人気ブログランキング |

東京ベランダ通信

noveranda.exblog.jp
ブログトップ

タグ:猿楽町 ( 3 ) タグの人気記事


2019年 01月 05日

猿楽町歩道橋

f0160063_10274030.jpg
f0160063_10275146.jpg

ドリカムやゆずの歌にも歌われた代官山の猿楽町歩道橋が今年撤去される。
橋歴板には「1970年3月東京都建造」と書かれているからすでに設置されてから49年も経っている事になる。

歩道橋が普及し始めたのは1964年の東京オリンピック以降だ。
とくに美濃部都知事時代(1967年〜1979年)に一気のその数を増やした。

猿楽町歩道橋もそのひとつ。

猿楽町歩道橋が設置された年の交通事故による1年間の死者は全国で1万6765人にものぼる。
2014(平成26)年までの統計の中で最悪だった。

経済成長に伴って、モータリゼーションが進んだ結果、交通事故による死者が急増し、そして「交通戦争」という言葉まで生まれた。

ちなみに「交通戦争」は交通事故の死者数の水準が、日清戦争での日本側の戦死者数(2年間で1万7282人)を上回る勢いで増加したことから、この状況は一種の「戦争状態」であるとして付けられた名称だそうだ。

歩道橋の設置によって確かに交通事故は減ったのだが、地域の生活を考慮した細やかな配慮は見られなかった。
猿楽町歩道橋が狭い舗道に強引に橋脚を建て込んだことを見ても、なり振り構わず歩道橋を設置したことが分かる。

歩道橋を撤去すれば重要文化財の「旧朝倉家住宅」へのアクセスを容易にし、代官山に新たな回遊性が獲得されるメリットがあるとされている。

撤去後はガードレールや植栽も撤去され「信号による横断歩道の設置」と「自転車道の整備」が行われるそうだ。



原宿の表参道歩道橋が撤去されたことはまだ記憶に新しい。

近年はバリアフリーや景観の問題から歩道橋を見直し、撤去する例が多くなってきている。
時代の趨勢なんだろうな。

だけどボクは猿楽町歩道橋の上から旧山手通りを眺めるのが好きだった。


代官山の歩道橋の上から 眺めているのは
変わらぬままのオレンジの夕陽 街を染めてゆく
お金はないが持て余した時間 夢ばかり膨らんでた
すれ違う若者達にあの頃の僕らを重ねて

古着屋をめぐって抱えた荷物 くたびれてベンチに座って
寒空の下の公園だって ずっと語り合えた
いつかこの街に住んでみたいなと瞳を輝かせながら
午後ティーをカイロ代わりに互いの手を暖めた

(以下略 ゆず「代官山リフレイン」 作詞、作曲北川悠仁)


ゆずはあまり好きではないが、この歌詞は代官山に住む事を夢見たボクにはグッとくる。


参考・代官山建築エッセイ No.6代官山歩道橋(元倉眞琴)、朝日新聞、Wikipedia

f0160063_10322930.jpg
f0160063_10274634.jpg





by novou | 2019-01-05 10:34 | 街の記憶 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 21日

ご近所散歩

鉢山町〜猿楽町〜西郷山あたり

f0160063_16044251.jpg
f0160063_16045154.jpg
f0160063_16050384.jpg
f0160063_16051294.jpg
f0160063_16051873.jpg
f0160063_16055252.jpg
f0160063_16052670.jpg


by novou | 2017-11-21 16:07 | 町内散歩 | Trackback | Comments(0)
2009年 01月 15日

ニャンコ公園(猿楽古代住居跡公園)とウグイス

2009/01/15(木)
晴れ/7℃

f0160063_1365696.jpg代官山を散歩した時によく立ち寄るのが猿楽古代住居跡公園だ。
ここには約2千年前の弥生時代の住居跡が残っていて、埋蔵品を展示する小屋もある。

このあたりは東に下れば渋谷川、西に下れば目黒川が流れる尾根のような台地で、眺めもよく、古代人にとっても絶好の住宅地だったようだ。

f0160063_1373459.jpgところで、いま猿楽古代住居跡公園には10匹ほどのニャンコが棲みついている。

はじめてオクさんとここを訪れた時、植え込みの中でニャンコたちがずらりと並んで
日なたぼっこをしていたのでビックリした。それ以来、ボクらはここを「ニャンコ公園」と呼んでいる。

ニャンコ公園のネコたちは野良の割には栄養状態が良く、毛並みも美しい。
たぶん近所のネコ好きが餌を与えて世話をしているからだろう。

f0160063_1381898.jpg生活の不安がないニャンコたちはのんびりしていて、昼間は寝てばかり。
これではメタボになるのも時間の問題だ、と思っていたら、今日はどうも様子が違う。

ニャンコが植え込みの中で身をかがめて、何かに飛びかかろうとしているのだ。
いつものマヌケな表情とは違って今日はキリッとしていて野性的である。
何を狙っているのだろうと見ていると、「チャッチャッ」という地鳴きのような声が聞こえてくる。
姿はみえないが、どうやら茂みの中にウグイスがいて、ニャンコはそれを狙っているようなのだ。

代官山にウグイスなんて「ありえなーい!」とボクも思った。
でも、あの地鳴きは確かにウグイスのものだし、しかも、ここ猿楽町のお隣は“鴬谷町”である。
っていうことは、地名からしてもこのあたりには昔からウグイスがたくさんいたに違いないのだ。
こんな都会の真ん中で「ホーホケキョ」なんて聞こえたら、風流この上なしである。
ウグイスは警戒心が強く、なかなか姿をあらわさない鳥なので、今日は確認がとれなかったが、日を改めて、じっくりと観察に来ることにしよう。

またひとつ、散歩の楽しみが増えたぞ…うひょひょ…。


f0160063_1391072.jpg●今日の昼ごはん

散歩のお供、オーバカナルの「フィセル・オ・ブール」(265円)1本食い!。バターの取り過ぎだが、美味いものは止められない!

by novou | 2009-01-15 13:01 | 町内散歩 | Trackback | Comments(0)