴がボコボコあいています。

スズメが鉢を掘り返すにはワケがあります。
土を浴びることでカラダに付いた寄生虫を落としたり、羽の余分な油分を落とすのです。
この習性を「砂浴び」というのですが、鳥では他にもヒバリやキジ、ライチョウなどが砂浴びをするようです。スズメは珍しい鳥ではありませんが、砂浴びも水浴びもするという点では珍しい習性を持った鳥なのです。
ただ、ボクにとっては庭を散らかす狼藉者ですけどね。


f0160063_16205002.jpg
f0160063_16205516.jpg
f0160063_16205866.jpg
f0160063_16210484.jpg
f0160063_16211175.jpg

[PR]

by novou | 2018-02-24 16:29 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 25日

12月のベランダ

渋谷は雨も上がって、気持ちのいい朝を迎えています。

ベランダは週末に千葉大の園芸学部のお嬢さんに手伝っていただいて、バラの冬剪定をしました。

かなりの強剪定です。

なんだか床屋で五分刈りにしたみたいに、こざっぱりしています(笑)。

株分けしたコウモリランは、お世話になった方たちにお嫁に出しました。

リーフレタスは植え付けてひと月ほど経ちますが、寒いせいかあまり大きくなりません。

そんな12月のベランダです。

では、素敵なクリスマスをお過ごしください。

f0160063_10243434.jpg
f0160063_10244486.jpg
f0160063_10245469.jpg
f0160063_10250296.jpg
f0160063_10251905.jpg
f0160063_10253133.jpg
f0160063_10254046.jpg
f0160063_10254710.jpg
f0160063_10255215.jpg
f0160063_10255824.jpg




[PR]

by novou | 2017-12-25 10:28 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 30日

11月のベランダ

f0160063_10254504.jpg
f0160063_10255241.jpg
f0160063_10261786.jpg


シルバーラブの日のきょう、ベランダ招きブタのブタ郎が嫁を娶りました。
トン子です。
ブタ郎はわが家に20年近くいる老ブタで、お尻のまわりは汚いですが、花好きの気持ちのやさしいブタさんです。
トン子はブタ郎のそんなところに惚れたみたいです。
末長くよろしくお願いいたします。



f0160063_10260022.jpg
f0160063_10260977.jpg
f0160063_10262347.jpg



さて、11月のベランダはすでに冬枯れ状態でスカスカです。
南平坂の大ケヤキも赤く染まった葉を落とし始めています。

きょうは午後から気温もぐんと下がって雨になるそうです。

風邪など引かぬようご自愛ください。


[PR]

by novou | 2017-11-30 10:29 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)