東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

タグ:梅雨入り ( 3 ) タグの人気記事


2018年 06月 06日

クチナシの香り

蒸し暑いので寝室の窓を開けたらクチナシが香った。

湿気を帯びた陰鬱な香りだ。

英語名は「ケープ・ジャスミン(Cape jasmine)」。

ジャスミンに似た甘くて濃厚な香りがするからか…。

昔、女性たちはこの花を着物のたもとに潜ませて、男を誘ったという。

なるほど、洋装より和装に合う香りかもしれんなぁ。



f0160063_05500993.jpg




渋谷はすでに雨。

昨日の天気予報では、関東は今日にも梅雨入りすると報じていた。

ベランダーとしては水やりの手間がなくなるので、梅雨入り大歓迎。

庭に出ると紫陽花もバラたちも雨に濡れて、みんな活き活きしている。

植物たちは梅雨時にぐんぐん生長するんだなぁ。

さあ、朝のコーヒーでも淹れようか…。






f0160063_05501915.jpg
f0160063_05502219.jpg
f0160063_05503174.jpg
f0160063_05503444.jpg
f0160063_05503751.jpg





f0160063_05513819.jpg






f0160063_05504087.jpg



[PR]

by novou | 2018-06-06 06:10 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 27日

二ゲラ(黒種草)

2011/05/27(金)
曇り時々雨/20℃

f0160063_19305999.jpg
天気予報を見ていて、ず〜っと晴れマークがないなぁ、なんて思っていたら、東京も梅雨入りしたみたいですね。5月中の梅雨入りなんて、なんかとっても損した気分。
f0160063_19312769.jpg
ただ、朝夕の庭の水やりは楽になるなぁ。
それに、葉を伝う雨の雫を眺めているだけで、気持ちが落ち着くしね。


f0160063_19313988.jpg
さて、ベランダではニゲラがメドゥーサの頭のような果実を付けはじめています。
この果実が熟すると、中から黒くて小さなタネがたくさん出てきます。
f0160063_19315249.jpg
ニゲラの名はラテン語のニガー(黒い)に由来し、熟したタネが黒いことにちなみます。
和名では黒種草(クロタネソウ)、英名ではツノ状の突起がある果実のイメージからか、デビル・イン・ア・ブッシュ(devil in a bush:茂みの中の悪魔)とも呼ばれているようです。
[PR]

by novou | 2011-05-27 19:34 | ベランダ植物図鑑 | Trackback | Comments(0)
2010年 06月 14日

梅雨入りと夾竹桃

2010/06/14(月)
雨/19℃

夜半からしとしとと降り続くなぁと思っていたら、
きょう、関東甲信地方も、梅雨入りしたそうです。
f0160063_1412347.jpg
写真は枝がしなうほど咲いた夾竹桃です(去年は5月下旬に咲いてました)。
これは白花夾竹桃ですが、本来、赤花の夾竹桃は花が桃に似て、葉が竹に似ていることからこう名付けられたそうです。

夾竹桃は夏の花。
雨よりもギラギラと照りつける太陽が、お似合いです。

蒸し蒸しするので、最近、ちょっと食欲が落ち気味です。
で、お昼はさっぱりとした「サラダ丼」をいただきました。
f0160063_14123718.jpg
マスタード風味のドレッシングが食欲を刺激して、ペロリといけます。
鬱陶しい季節の我が家の定番です。
[PR]

by novou | 2010-06-14 14:15 | ベランダ歳時記 | Trackback | Comments(0)